トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森見登美彦

森見登美彦

森見登美彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

森見 登美彦(もりみ とみひこ、1979年1月6日 - )は、日本の小説家。
奈良県生駒市出身。奈良市在住。在学中は体育会のライフル射撃部に所属した。
小学校2、3年の時に、友人と作った紙芝居がきっかけで、原稿用紙に小説を書くようになり、高校生で小説家を目指す。大学時代に、小説を書く基礎として日本の近代文学を多く読書し、表現などに影響がある。2003年、在学中に執筆した『太陽の塔』で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞して、小説家デビュー。2006年『夜は短し歩けよ乙女』で山本周五郎賞を受賞し、 第137回直木賞(2007年上期)候補、2007年第4回本屋大賞(2位)に選定される。しばらくは国立国会図書館職員との兼業作家として執筆活動を続けていた。やがて国会図書館を退職して専業作家となるが、連載を抱えすぎて行き詰まり、2011年8月にすべてを休載して故郷の奈良に帰る。その後、1 - 2年に1冊のペースで単行本化されていなかった作品や中断していた作品を大幅に書き直しながら刊行した。何作品かはそのまま中断した。『熱帯』は、「小説とは何か」という観点が大きくなり、2018年11月刊行された。3回目の直木賞候補作となり、第6回高校生直木賞を受賞。本人は『熱帯』の完成をもって2011年の全休載の後始末は終了したとしている。
2006年には会社の枠を超えた書店員有志による応援団「まなみ組」が結成されており、独自の販売促進が行われている。オリジナルの販促グッズ等が用意され、フリーペーパー(『夜は短し歩けよ乙女』『【新釈】走れメロス 他四篇』:まなみ組加入書店員の勤務書店店頭にて無料配布、非売)も発行されている。

受賞歴

森見登美彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

森見登美彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

okimirumakutoうちの師匠はしっぽがない、一話観ました。大正時代という文明開花真っ盛りの社会の描写は、温かくも懐かしい雰囲気でした。ジブリの平成狸合戦ぽんぽこ、森見登美彦の有頂天家族など、化け狸モノには名作が多いですが、本作は令和の化け狸モノ… https://t.co/8p279AcE2O
eigotokakukoto好きな作家は森見登美彦先生と森博嗣先生、好きなラーメンズは小林賢太郎さん、人生で好きになった男子の中でもベストオブベストの2人は小林くん。森林。
Yanda10001ペンギンハイウェイて森見登美彦だったの!?どうりで映画おもろかったわけだ
kimura_books笑かしてくれて、感動もさせてくれて語彙の勉強にもなる、素晴らしい作家、森見登美彦 https://t.co/y7Y4lMWCwR #books #amazon
stray_snob森見登美彦あるある→インナーマッソゥ
kapibara5220「転がらない石には苔がつく。やはらかくなろう」(『聖なる怠け者の冒険』森見登美彦/著・朝日新聞出版)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
森見登美彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)