トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 安部公房

安部公房

安部公房さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

安部 公房 (あべ こうぼう、1924年 (大正13年) 3月7日 - 1993年 (平成5年) 1月22日) は、日本の小説家、劇作家、演出家。本名は安部公房 (あべ きみふさ)。
東京府で生まれ、満洲で少年期を過ごす。高校時代からリルケとハイデッガーに傾倒していたが、戦後の復興期にさまざまな芸術運動に積極的に参加し、ルポルタージュの方法を身につけるなど作品の幅を広げ、三島由紀夫らとともに第二次戦後派の作家とされた。作品は海外でも高く評価され、世界30数か国で翻訳出版されている。
主要作品は、小説に『壁 - S・カルマ氏の犯罪』 (芥川賞受賞)、『砂の女』 (読売文学賞受賞)、『他人の顔』、『燃えつきた地図』、『箱男』、『密会』など、戯曲に『友達』、『榎本武揚』、『棒になった男』、『幽霊はここにいる』などがある。演劇集団「安部公房スタジオ」を立ちあげて俳優の養成にとりくみ、自身の演出による舞台でも国際的な評価を受けた。晩年はノーベル文学賞の有力候補と目された。

安部公房新刊

  • 発売日
    2018年5月17日
  • 書名
    ほろ酔い天国 (ごきげん文藝)

受賞歴

安部公房関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

安部公房関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kaoboonio #砂の女 は安部公房の小説。ノーベル文学賞候補と言われていたのも納得の面白さ。序盤で、知的好奇心がくすぐられてすぐに本の世界に没入しました。この人の小説で初めに読んだのが、これでよかった。カンガルーノートとかだったら挫折して… https://t.co/mR70bNNU97
sutekibot2「明日のない希望よりも、むしろ絶望の明日を」 安部公房
f_Kafka_bot僕のなかでカフカの占める比重は、年々大きくなっていきます。信じられないほど現実を透視した作家です。……カフカはつねに僕をつまずきから救ってくれる水先案内人です。(安部公房『死に急ぐ鯨たち』新潮社)
tousekitetsu@hiranok 新潮文庫とかは明らかに、各社文庫の中でもかなり優れた方ですからね。私も、それこそ中学生くらいから読み始めた安部公房等から本当にお世話になってきました。
omoide_dokusyo詩集を読みたい。でも各出版社からでてるきちっとしたハードカバーの叢書も欲しい。もっと言えば岩波文庫を本棚にずらっと並べたいし、新潮文庫の安部公房や星新一を集めて背表紙を統一したい。そう思って授業を受けて気がつけば帰りの電車の中。(出版社の在庫切れに恐れる数少ない高校生)
k_x____x____x_k安部公房の新潮社から出てる銀色のやつはこれで全部揃ったな〜
SHU_MandC他人の顔/安部公房“豊穣には豊穣の智慧があるように、欠如にも欠如の知恵があるはずだ。”https://t.co/OyD3klcTNV https://t.co/iqo3ri2H8k
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
安部公房さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)