トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 市井豊

市井豊

市井豊さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

市井 豊(いちい ゆたか、1983年10月 - )は、日本の推理作家。神奈川県川崎市出身。日本大学芸術学部文芸学科卒業。本名は高井 雄一。
2008年、「聴き屋の芸術学部祭」で第5回ミステリーズ!新人賞(選考委員:綾辻行人、有栖川有栖、辻真先)佳作入選。この回の受賞作は、梓崎優「砂漠を走る船の道」だった。選考委員の綾辻行人は、「この作品がなければ受賞もありえた」と選評で述べている。
2012年、『聴き屋の芸術学部祭』を刊行し、単行本デビュー。同作は、2013年版の『本格ミステリ・ベスト10』(原書房)で国内部門第16位。
2015年、『人魚と金魚鉢』を刊行。同作は、2016年版の『本格ミステリ・ベスト10』(原書房)で国内部門第25位。
2019年、『予告状ブラック・オア・ホワイト ―ご近所専門探偵物語―』を刊行。

市井豊新刊

  • 発売日
    2019年2月22日
  • 書名
    予告状ブラック・オア・ホワイト ご近所専門探偵物語 (創元推理文庫)
  • 発売日
    2019年2月20日
  • 書名
    予告状ブラック・オア・ホワイト (ご近所専門探偵物語) (創元推理文庫)

受賞歴

市井豊関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

市井豊関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

eq2144市井豊『予告状ブラック・オア・ホワイト』読了川崎を舞台に御当地探偵と仕事中毒の秘書の活躍を描いた五短編収録の一冊。都筑道夫の物部太郎を連想させられる設定だが、こちらは最後まで地元の小事件を貫き通している。探偵・九条の思いが明らかになるラストの「絵馬に願いを」が一番好みだった。
tsubame71@Dance_lunacandy あ!そっち!wwwwww私はまたDANさんが「市井豊」ファンなのかと(電子書籍で買い漁っててお金がなくなるわ!なのか?等www)
penguinbookcafe数えてみたらこれまで引越しって20回位してるんだなぁ。自分の故郷とか地元とか居場所ってどこなんだろう。『予告状ブラック・オア・ホワイト-ご近所専門探偵物語-』(市井豊/創元推理文庫)そりゃ今いるところに愛着はあるけど、なん… https://t.co/kWQ76KVnl5
nanamenonみんなはどれだけ知ってるからわからないけど市井豊先生のブログ、おれは好きだよhttps://t.co/bWco3vRjhN
hiromihi1#宮内桃子#立田美梨花・・YOUテレビさんから届きました!!市井豊さんの、予告状ブラック・オア・ホワイト、ももちゃんとミリエルのサイン入り!!4月放送のプレゼントに応募で当選!!大事に保存!! https://t.co/7Jvw5xsCqJ
qozop市井豊「予告状ブラック・オア・ホワイト」読了。川崎市南部を舞台に、市内の事件限定、しかも悪意の感じられない方が望ましいというご当地探偵を主人公とした連作集。範囲を限った日常ミステリでありながら、富豪の一族だったりかつて勇名を馳せた… https://t.co/unbytsZstT
CaTiSiO5聴き屋の芸術学部祭(市井豊)この世にひとつの本(門井慶喜)#読書記録
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
市井豊さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)