トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 原田マハ

原田マハ

原田マハさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

原田 マハ(はらだ まは、女性、1962年7月14日 - )は、日本の小説家、キュレーター、カルチャー・エッセイスト。東京都小平市生まれ。小学6年生から高校卒業まで岡山県岡山市育ち。岡山市立三門小学校、岡山市立石井中学校、山陽女子高等学校、関西学院大学文学部日本文学科、早稲田大学第二文学部美術史学専修卒業。馬里邑美術館、伊藤忠商事、森ビル森美術館設立準備室、ニューヨーク近代美術館に勤務後、2002年にフリーのキュレーターとして独立。
2003年にカルチャーライターとして執筆活動を開始し、2005年には共著で『ソウルジョブ』上梓。そして同年、『カフーを待ちわびて』で第1回日本ラブストーリー大賞を受賞、特典として映画化される。mahaの名でケータイ小説も執筆する。キュレーターの経歴とも相まって、美術を題材とした作品が多い。
ペンネームはフランシスコ・ゴヤの「着衣のマハ」「裸のマハ」に由来する。兄は、同じく小説家の原田宗典。
2005年 - 『カフーを待ちわびて』で第1回日本ラブストーリー大賞受賞。
2012年 - 『楽園のカンヴァス』で第25回山本周五郎賞受賞、第147回直木賞候補、第10回本屋大賞第3位。
2012年 - 『キネマの神様』で第8回酒飲み書店員大賞受賞。
2013年 - 『ジヴェルニーの食卓』で第149回直木賞候補。
2016年 - 『暗幕のゲルニカ』で第155回直木賞候補。
2017年 - 『リーチ先生』で第36回新田次郎文学賞受賞。
2018年 - 『異邦人』で第6回京都本大賞受賞。
2019年 - 『美しき愚かものたちのタブロー』で第161回直木賞候補。

原田マハ新刊

  • 発売日
    2020年5月8日
  • 書名
    サロメ (文春文庫)
  • 発売日
    2020年4月8日
  • 書名
    たゆたえども沈まず (幻冬舎文庫)

受賞歴

原田マハ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

原田マハ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

4fLMlCsBoIZEI78読書の秋久しぶりにブックオフ行くと宝の山
M2016Ase@GloriaX1818 原田マハさん、私もあんまり読んでないので気になってます。隣のドミノも❤️
an_gobun_bot原田マハの”学園のカンヴァス”で、物語のテーマとなる絵である”夢”という作品の作者は誰? ルソー
mado8881原田マハの小説「本日はお日柄もよく」読了。面白くて、1日で読み終わった。何度も読み返したくなる。スピーチライターという職業があること知らなかった。
Minmin2T美術館、絵画展、学芸員、キュレーター、初めて知ることがたくさんあった。なぜ名画といわれているのか...原田マハさんの小説を読みながら絵画の鑑賞も出来てしまう。原画を見てみたい‼️ゴッホ、ピカソ、ルソー...思いはつのります。 https://t.co/fK0m8pXT7c
imasakino@SUISOUNDWORKS01 なかなかに忙しそうやもんね。原田マハだ
GZ1esoBqVOsBcWx@remind_benmiles いえいえ 私の方こそ観る人の感じ方なのにすみません
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
原田マハさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)