トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 安部公房

安部公房

安部公房さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

安部 公房(あべ こうぼう、1924年(大正13年)3月7日 - 1993年(平成5年)1月22日)は、日本の小説家、劇作家、演出家。本名は安部 公房(あべ きみふさ)。
東京府北豊島郡(現・東京都北区)出身。
東京府で生まれ、満洲で少年期を過ごす。高校時代からリルケとハイデッガーに傾倒していたが、戦後の復興期にさまざまな芸術運動に積極的に参加し、ルポルタージュの方法を身につけるなど作品の幅を広げ、三島由紀夫らとともに第二次戦後派の作家とされた。作品は海外でも高く評価され、世界30数か国で翻訳出版されている。
主要作品は、小説に『壁 - S・カルマ氏の犯罪』 (芥川賞受賞)、『砂の女』 (読売文学賞受賞)、『他人の顔』『燃えつきた地図』『箱男』『密会』など、戯曲に『友達』『榎本武揚』『棒になった男』『幽霊はここにいる』などがある。演劇集団「安部公房スタジオ」を立ちあげて俳優の養成にとりくみ、自身の演出による舞台でも国際的な評価を受けた。晩年はノーベル文学賞の有力候補と目された。

受賞歴

安部公房関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

安部公房関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

YoshihiroIshii1安部公房なんかも短編を読む限りシュールリアリストだと思うけどね
sutekibot2「人間は生まれ故郷を去ることはできる。しかし無関係になることはできない」 安部公房
ifhisujiuhana@tirimnoheya それでこそ安部公房×加藤拓也演出ですよね
shiteki_bungaku仮面-コミュニケ-ションの壁--安部公房の作品から (仮面<特集>) https://t.co/seMTROfVuX
amakusaday安部公房が敗戦後の満州国の軍隊が入り乱れた騒乱の最中でも人々の日常が保たれているという状況をみて思い浮かんだ杜甫の詩であるがまさに今の日本の状況だ。天草氏もこんな国は長く続かんよと嘆いていたけど俺もそう思っている。持って数年だ。俺みたいなのが一番割食ってしまったという訳だ。
kyoshokunet「壁とともに生きる」ヤマザキマリ:著(NHK出版新書)安部公房が描いた不条理で破壊的な世界を、著者が現代の視点で読み解いた一冊。https://t.co/TIJ0fSuEa3
cocoru_2安部公房の『赤い繭』思い出してリプしたんだけど、みんな真面目なアドバイスしててちょい恥ずいな
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
安部公房さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)