トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森見登美彦

森見登美彦

森見登美彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

森見 登美彦(もりみ とみひこ、1979年1月6日 - )は、日本の小説家。
奈良県生駒市出身。奈良市在住。ペンネームは本名の姓「森見」に、この地にゆかりの深い登美長髄彦を合わせたもの。奈良女子大学文学部附属中学校・高等学校(現:奈良女子大学附属中等教育学校)卒業。京都大学農学部生物機能科学科応用生命科学コースを卒業、同大学院農学研究科修士課程修了(修士(農学・京都大学))。在学中は体育会のライフル射撃部に所属した。
2003年、在学中に執筆した『太陽の塔』で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞して、小説家デビュー。2006年『夜は短し歩けよ乙女』で山本周五郎賞、第4回本屋大賞(2位)などを受賞。しばらくは国立国会図書館職員との兼業作家として執筆活動を続けていた。やがて国会図書館を退職して専業作家となるが、連載を抱えすぎて行き詰まり、2011年8月にすべてを休載して故郷の奈良に帰る。その後、1〜2年のペースで単行本化されていなかった作品や中断していた作品を大幅に書き直しながら刊行した。2018年11月刊行の『熱帯』は3回目の直木賞候補作となった。本人は『熱帯』の完成をもって2011年の全休載の後始末は終了したとしている。
2006年には会社の枠を超えた書店員有志による応援団「まなみ組」が結成されており、独自の販売促進が行われている。オリジナルの販促グッズ等が用意され、フリーペーパー(『夜は短し歩けよ乙女』、『【新釈】走れメロス 他四篇』:まなみ組加入書店員の勤務書店店頭にて無料配布、非売)も発行されている。

森見登美彦新刊

  • 発売日
    2019年1月22日
  • 書名
    森見登美彦リクエスト! 美女と竹林のアンソロジー
  • 発売日
    2018年11月16日
  • 書名
    熱帯
  • 発売日
    2018年8月26日
  • 書名
    有頂天家族

受賞歴

森見登美彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

森見登美彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

booktitle_bot『四畳半神話大系』森見登美彦
book_beans2011年本屋大賞は、『謎解きはディナーのあとで』 著/東川篤哉(小学館)だったね。執事:櫻井翔君、お嬢様:北川景子でドラマ化されたよね。2位は『ふがいない僕は空を見た』 著/窪美澄(新潮社)で、3位は『ペンギン・ハイウェイ』 著/森見登美彦(角川書店) だったよ。
miroku678ナイス 【夜は短し歩けよ乙女/森見 登美彦】再読な気がする。久しぶりに森見さん。言い回しが独特で読みやすくはないけれど引き込まれる。第三章「御都合主義者かく語りき」が面白かった。大学文化祭の色… → https://t.co/N6INeGRFG7 #bookmeter
a_ranking_news(2/16 13時) Amazon SF・ホラー・ファンタジー ギフトランキング8位 森見 登美彦『ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)』https://t.co/EbDLyyKeng
wtgs0806一番は去年行った京都ですかね!祇園祭は面白かったです。森見登美彦先生の「夜は短し歩けよ乙女」が好きなのもあって先斗町も覗きました。西尾維新先生の戯言シリーズも好きなので、旅行といえば何かと京都が思い浮かびます。 https://t.co/p3VfzYaH7H
ABi5IUABBP6vclM森見登美彦『宵山万華鏡』読了六編の物語が少しずつ繋がりながら展開していく。宵山祭の賑わいと祭の高揚を楽しませつつ、京都の奥深さと妖しさが満載!次には天才と○○は紙一重なキャラ登場!そして『夜は短し歩けよ乙女』に関連する物語… https://t.co/soW9b59nVh
bamboo_tommy森見登美彦氏はふたたび読書感想文二十年分の大作に取りかからねばならぬ。そういうわけで登美彦氏は、愛飲するリポビタンDを飲む飲む。氏は大正製薬のリポビタンDをこよなく愛する正義の人である。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
森見登美彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)