トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 田辺聖子 > ひねくれ一茶

ひねくれ一茶(田辺聖子)

ひねくれ一茶(著者:田辺聖子)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:ひねくれ一茶 (講談社文庫)
  • 著者:田辺 聖子
  • ページ数:652
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4062630567
  • ISBN-13:9784062630566

田辺聖子新刊

  • 発売日
    2019年10月9日
  • 書名
    上機嫌な言葉 366日 (文春文庫)
  • 発売日
    2019年10月9日
  • 書名
    上機嫌な言葉 366日 (文春文庫)

ひねくれ一茶関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.6.10 作家の田辺聖子さん死去、91歳=小説、エッセーなど多彩な作品

    人間関係の機微を描いた小説やエッセーを発表してきた作家で文化勲章受章者の田辺聖子(たなべ・せいこ)さんが6日午後1時28分、胆管炎のため神戸市内の病院で死去した。91歳だった。大阪市出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は弟聰(あきら)氏。後日、東京と大阪でお別れの会を開く予定。

田辺聖子のその他受賞歴(候補含む)

ひねくれ一茶関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Asada5631田辺聖子のひねくれ一茶で、一茶が嫁さん(というかほぼ女性器?)をそう呼んでたよーな記憶があるけど実際使われてた言葉だったんかねえ
kodanshabunko#糸瓜忌 】田辺聖子著『ひねくれ一茶』江戸の荒奉公で苦労の末、好きな俳諧にうち込み、貧窮の行脚俳人として放浪した修業時代。辛酸の後に柏原に帰り、故郷の大地で独自の句境を確立した晩年。小林一茶の人間像を温かい眼差しで迫った田辺流… https://t.co/ZEoPp0ceRu
a_ranking_news(9/4) honto 電子書籍ストアランキング > 文庫 > 一般ランキング8位:田辺聖子『【期間限定価格】ひねくれ一茶』https://t.co/Wluq9w460b
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)