トップページ > 作家名一覧 > とから始まる作家名一覧 > 富岡多惠子

富岡多惠子

富岡多惠子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

受賞歴

富岡多惠子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

富岡多惠子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

MeigenWAN強固な家父長制は、「娘」「嫁」「母」「妾」のような役割によって「女」を分断して、未分化の「女」が生きるステージを与えない。(富岡多惠子『中勘助の恋』1993年)
nuumerauumera富岡多惠子「ブンガク「岩手の食事」」"料理のつくり手=語り手は、50年前の食べものの再現の作業者であり、同時にそれらを食べた過去の時間をこの作業のなかで再現することを強いられる。語り手たるおばあさんたちは、つくり手たることによって、たんなる過去の鑑賞者になりえない。
hrfkrr寺の生まれでもない者が無一文で 出家しても 下働き扱いにしかならないと聞いた という話が出てくる。『隠者はめぐる』富岡多惠子
sansangogohe富岡多惠子の世界だな。盗み聞きしていると、娘のほうは俺の卒業した高校に通ってるらしい。つくづく懐かしい感じだ。
MagicalThorn #積読部 でこそないけれど、そろそろ『室生犀星』(富岡多惠子/ちくま学芸文庫)にも飽いてきたところだったので、ちょうどよいですな。
zokuryuchinriga自分がシネフィルで、サイレント映画や一九三〇年代から六〇年代の映画をたくさん見て、その中にあったファム・ファタルものと呼ばれる作品を面白いと享受していたころもあったんです。でも、その価値観を更新しなければと思っていたときに富岡多惠子さんの評論を読んだ。うろ覚なんですけど、
qayamariqa春日武彦/吉野朔実[漫画]『つまらない人生入門・鬱屈大全』感のつく言葉―絶望、喪失、嫌悪、脱力、孤独、焦燥、無力、誇大、罪悪、不安、被害、空虚、違和、について。+明月記(上林暁)、犬が見る景色(富岡多惠子)、おのれはついにひとりは… https://t.co/BAz38i0CNK
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    富岡多惠子さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)