トップページ > 公募ではない賞一覧 > 伊藤整文学賞小説部門 > 1992年−第3回 伊藤整文学賞小説部門

伊藤整文学賞小説部門

1992年−第3回 伊藤整文学賞小説部門の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

伊藤整文学賞(いとうせいぶんがくしょう)は、地元・小樽市出身の文学者伊藤整没後20年を契機に、1990年に創設された文学賞である。
創設された文学賞は、小説と評論の2部門があり、4月1日を基準日として前1年間に発表された日本語で書かれた作品(小説、評論)から選出、受賞者には斎藤吉郎作「カモメ呼ぶ少女」のブロンズ像・副賞100万円を贈呈された。
主催団体は、伊藤整文学賞の会・小樽市・北海道新聞社から構成され、会事務局は小樽市教育委員会に置かれた。
2012年10月、主催している小樽市の資金難などから2014年の第25回を以って終了することを発表。
2014年5月8日、最後となる第25回受賞作を発表。同年6月13日、小樽市内にて催行された授賞式を以って、全ての活動を終了した。

第3回—1992年

受賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

伊藤整文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

伊藤整文学賞小説部門関連つぶやき

H0eru@TeaIsHugInACup たしかに絶妙な厚さですね、これは。谷崎潤一郎賞と伊藤整文学賞の同時受賞といいますから、実際になかなかの力が秘められているのかと……。
Risyaon川端康成がノーベル文学賞を受賞した翌日のインタビューで、伊藤整と川端と三島由紀夫の3人が喋ってる動画をYouTubeで見たんだけど感動した。川端康成と三島由紀夫って動くんだなと思ったわ。遠い存在だけど、確かに生きてたんだなって実感する
okhiroyuki「聖水」が好きでずっと読みたい本として登録されてて、整理してて気づいた。谷崎潤一郎賞、伊藤整文学賞の二つの文学賞を同時受賞した衝撃的作品とのことやのに、もう売ってないとかあるのか。そっちのほうに、衝撃や
Inagilib【毎日展示】#中央図書館本日は、平成では最後の天皇誕生日です。それにちなみ、平成から始まり平成のうちに終了した文学賞を特集します。今回は、大江健三郎賞(平成17~26年)と伊藤整文学賞(平成2~26年)を取り上げます。エントラン… https://t.co/9NL0bcdYcT
yamamoto_mitsuこういうことを真面目に考えなければ、地方の出版文化は維持できない。旧態然とした運営をつづけた挙句に、金の切れ目が縁の切れ目とばかりに、伊藤整文学賞を惜しげもなく切り捨てたのがいい例ではないか。彼らには、文化を語る資格などこれっぽっちもないことを肝に銘じるべきなのだ。⑬
K_misa_maguro川端康成が大ファンで、秋聲の死後は顕彰活動に駆け回っていたにも関わらず、世間的には文学史から消えた作家になっているので、ノーベル賞作家が推していても消える時は消える。解せない。しかしながら石川近代文学館は川端と伊藤整の尽力あって出来たので、完全に消えることは防いだともいえます。
nzmzo柄谷行人の受賞歴1969年 -「〈意識〉と〈自然〉 漱石試論」で第12回群像新人文学賞。1978年 -「マルクスその可能性の中心」で第10回亀井勝一郎賞。1996年 -「坂口安吾と中上健次」で第7回伊藤整文学賞。2013年 -「哲学の起源」で第3回紀伊國屋じんぶん大賞。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)