トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 安部公房

安部公房

安部公房さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

安部 公房|あべ こうぼう|1924年3月7日 - 1993年1月22日は、日本の小説家、劇作家、演出家。本名は公房 (きみふさ)。
東京府で生まれ、満洲で少年期を過ごす。高校時代からリルケとハイデッガーに傾倒していたが、戦後の復興期にさまざまな芸術運動に積極的に参加し、ルポルタージュの方法を身につけるなど作品の幅を広げ、三島由紀夫らとともに第二次戦後派の作家とされた。作品は海外でも高く評価され、世界30数か国で翻訳出版されている。
主要作品は、小説に『壁 - S・カルマ氏の犯罪』 (芥川賞受賞)、『砂の女』 (読売文学賞受賞)、『他人の顔』、『燃えつきた地図』、『箱男』、『密会』など、戯曲に『友達』、『榎本武揚』、『棒になった男』、『幽霊はここにいる』などがある。演劇集団「安部公房スタジオ」を立ちあげて俳優の養成にとりくみ、自身の演出による舞台でも国際的な評価を受けた。晩年はノーベル文学賞の有力候補と目された。

受賞歴

安部公房関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

安部公房関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

momentum9688@matsuikei 私、いつも思うのですが、なぜ明日は我が身となるのでしょう。不思議なんですよね、政治的な発言を積極的にされるのですから、文学者として石川淳や安部公房のように、なぜ反対の声を上げないのか。内向きにベクトルが行くの… https://t.co/NnbjmUe2kX
fukurou_fofoあらすじ読んだだけだけど安部公房の本読みたいな
nagaike@yoshisen 安部公房全集を老後の楽しみにして押入れに保管してるのですけど。紙ではもう読めないかもですね。
shiteki_bungaku物質と思考の運動 : 安部公房の「砂の女」におけるシュルレアリスム的技法とその変容(日本語日本文学特集) https://t.co/rExbGRexwD
bungaku_bot_人間の代わりに、胃袋だけの化物が手足をつけて歩きまわる世の中だ。安部公房『水中都市』
disembarrassmen#名刺代わりの小説10選ありきたりの狂気の物語/チャールズ・ブコウスキー強運の持ち主/瀬尾まいこ羆嵐/吉村昭斜陽/太宰治砂の女/安部公房二度はゆけぬ町の地図/西村賢太方法序説/デカルト町でいちばんの美女/ブコウスキ… https://t.co/YZRisS5RBR
sadreeds_@hariotoko というかそれが核心なんじゃないかなって気がしてる。きりがついてない、責任の在処も宙に浮いている、そのまんま、戦争そのものを描ける作家が減ってきて、宙に浮いた部分だけが残る。安部公房とかはまだ戦争について問いた… https://t.co/C5ze23nhf5
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
安部公房さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)