トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森見登美彦

森見登美彦

森見登美彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

森見 登美彦(もりみ とみひこ、1979年1月6日 - )は、日本の小説家。
奈良県生駒市出身。ペンネームは本名の姓「森見」に、この地にゆかりの深い登美長髄彦を合わせたもの。奈良女子大学文学部附属中学校・高等学校(現:奈良女子大学附属中等教育学校)卒業。京都大学農学部生物機能科学科応用生命科学コースを卒業、同大学院農学研究科修士課程修了(修士(農学・京都大学))。在学中は体育会のライフル射撃部に所属した。
2003年、在学中に執筆した『太陽の塔』で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、小説家デビューする。2006年『夜は短し歩けよ乙女』で山本周五郎賞、第4回本屋大賞(2位)などを受賞し注目を集め、国立国会図書館職員との兼業作家として執筆活動を続けていた。現在は退職し、専業作家である。
2006年、会社の枠を超えた書店員有志による応援団「深見組」が結成されており、独自の販売促進が行われている。オリジナルの販促グッズ等が用意され、フリーペーパー(『夜は短し歩けよ乙女』、『【新釈】走れメロス 他四篇』:まなみ組加入書店員の勤務書店店頭にて無料配布、非売)も発行されている。
なお2011年8月より、体調不良のため(本人ブログによれば、締切を増やしすぎたことが原因)作家としての活動を一時休止していた。2013年、3年ぶりとなる長編小説『聖なる怠け者の冒険』を上梓。

森見登美彦新刊

  • 発売日
    2018年6月15日
  • 書名
    ペンギン・ハイウェイ (角川つばさ文庫)
  • イラストレーター
    ぶーた

受賞歴

森見登美彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

森見登美彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

onephrase_books本を読んでいる姿が魅力的なのは、その本に惚れ込んでいるからに違いない。恋する乙女は美しいという。『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦
takagari_read毒薬もまた苦いのだ@太陽の塔/森見登美彦
Anime_Intro「四畳半神話大系」森見登美彦原作。「私」は京都の下鴨幽水荘にすむ大学三回生。悪友の小津と様々なことに巻き込まれる。話ごとに「私」が入っているサークルなどの設定が変わるが、人間関係や結末などは大して変わらない。86点https://t.co/ZhywH2jS4D
puhlz18435忙しいって言う人間ほど 閑(ひま)なものだ。 閑であることに 罪悪感を抱くから、 やたら忙しいと 吹聴したがるんだね。 by 夜は短し歩けよ乙女、森見登美彦
novel_beginning何かしらの点で、彼らは根本的に間違っている。なぜなら、私が間違っているはずがないからだ。太陽の塔/森見登美彦
rvltnfrmmbd奥から取り出した「才能の貯金箱」は黄金に輝いている。あたかも私の未来を象徴するかのように。私は貯金箱を逆さまにして、狂ったように叩いてみたが、出てきたものは一枚の紙であった。そこには、「できることからコツコツと」と書かれていた。(森見登美彦/夜は短し歩けよ乙女)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
森見登美彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)