トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 南木佳士 > 木の家

木の家(南木佳士)

木の家(著者:南木佳士)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

南木佳士新刊

  • 発売日
    2020年3月12日
  • 書名
    根に帰る落葉は

木の家関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

南木佳士のその他受賞歴(候補含む)

木の家関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Ray_AMZN昨年読んだ本できっと何度も読み返すであろう本です。(敬称略、順不同)佐伯一麦「渡良瀬」松家仁之「火山のふもとで」多和田葉子「地球にちりばめられて」南木佳士「小屋を燃す」小泉武夫「猟師の肉は腐らない」畠山重篤「牡蠣礼讃」
jjinjim南木佳士さん『阿弥陀堂だより』信州の谷中村で祖母に育てられた小説家の主人公。都会の高校で出会った医者である妻が心を病んだ事で、田舎で暮らす事を決意する。亡くなった祖母と良く似た村の阿弥陀堂守りのお婆さんや口の利けない少女との交流で、新たな生き方を得る二人を自然の偉大さと共に描く。
chesspl071973内科医として死にゆく患者さんを大勢看取ってこられた小説家・南木佳士氏。パニック障害を抱えてしまった氏が、ふと古びた文庫本「徳山道助の帰郷」を改めて手に取り読んでみた…と著書『ふいに吹く風』の中で書いています。― 私このエピソー… https://t.co/1wAhPXRv3y
moegi0404↓この記事に出てくる地域医療に演劇を持ち込んだ若月医師については南木佳士 さんが書いた岩浪新書『信州に上医あり―若月俊一と佐久病院』で読んだなぁ。その志と実践に凄く胸をうたれた記憶がある。若月医師についての本を書いてる小説家の南木佳士さんは佐久総合病院の医師でもある。
squl_家から出られん。南木佳士の「急須」の主人公かよ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)