トップページ > 最新小説ニュース > 小学館文庫小説賞に関連する小説ニュースまとめ

小学館文庫小説賞に関連する小説ニュースまとめ

キーワード"小学館文庫小説賞"に関連する小説ニュースの検索結果まとめです。一度の検索結果は200件までとなります。スペース区切りで複合検索も可能です。
更新情報をTwitterでつぶやいていますので、よければフォローくださいませ。
 

小学館文庫小説賞 ニュース検索結果

2015.8.5  【今週はこれを読め! エンタメ編】いじめる側の心理を描く額賀澪『ヒトリコ』

どんな言い訳をしようといじめは許されることではない。これは揺るぎない事実だ。でも、(特に理由もなくやっている加害者もたくさんいるだろうけど)もしいじめる側の心理を知ることができたとしたらどうだろう?

2015.6.24  24歳新人作家が文学賞W受賞! 絶賛を受けた甘くて苦い青春小説

新人作家が小学館文庫小説賞と松本清張賞のW受賞の快挙を成し遂げた。

2015.6.19  きらら著者インタビュー 第83回 額賀 澪さん『ヒトリコ』『屋上のウインドノーツ』

登場人物たちが挫折したとしても、物語の最後に数段上の階段を上っているような小説を書いていきたいです。

2015.1.20  きらら熱烈インタビュー 第117回 風カオルさん

作家デビューした後に、書店に自分の本が並んでいるのを見てとても感動しました。

2014.8.8  公募ガイド 賞と顔 第15回小学館文庫小説賞

風カオルさん デビューできたのは自分の才能を疑ったこと

2013.12.15  2013年の文庫小説TOP10は有川浩、東野圭吾など人気作家が独占

毎年年末の恒例企画『ダ・ヴィンチ』の「BOOK OF THE YEAR」。その年の総決算となる同特集号が今年も発売された。

2013.8.8  公募ガイド 賞と顔 第14回 小学館文庫小説賞

八坂堂蓮さん 受賞作のコンセプトはギャグノワール

2013.6.29  日々是好日:小説家になりたい 豊富な人生経験つづるシニア世代

<第5土曜> 今年1月、75歳で芥川賞に選ばれた黒田夏子さんをはじめ、熟年層の小説家デビューに注目が集まっている。仕事や育児が一段落し、年を重ねた今だからこそ書ける文章があるのかもしれない。

2013.6.6  ホスト経験生かし リアルな歌舞伎町

第14回小学館文庫小説賞を受賞した八坂堂蓮(やさかどれん)さん(41)=写真=は、主催者に「(何なんだろうと思わせる)特殊な方を選んだ」と言わしめた経歴の持ち主。

2013.4.26  元ホスト八坂堂さんが小学館文庫小説賞

第14回小学館文庫小説賞は26日、八坂堂蓮さん(41)の「ドランク チェンジ」に決まった。賞金は100万円。贈呈式は5月10日、東京都千代田区の如水会館で。

2012.8.8  公募ガイド 賞と顔 第13回小学館文庫小説賞

桐衣朝子さん 「あの人のことを書こう」と思い立った

2012.5.10  小学館文庫小説賞に桐衣朝子さん

第13回小学館文庫小説賞は、桐衣(きりえ)朝子さん(61)の『ガラシャ夫人のお手玉』に決まった。

2012.1.7  第14回小学館文庫小説賞 作品募集

第14回小学館文庫小説賞 作品募集【応募規定】〈募集対象〉ストーリー性豊かなエンタテイメント小説。プロ・アマは問いません。ジャンルは不問、自作未発表作品(日本語で書かれたもの)に限ります。

2011.10.1  きらら熱烈インタビュー 第76回 遠野りりこさん

『マンゴスチンの恋人』では女性が読んだとき「こんな恋愛がしたい」と思えるように狙って書いています。 第12回小学館文庫小説賞を受賞し『マンゴスチンの恋人』を刊行したばかりの遠野りりこさん。

2011.7.15  公募ガイド 賞と顔 第12回 小学館文庫小説賞

遠野りりこさん 一人でも多く楽しんでもらえる小説を書き続けたい 「趣味は?」と訊かれたら「読書」と答えます。でも実は二十歳を過ぎた頃から続けている趣味があと二つ。小説を書くことと文学賞への応募。

2009.9.1  きらら熱烈インタビュー 第50回  仙川 環さん

誰にでも起こるかもしれないことを書きたい。読んでいる人が主人公になるかもしれない身近なテーマで。 いまもロングセラーを続けているミステリ『感染』で第一回小学館文庫小説賞を受賞し、作家デビューを果たした仙川環さん。元新聞記者という経歴を生かした緻密な取材から現代医療が抱える問題に鋭く切り込んだミステリは、多くの読者の支持を集めている。

現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)