トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 安部公房

安部公房

安部公房さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

安部 公房 (あべ こうぼう、1924年 (大正13年) 3月7日 - 1993年 (平成5年) 1月22日) は、日本の小説家、劇作家、演出家。本名は公房 (きみふさ)。
東京府で生まれ、満洲で少年期を過ごす。高校時代からリルケとハイデッガーに傾倒していたが、戦後の復興期にさまざまな芸術運動に積極的に参加し、ルポルタージュの方法を身につけるなど作品の幅を広げ、三島由紀夫らとともに第二次戦後派の作家とされた。作品は海外でも高く評価され、世界30数か国で翻訳出版されている。
主要作品は、小説に『壁 - S・カルマ氏の犯罪』 (芥川賞受賞)、『砂の女』 (読売文学賞受賞)、『他人の顔』、『燃えつきた地図』、『箱男』、『密会』など、戯曲に『友達』、『榎本武揚』、『棒になった男』、『幽霊はここにいる』などがある。演劇集団「安部公房スタジオ」を立ちあげて俳優の養成にとりくみ、自身の演出による舞台でも国際的な評価を受けた。晩年はノーベル文学賞の有力候補と目された。

安部公房新刊

  • 発売日
    2019年6月14日
  • 書名
    ●映画プログラム:【他人の顔 】勅使河原宏監督 仲代達矢、入江美樹●21x27.5cm ◎状態 中古 コレクター品 :(hro340 )
  • 発売日
    2019年4月23日
  • 書名
    内なる辺境/都市への回路 (中公文庫)

受賞歴

安部公房関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

安部公房関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

dreamsoftheduskヤバい本の色校があがってきた! 不条理も不条理、わけのわからない不気味さがみっちみちに詰まった奇想小説。カフカ、カルヴィーノ、安部公房、あとエドワード・ゴーリーとかのファンにも絶対刺さる。翻訳は北田絵里子さん、装画はタダジュンさん… https://t.co/CciV1Td5bh
storyforfべつに不安は感じなかった。ちゃんと鞄が私を導いてくれている。私は、ためらうことなく、何処までもただ歩きつづけていればよかった。選ぶ道がなければ、迷うこともない。私は嫌になるほど自由だった。──安部公房「鞄」
otonezumi「違うんだな。男が結婚詐欺をするときは、医者だとか、地主の息子だとか、会社の役員だとか、職業や財産を餌にするでしょう。でも女の餌は、女じゃない。ぜったい損だと思う。職業を聞かれて、ただ男って答える男はいないけど、女は、ただの女で通用しちゃうんだな」 -安部公房『方舟さくら丸』
22Ksaba安部公房の人生 https://t.co/5MfKqk0tZx @YouTubeよりって安部公房が言ってた。
minakichieもう何年も前なのに、未だに安部公房の作品解釈で消化不良になる
ffwhhros2「 人間は、誰だって、死人に借りがありますよ」 安部公房  『幽霊はここにいる』
sutekibot2「人間は生まれ故郷を去ることはできる。しかし無関係になることはできない」 安部公房
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
安部公房さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)