トップページ > 最新小説ニュース > 森絵都に関連する小説ニュースまとめ

森絵都に関連する小説ニュースまとめ

キーワード"森絵都"に関連する小説ニュースの検索結果まとめです。一度の検索結果は200件までとなります。スペース区切りで複合検索も可能です。
更新情報をTwitterでつぶやいていますので、よければフォローくださいませ。
 

森絵都 ニュース検索結果

2017.5.6  【2017年本屋大賞2位】"朝ドラ化"希望の声多数!? 教えることに人生を捧げた、塾教師たちの感動巨編

限られた時間のなかで、子どもたちに何を教えてあげられるのだろう。

2017.1.18  本屋大賞:「コンビニ人間」など10作がノミネート

全国の書店員が一番売りたい本を選ぶ「2017年本屋大賞」(同賞実行委員会主催)の候補作が18日、発表された。第155回芥川賞を受賞した村田沙耶香さんの「コンビニ人間」を含む10作がノミネートされた。

2016.12.15  森絵都氏の小説『DIVE!!』が来年7月TVアニメ化 梶裕貴が出演

森絵都氏の小説『DIVE!!』がフジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」でテレビアニメ化されることが15日、『ノイタミナプロジェクト発表会2017』で発表された。来年7月よりスタートする。

2016.11.8  読書日記:著者のことば 森絵都さん

■みかづき 森絵都(もり・えと)さん 集英社・1998円

2016.11.4  第33回さきがけ文学賞

第33回さきがけ文学賞の最高賞である入選は、さいたま市の医療法人監事中山夏樹さん(64)の「西北の地から」に決まった。

2016.6.6  直木賞作家・森絵都『ラン』のスピンオフ!突然のプロポーズ? 突然水面に映し出された人影は誰? 予想できない展開が待ち受ける「スワン」

直木賞受賞作家・森絵都による、涙必至の青春ストーリー『ラン』(講談社)。今回、そのスピンオフ作品「スワン(全5話)」が無料公開される。

2014.6.12  スギヤマカナヨさんの原画展

お母さんが古着から取って保管していた様々なボタンがテーマの絵本『ボタン』(森絵都・作、スギヤマカナヨ絵、偕成社)=写真=の原画展が、12日から7月7日まで東京都千代田区の「ブックハウス神保町」で開催される。

2014.5.8  「ライトなラノベコンテスト」特別賞の晴海まどかさんにインタビューしてみた

ライブドアブログとimpress QuickBooksによる「ライトなラノベコンテスト」の結果が発表されました。受賞作品の発売予定などはimpressQuickBooksのブログで随時発表されるとのことなので、そちらをご参照ください。

2014.3.3  【書評】『漁師の愛人』 森絵都著

評・小泉今日子(女優)

2013.11.19  さきがけ文学賞授賞式、入選と選奨を表彰 秋田市

第30回さきがけ文学賞の授賞式が19日、秋田市の秋田キャッスルホテルで行われ、「オレンジ」で最高賞の入選となった加藤敬尚(のりひさ)さん(37)=東京都稲城市、契約社員=と、「匂い辛夷(こぶし)」で選奨(佳作)となった笹耕市さん(66)=本名・根本直(ただし)、秋田市、学校法人パート職員=を表彰した。

2013.6.3  さきがけ文学賞、新選考委員に森さん 直木賞作家

今年で第30回を迎える「さきがけ文学賞」の新たな選考委員に、直木賞作家の森絵都さん(45)が決まった。2000年から選考委員を務め、3月に死去した作家の北原亞以子さんの後を受け、作家の高井有一さん、西木正明さんと共に選考に当たる。

2013.4.15  意外な新レーベル 「文春ジブリ文庫」

ジブリ映画読み解く 背景は「崖の上のポニョ」公開初日(2008年)

2013.1.16  中学入試によく出る作家は誰?

いよいよ受験シーズンの到来。国語のテスト問題といえば、古典や名作からの出題というイメージかもしれないが、最近の人気作家の作品からの出題も少なくないようだ。

2012.10.10  角川文庫「小説」×ロッテ「アーモンドチョコレート」のコラボ 「私の金色時間」キャンペーン 2012年10月15日(月)~11月30(金) 実施

角川文庫とロッテでは、"私の金色時間"をテーマに小説とアーモンドチョコレートのコラボレーションキャンペーンを共同で行う運びとなりました。

2012.8.19  県立図書館:館長就任・阿刀田高さん、県外にPR 後輩作家招き催し、自身も講座担当 /山梨

11月11日オープンの県立図書館(愛称「かいぶらり」)館長に就任した作家の阿刀田高さん(77)が東京都内でインタビューに応じ、「館長として、県立図書館を県内だけでなく県外にアピールする役割を担いたい」などと抱負を語った。【屋代尚則】

2012.6.3  森絵都さん 「間違ってない」奮闘の日々

『おいで、一緒に行こう 福島原発20キロ圏内のペットレスキュー』

2011.8.1  きらら著者インタビュー 森 絵都さん『この女』

書き進めていくうちに話が濃度を増していく感じで、その濃度の中で書いていると普通のことのように思えた。 一人の青年が残した小説。それはある女の半生と、そして書き手自身の人生を垣間見せる内容だった。森絵都さんの新作『この女』は、阪神・淡路大震災前夜にめぐり合った男女の濃密な生を描ききる。小説内小説という設定、1994年という舞台。さまざまな試みが施された本書の出発点はどこにあったのだろう。

2011.5.1  きらら熱烈インタビュー 第71回 朝井リョウさん

電車に乗っているときにアイディアが浮かぶ。物語の破片みたいなものが落ちてくる感じです。 恋に部活に勤しむひたむきな高校生を描いた作品『桐島、部活やめるってよ』で鮮烈なデビューを果たした朝井リョウさん。

2006.3.2  著者インタビュー - 片川優子さん『ジョナさん』

--小説を書いてみようと思ったきっかけは?

2006.2.17  『屋久島ジュウソウ』 森 絵都スペシャルインタビュー

1 旅先で、感覚が研ぎ澄まされていく感じが好き エッセイ集としては13年ぶりとなる『屋久島ジュウソウ』を出版した森絵都さん。「小説すばる」に掲載した長編の旅日記『屋久島ジュウソウ』と、同誌に2年間連載していた『slight sight-seeing』から15編を選んで加筆したものを収録。

2006.2.1  きらら熱烈インタビュー 第7回 森 絵都 さん

本屋さんは一番心が安らぐ場所、どの町でも必ず本屋さんに行きます 児童文学の世界では不動の人気を誇り、一般向けに書かれた『いつかパラソルの下で』で直木賞にもノミネートされ、ますます活動の範囲を広げている森絵都さんに啓文社の、児玉憲宗さんとリブロ港北東急SC店の佐々木麻美さんが、デビュー作から最新作までの作品づくりの裏側を伺った。

2005.6.16  著者インタビュー - 森絵都さん『いつかパラソルの下で』

--書き下ろしということですが、いつ頃から取り組まれていたんですか?

2002.12.31  作家の読書道:第16回 森 絵都さん

飛び込みをテーマにした青春もの『DIVE!!』を完結させたばかりの森絵都さんの登場です。「作家になろうと思った時、最初に目指したのが児童文学だった」と語るとおり、児童文学の賞も数多く受賞されています。その読書や本選びには、森さんならではの「ツボ」があるそう。それはシュールで健やかな世界とユーモアのエッセンスということなのですが……。

現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)