トップページ > 最新小説ニュース > オール讀物新人賞に関連する小説ニュースまとめ

オール讀物新人賞に関連する小説ニュースまとめ

キーワード"オール讀物新人賞"に関連する小説ニュースの検索結果まとめです。一度の検索結果は200件までとなります。スペース区切りで複合検索も可能です。
更新情報をTwitterでつぶやいていますので、よければフォローくださいませ。
 

オール讀物新人賞 ニュース検索結果

2018.8.25  作家の読書道 第197回:小野寺史宜さん

2006年に短篇「裏へ走り蹴り込め」でオール讀物新人賞、2008年に『ROCKER』でポプラ社小説大賞優秀賞を受賞してデビューした小野寺史宜さん。「みつばの郵便屋さん」シリーズなどで人気を得、今年は孤独な青年と人々とのつながりを描く『ひと』が話題となった小野寺さん、実は小学生の頃から作家になることを意識していたのだとか。その背景には、どんな読書遍歴があったのでしょう?

2016.10.31  第20回「日本ミステリー文学大賞」、佐々木譲氏に

光文文化財団が10月25日に開いた最終選考委員会で決まった。また、同新人賞には戸南浩平氏の「白骨の首(しらほねのこうべ)」が選ばれた。

2016.5.11  【今週はこれを読め! エンタメ編】閉塞感を吹き飛ばす祖父と孫のふたり旅〜坂井希久子 『ハーレーじじいの背中』

我らが本の雑誌社が毎年末にお届けする『おすすめ文庫王国』、2016年版のエンターテインメントベスト10にて堂々の第1位に輝いたのが『ヒーローインタビュー』(ハルキ文庫)! その著者である坂井希久子の最新刊が本書だ。

2015.3.23  『幸せ嫌い』 平安寿子著 評・唯川恵(作家)

「婚活」の本質、痛快に

2013.3.24  和歌山市出身者の小説がドラマ化 25~27日放送

和歌山市出身の小説家、 坂井希久子さん(35)の小説 『泣いたらアカンで通天閣』 (祥伝社)がテレビドラマ化され、 25~27日(午前0時28分~1時23分)、 読売テレビ開局55年記念として3夜連続・関西地区限定で放送される。 大阪の新世界を舞台にした父と娘の物語で、 坂井さんは 「ドタバタで心温まるストーリー。 深夜ですが、 ぜひ和歌山の皆さんにも見ていただければ」 と話している。

2013.3.17  登別で北海道で小説を書く意味と題し宇江佐さんが講演

オール讀物新人賞や吉川英治文学新人賞を受賞した函館在住の人気作家・宇江佐真理さんが16日、登別市片倉町の市総合福祉センターしんた21で「北海道で小説を書く意味」と題して講演し、「書き続ける人が本当の小説家」と話した。

2013.1.8  公募ガイド 賞と顔 第92回オール讀物新人賞

木下昌輝さん 今まで何を体験吸収したかが大事

2012.5.15  第二十五回 山本周五郎賞

第二十五回 山本周五郎賞

2011.12.15  公募ガイド 賞と顔 第91回オール讀物新人賞

佐藤 巖太郎さん 何らかのモチーフと出会った時、モノ作りをしようと決意した わたしの部屋の本棚には、ジョーゼフ・キャンベルの『千の顔をもつ英雄』があります。難しい本ですが、要するに神話学者の立場から、英雄伝説に登場する主人公は、同じような行動の原型をもっていることを明らかにしています。

2011.11.16  作家の読書道 第120回:柚木麻子さん

2008年に「フォゲットミー、ノットブルー」でオール讀物新人賞を受賞、その短編を含めた連作集『終点のあの子』では女子校の複雑な人間関係を浮き彫りにした柚木麻子さん。第二作『あまからカルテット』はがらりとテイストを変え、アラサー女性4人組の友情と恋と仕事を描いたコメディ。そんな彼女の読書遍歴はやはり、ガーリーな小説が出発点にあった模様。柚木さんならではの読み解き方もとっても楽しいです。

2006.12.1  きらら熱烈インタビュー 第17回 平安寿子 さん

一所懸命生きている人がちょこっと笑えて、明るい気持ちになり力がわき出てくる作品を書きたい 普通の人の日常を快いテンポと溢れるユーモアで描き続ける平安寿子さん。

2005.9.7  著者インタビュー - 朱川湊人さん『花まんま』

--直木賞受賞おめでとうございます! 今回の受賞で初めて朱川さんのことを知った方も多いと思うので、少年時代のお話から聞かせてください。

現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)