トップページ > 公募ではない賞一覧 > 本屋大賞 > 2008年−第5回 本屋大賞

本屋大賞

2008年−第5回 本屋大賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

本屋大賞(ほんやたいしょう)とは2004年に設立された、NPO法人・本屋大賞実行委員会が運営する文学賞である。
一般に、日本国内の文学賞は、主催が出版社であったり、選考委員が作家や文学者であることが多いが、本屋大賞は、「新刊を扱う書店(オンライン書店含む)の書店員」の投票によってノミネート作品および受賞作が決定される。

第5回—2008年

2位

3位

4位

5位

6位

7位

8位

9位

10位

その他の回のデータ(全データ一括表示

本屋大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.4.7 「2020年本屋大賞」決定!! 大賞は凪良ゆう『流浪の月』 全ノミネート作の順位を発表!

    全国の書店員が選ぶ、いま一番売りたい本を決める「本屋大賞2020」の受賞作が4月7日(火)決定した。

  • 2020.2.22 作家の読書道 第215回:相沢沙呼さん

    『medium 霊媒探偵城塚翡翠』が2019年末発表のミステリランキングで3冠を達成、今年は同作が2020年本屋大賞ノミネート、第41回吉川英治文学新人賞候補となり、さらに『小説の神様』(講談社タイガ)が映画化されるなど、話題を集める相沢沙呼さん。そんな相沢さんが高校生の時に読んで「自分も作家になりたい」と思った作品とは? 小説以外で影響を受けたものは? ペンネームの由来に至るまで、読書とその周辺をたっぷりおうかがいしました。

  • 2019.12.18 【今週はこれを読め! エンタメ編】音楽が聴こえてくるような短編集〜恩田陸『祝祭と予感』

    優れた音楽小説であり、さらに直木賞と本屋大賞の両方を受賞した『蜜蜂と遠雷』の愛読者にはたまらないファンブック的な要素も持ち合わせているのが本書。私にとっても『蜜蜂と遠雷』はその年に読んだ本のベストだったので(確か朝井リョウさんも同じ趣旨のことを語ってらして、意を強くしたものです)、『祝祭と予感』は期待を胸に読み始めたのだが、もう涙ものだった。

本屋大賞関連つぶやき

hRyUqGsmOYcq39r@decopon_baby 恋愛ものは旦那とではなく1人で見たほうが浸れるからいいですよね
tentecomama@nasucocco1 @denu_tsubuyaki @n0nru 夜のピクニック、本屋大賞獲ったよね?!是非読んで読んでー!私も恩田陸の著書好きだったわ〜✨
_poo841本屋大賞と直木賞両方とってるのかー。すごいな。
wildflower_okyo #映画 「#朝が来る」直木賞、本屋大賞受賞作家・辻村深月のヒューマンミステリー小説で、テレビドラマ化もされた「朝が来る」を、「あん」「光」の河瀬直美監督のメガホンで映画化。独身にて、どちらの気持ちも分からない部分もあるけれ… https://t.co/2db6jpE3j2
Ritas2222withの眼福男子大賞の弟男子編で飛貴くんが2位って聞いたから明日本屋寄ってこよ〜
HMakico眼福男子大賞( ˙-˙ )・・・!明日本屋でwith見てこよー
tagtor3人の父、2人の母を持ち、血の繋がらない20歳差の父と暮らす女子高生のお話生まれてから17年間で...『【2019年本屋大賞 大賞】そして、バトンは...』瀬尾まいこ ☆5 https://t.co/7xevFDUnVZ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)