トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 多崎礼

多崎礼

多崎礼さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

多崎 礼(たさきれい、2月20日 - )は日本の小説家。長い間、レーベルからのデビューとは無縁であったものの、中央公論新社主催の第2回C★NOVELS大賞に応募。『煌夜祭』が大賞を受賞している。代表作は『“本の姫”は謳う』。
煌夜祭(イラスト:山本ヤマト/C★NOVELSファンタジア)
*ISBN 978-4-12-500948-3/2006年7月
**ISBN 978-4-12-205795-1/2013年5月 (文庫・中公文庫)
“本の姫”は謳う(イラスト:山本ヤマト/C★NOVELSファンタジア)
# ISBN 978-4-12-501006-9/2007年10月
# ISBN 978-4-12-501024-3/2008年3月
# ISBN 978-4-12-501037-3/2008年6月
# ISBN 978-4-12-501048-9/2008年9月
夢の上 (イラスト:天野英/C★NOVELSファンタジア)
# 翠輝晶・蒼輝晶(ISBN 978-4-12-501123-3/2010年9月)
# 紅輝晶・黄輝晶(ISBN 978-4-12-501138-7/2011年1月)
# 光輝晶・闇輝晶(ISBN 978-4-12-501152-3/2011年5月)
# サウガ城の六騎将(ISBN 978-4-12-501199-8/2012年4月) - 短編集
八百万の神に問う (イラスト:天野英/C★NOVELSファンタジア)
# 春(ISBN 978-4-12-501245-2/2013年4月)
# 夏(ISBN 978-4-12-501260-5/2013年8月)
# 秋(ISBN 978-4-12-501275-9/2013年12月)
# 冬(ISBN 978-4-12-501294-0/2014年4月)
血と霧(イラスト:中田春彌/ハヤカワ文庫JA)
#1 常闇の王子
#2 無名の英雄

多崎礼新刊

  • 発売日
    2019年2月22日
  • 書名
    叡智の図書館と十の謎 (中公文庫)

受賞歴

多崎礼関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.7.27 中公100円eブックス、新作を先行発売

    人気作家の短編小説が100円で読める電子書籍「中公100円eブックス」(中央公論新社)の新作の先行発売が27日、読売新聞の電子書店「本よみうり堂デジタル」で始まった。

多崎礼関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Y7I3DV9pphUuqre読んだ本をすぐ忘れてしまうからメモしとこーと思って東野圭吾『夢幻花』阿部智里、八咫烏シリーズ多崎礼『煌夜祭』荻原規子『空色勾玉』柿村将彦『隣のずこずこ』…とか書いてたら、バスの1日券買ってるの忘れてパスモをタッチしてしもた。あぁ100円……
yusuraTR#名刺がわりの小説10選『草の花』福永武彦『はてしない物語』ミヒャエル・エンデ『十二国記』小野不由美『煌夜祭』多崎礼『水滸伝』北方謙三『私の家では何も起こらない』恩田陸『ジョーカー・ゲーム』柳広司『バッカーノ!』成… https://t.co/r7TooeOdB9
agi_1109短編収録(が、ラストで収束していくもの)が好きなので世界の中心針山さん、バッカーノ(成田良悟)絵のない絵本(アンデルセン)煌夜祭(多崎礼)どうでしょうか。漫画だと観用少女…ドール好きなら絶対読もう。#マシュマロを投げ合おう… https://t.co/hhf8JqqcUo
tomosankamo『煌夜祭』(多崎礼・著)読了。十八諸島のとある島で仮面の語り部がふたり、冬至の夜に火を灯し魔物にまつわる“話”を披露する。語られる話につられ、島をめぐり時を遡るような感覚に。魔物たちと関わる人々の悲しい出来事が続くけど、結びの明るさに胸があたたかくなる。
senri_asuta@rgnt_dq 多崎礼の煌夜祭はいかがっすか。一冊完結でござる
yur_books夜市/恒川光太郎ターン/北村薫煌夜祭/多崎礼夏至祭/長野まゆみアルケミスト/パウロ・コエーリョ奪命者/ニール・シャスタマンキノの旅/時雨沢恵一カラヴァル/ステファニー・ガーバー黄昏色の詠使い/細音啓幻想古書店で珈… https://t.co/8ylXzTLXWo
takoyakiitigo⑩多崎礼「煌夜祭」魔物が現れ人を食うという冬至の夜。廃墟に集ったふたりの語り部による煌夜祭。「血と霧」「夢の上」「八百万の神に問う」……どれを推そうか迷いつつもこれを。しかしこの本、広義には吸血鬼ものと言っても良いような気がする。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
多崎礼さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)