トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高野史緒

高野史緒

高野史緒さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

高野 史緒(たかの ふみお、女性、1966年 - )は、日本の小説家。本名・井上久美子。茨城県土浦市出身。茨城大学人文学部卒業。お茶の水女子大学大学院人文科学研究科修士課程(フランス近世史専攻)修了。日本SF作家クラブ会員。日本・ロシア協会普通会員。日本文藝家協会会員。
1988年、ニジンスキーをテーマとしたバレエ入り演劇脚本『エレヴァシオン』で第2回青山円形劇場脚本コンクールに佳作受賞(優秀作無しの年)。1994年、第6回日本ファンタジーノベル大賞に応募。『ムジカ・マキーナ』で最終選考を通過し、翌1995年、同作品で新潮社からデビューした。2012年「カラマーゾフの妹」で第58回江戸川乱歩賞受賞。
ヨーロッパを舞台とした、芸術と歴史、ことに音楽をテーマとしたSF的歴史改変小説を得意とする。イギリスのミュージシャン、音楽プロデューサーのトレヴァー・ホーンのファンとして知られ、作品のいくつかの「元ネタ」としていることを認めている。夫はロシア映画研究者の井上徹。医師で『看取りの医者』の著者、平野国美は遠縁の親戚に当たる。2008年の長編『赤い星』以来、ロシア文化への傾斜を強くしている。2016年度から日本SF大賞選考委員。
=
*『ムジカ・マキーナ』(1995年 新潮社 / 2002年 ハヤカワ文庫)
*『カント・アンジェリコ』(1996年 講談社 / 2013年 講談社文庫)
*『架空の王国』(1997年 中央公論社 / 2006年 ブッキング)
*『ヴァスラフ』(1998年 中央公論社)
ウィーン薔薇の騎士物語シリーズ
*#『仮面の暗殺者』(2000年 中央公論新社 C★NOVELSファンタジア)
*# 『血の婚礼』(2000年 中央公論新社 C★NOVELSファンタジア)
*# 『虚王の歌劇』(2000年 中央公論新社 C★NOVELSファンタジア)
*# 『奏楽の妖精』(2001年 中央公論新社 C★NOVELSファンタジア)
*# 『幸福の未亡人』(2001年 中央公論新社 C★NOVELSファンタジア)
*『アイオーン』(2002年 早川書房 ハヤカワSFシリーズJコレクション)
*『ラー』(2004年 早川書房 ハヤカワSFシリーズJコレクション)
*『赤い星』(2008年 早川書房 ハヤカワSFシリーズJコレクション)
*『カラマーゾフの妹』(2012年 講談社)
*『翼竜館の宝石商人』(2018年 講談社)

受賞歴

高野史緒関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

高野史緒関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mys_sus_bot【線結び】次の江戸川乱歩賞を受賞した推理小説と、それを書いた女流作家の正しい組み合わせを選びなさい完盗オンサイト→玖村まゆみカラマーゾフの妹→高野史緒よろずのことに気をつけよ→川瀬七緒
akaHakaseナイス 【カラマーゾフの妹 (講談社文庫)/高野 史緒】前任者の作を読んだ時から怪しいと思っていた人物が犯人だった。イワンが特別捜査官という設定がどうなんだろうと思いながら読み始めたが、とても楽… → https://t.co/Vdfx73jrfo #bookmeter
comedywaltz気になるのは小松左京寄席、高野史緒が佐々木敦子の世界とそのルーツに迫る!、ダーティペア40周年、エンドゲームが終わらない!、新井素子あとがきライブ、ボクらの中2読書録、サイバー犯罪と創作、性転換フィクションの世界、日本SF図書館員協会総会、少女冒険活劇の系譜→
F04906357真夏の陽炎のもとで、つかの間、幻の見えることがある。幻視は記憶の底に眠っていた何者かのあらわれなのか、懐かしさすら感じる。高野史緒「グラーフ・ツェッペリン 夏の飛行」を読み、鯨のような巨大な飛行船を自分の記憶に重ねてしまった。無論、見えるはずもないのに#読書
kino_kenoブログ更新しました。高野史緒『ミステリとしての『カラマーゾフの兄弟』――スメルジャコフは犯人か?』を読みました - 好物日記https://t.co/EYWceiSoA0
trbchn読んだ→高野史緒「ラー」。ピラミッドを作ったのは誰か、をオカルトで調理しているが、オカルトにありがちな自分は何でも知っているという独善的な権力欲はなく、むしろ神話が実在したらこうなのかもしれない、というワクワク感にあふれている。あと、ヒエログリフの読解が細やかだが、どこまで本当?
sasakijunko_webSF大会「彩こん」で対談させて頂く高野史緒さんの小説「赤い星」読みました。(今さらでしょうか…)…ロシアの属国の江戸遊郭って…すごい発想から始まって……シーンが色々目に浮かんで面白いです。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
高野史緒さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)