トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森見登美彦

森見登美彦

森見登美彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

森見 登美彦(もりみ とみひこ、1979年1月6日 - )は、日本の小説家。
奈良県生駒市出身。奈良市在住。在学中は体育会のライフル射撃部に所属した。
小学校2、3年の時に、友人と作った紙芝居がきっかけで、原稿用紙に小説を書くようになり、高校生で小説家を目指す。大学時代に、小説を書く基礎として日本の近代文学を多く読書し、表現などに影響がある。2003年、在学中に執筆した『太陽の塔』で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞して、小説家デビュー。2006年『夜は短し歩けよ乙女』で山本周五郎賞を受賞し、 第137回直木賞(2007年上期)候補、2007年第4回本屋大賞(2位)に選定される。しばらくは国立国会図書館職員との兼業作家として執筆活動を続けていた。やがて国会図書館を退職して専業作家となるが、連載を抱えすぎて行き詰まり、2011年8月にすべてを休載して故郷の奈良に帰る。その後、1 - 2年に1冊のペースで単行本化されていなかった作品や中断していた作品を大幅に書き直しながら刊行した。2018年11月刊行の『熱帯』は3回目の直木賞候補作となり、第6回高校生直木賞を受賞。本人は『熱帯』の完成をもって2011年の全休載の後始末は終了したとしている。
2006年には会社の枠を超えた書店員有志による応援団「まなみ組」が結成されており、独自の販売促進が行われている。オリジナルの販促グッズ等が用意され、フリーペーパー(『夜は短し歩けよ乙女』『【新釈】走れメロス 他四篇』:まなみ組加入書店員の勤務書店店頭にて無料配布、非売)も発行されている。

受賞歴

森見登美彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

森見登美彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

r_antyu森見登美彦さんは有頂天家族が1番好き
Syousetsu_Bot詭弁論部とは「世間から忌み嫌われることを意に介さずにのらりくらりと詭弁を弄し続ける」という茨の道を何故か選び取った物好きたちの流刑地(『新訳 走れメロス』森見登美彦)
erne_hoshiai#名刺代わりの小説10選・痴人の愛/谷崎潤一郎・僕は、そして僕たちはどう生きるか・西の魔女が死んだ/梨木香歩・harmony/伊藤計劃・四畳半神話大系/森見登美彦・死神の精度/伊坂幸太郎・色彩を持たない多崎つくると、… https://t.co/Emk0sdovvW
ccc3_mone寝る前に動画みて練習頑張ってます✊
ai_mi56@AteR6yw タイタン、結構思いがけないところに進んでいって面白かったので是非読んでみて下さい
bamboo_tommy森見登美彦氏は昨日つい上機嫌で「ふわふわ太郎」*1を引き留めてやったが、そのために今朝寝坊するという醜態をさらし、「ふわふわ太郎め!」と半日泣きべそをかいていた *1:不運の神・三十代小太り
tsukishokusu四畳半タイムマシンブルース:森見登美彦 #読了 既視感を覚えあらすじを熟読すると愛するサマータイムマシン・ブルースとのコラボ作だった…。(気づくのが壊滅的に遅い)案の定梅雨明けの暑さを吹き飛ばす程の威力を備えており… https://t.co/TFdztzrduW
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
森見登美彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)