トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森見登美彦

森見登美彦

森見登美彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

森見 登美彦(もりみ とみひこ、1979年1月6日 - )は、日本の小説家。
奈良県生駒市出身。ペンネームは本名の姓「森見」に、この地にゆかりの深い登美長髄彦を合わせたもの。奈良女子大学文学部附属中学校・高等学校(現:奈良女子大学附属中等教育学校)卒業。京都大学農学部生物機能科学科応用生命科学コースを卒業、同大学院農学研究科修士課程修了(修士(農学・京都大学))。在学中は体育会のライフル射撃部に所属した。
2003年、在学中に執筆した『太陽の塔』で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、小説家デビューする。2006年『夜は短し歩けよ乙女』で山本周五郎賞、第4回本屋大賞(2位)などを受賞し注目を集め、国立国会図書館職員との兼業作家として執筆活動を続けていた。現在は退職し、専業作家である。
2006年、会社の枠を超えた書店員有志による応援団「深見組」が結成されており、独自の販売促進が行われている。オリジナルの販促グッズ等が用意され、フリーペーパー(『夜は短し歩けよ乙女』、『【新釈】走れメロス 他四篇』:まなみ組加入書店員の勤務書店店頭にて無料配布、非売)も発行されている。
なお2011年8月より、体調不良のため(本人ブログによれば、締切を増やしすぎたことが原因)作家としての活動を一時休止していた。2013年、3年ぶりとなる長編小説『聖なる怠け者の冒険』を上梓。

受賞歴

森見登美彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

森見登美彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Daiigosama森見登美彦のエッセイ本やっと見つけたのに財布もってくんの忘れた本を探してレジに持って行ってはずかしめを受け本を戻すという、うんこみたいな時間を過ごしてしまった
deliciouspege【bar moonwalk】森見登美彦さんの作品でも「月面歩行」という名前で登場する、木屋町と百万遍にある京大生御用達のバー。豊富なドリンクメニューの全てが1杯200円で飲めるほか、安価なフードメニューも充実しています。https://t.co/vY8fh5dAxu
yasashiiame_YJいいなーッ京都いきてえなーッ!鴨川に足ちゃぶちゃぶさせて赤玉ポートワイン飲みたいし北白川ラジウム温泉入ったり鞍馬天狗と花札したいわ。古本市で迷子になったりレストラン菊水のビアガーデンの赤提灯見たいわあ。そう、ただの森見登美彦好き
book_beans2011年本屋大賞は、『謎解きはディナーのあとで』 著/東川篤哉(小学館)だったね。執事:櫻井翔君、お嬢様:北川景子でドラマ化されたよね。2位は『ふがいない僕は空を見た』 著/窪美澄(新潮社)で、3位は『ペンギン・ハイウェイ』 著/森見登美彦(角川書店) だったよ。
rvltnfrmmbdだが一切は、その万年床にて起こったのだ。これは彼女のお話でもあり、私のお話でもある。運命の御都合主義によって、ようやく路傍の石ころが、万年床から立ち上がる。(森見登美彦/夜は短し歩けよ乙女)
snow_buta86森見登美彦先生の小説と中村佑介先生のイラストで育ったオタクは斜に構えがち
yolozyaTOM@mizpi @E_K_D そうでしたか。ちうことはユーフォニアム、アニメは『東京弁吹き替え』モードなんですな。(*´∀`*)そーいえば最初に有頂天を観た時、なんで関東系、それも夏目漱石口調やねん、と反発した事もありましたっけ…そんな私も今は森見登美彦ファン。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
森見登美彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)