トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 安部公房

安部公房

安部公房さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

安部 公房 (あべ こうぼう、1924年 (大正13年) 3月7日 - 1993年 (平成5年) 1月22日) は、日本の小説家、劇作家、演出家。本名は公房 (きみふさ)。
東京府で生まれ、満洲で少年期を過ごす。高校時代からリルケとハイデッガーに傾倒していたが、戦後の復興期にさまざまな芸術運動に積極的に参加し、ルポルタージュの方法を身につけるなど作品の幅を広げ、三島由紀夫らとともに第二次戦後派の作家とされた。作品は海外でも高く評価され、世界30数か国で翻訳出版されている。
主要作品は、小説に『壁 - S・カルマ氏の犯罪』 (芥川賞受賞)、『砂の女』 (読売文学賞受賞)、『他人の顔』、『燃えつきた地図』、『箱男』、『密会』など、戯曲に『友達』、『榎本武揚』、『棒になった男』、『幽霊はここにいる』などがある。演劇集団「安部公房スタジオ」を立ちあげて俳優の養成にとりくみ、自身の演出による舞台でも国際的な評価を受けた。晩年はノーベル文学賞の有力候補と目された。

受賞歴

安部公房関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

安部公房関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kotoba4839「でもそれが、そんなにつらくなかったね。人間てしょせん、いつでも何かを 失っていくほうが幸せだと思ってた」安部公房 自分の祖国、満州がなくなったことに対して
Vaga8onds_kaiandante第一回公演『友達』原作:安部公房(新潮文庫『友達・棒になった男』所収)演出:伊藤海(FLAG)音楽:服部響(HMS)2020年10月17日(土)~18日(日)宮崎市民プラザ オルブライトホール https://t.co/XnjlOQp5Q1
uchujin17@yukikaze2me 安部公房氏は晩年の随筆「死に急ぐ鯨たち」の中で、社会の既存観念を個人の自意識と対立する概念として「呪術師の歌」と表現し、既存観念に侵されない確たる個の自意識の確立を人類の希望として提示しましたが、ヒトは社… https://t.co/Q1zpyBcMJ6
phrase_fav罰がなければ、逃げるたのしみもない(砂の女/安部公房)
otonezumi夜になると取り残されたものの焦燥が夢になってあらわれた。虫になって地図のうえをさまよう夢や、切符なしに行先のない汽車にのっていく夢などをみた 『けものたちは故郷をめざす』安部公房
taru_takayuki安部公房は「人間は個体の例外行動を好み、それにより進化する動物だが、集団は例外行動を規制する”儀式”によって統制しようとする。我々は”儀式”を好む場合もあれば嫌う傾向もあるのではないかと思う。」という趣旨のことを述べました… https://t.co/gSWKbHp3xi
fragments_bot悲しみはお茶の味をよくするものです。だからぼくはきっと悲しかったにちがいありません。(安部公房『壁』)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
安部公房さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)