トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊藤計劃 > 虐殺器官

虐殺器官(伊藤計劃)

虐殺器官(著者:伊藤計劃)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
  • 著者:伊藤 計劃
  • ページ数:432
  • 出版社:早川書房
  • ISBN-10:4150309841
  • ISBN-13:9784150309848

虐殺器官関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

伊藤計劃のその他受賞歴(候補含む)

虐殺器官関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

dog_of_books歴史とは、さまざまな言説がその伝播を競い合う闘技場であり、言説とはすなわち個人の主観だ。そのコロセウムにおいて勝者の書いた歴史が通りやすいのは事実であるが、そこには弱者や敗者の歴史だってじゅうぶんに入り込む余地がある。(『虐殺器官』伊藤計劃)
antho_logicalすべての仕事は、人間の良心を麻痺させるために存在するんだよ。資本主義が生み出したのは、仕事に打ちこみ貯蓄を良しとするプロテスタンティズムだ。つまり、仕事とは宗教なのだよ。伊藤計劃『虐殺器官』
jmsdfsbuまた伊藤計劃で申し訳ないんだけど「虐殺器官」ではそう言う部分がちょいちょい出てくるんだけど「<harmony/>」だとあまりそれが無いのよね。文章力が上がるとそうなるのか、それとも作品の世界観に合わせた結果なのかはわからんけど・・・。もしくは私が気づいていないか。
My_bookshelf_「地獄はここにあります。頭のなか、脳みそのなかに。(略)目の前の風景は地獄なんかじゃない。逃れられますからね。目を閉じればそれだけで消えるし、ぼくらは普通の生活に戻る。だけど、地獄からは逃れられない。だって、それはこの頭のなかにあるんですから」(虐殺器官 アレックス 伊藤計劃)
gagane_hi伊藤計劃の『虐殺器官』読んだ。すごい本だった。科学技術や世界観などのよく練り込まれた設定と、罪や意識などの哲学的な話題、それらの話を交えながらも退屈と感じさせないスリルやユーモアがあって、文学作品としてもエンターテイメントとしても優れていてまさに傑作だった。読んでよかった。
yumiko_Utopia@makura2828_ 森博嗣さんスカイクロラしか読んでないけどスカイクロラ死ぬほど好きです……ミステリーじゃないけど……あと伊藤計劃という作家さんの「虐殺器官」「ハーモニー」の2冊、「ハーモニー」は読後感がめっっっっちゃ最高なので是非読んでみて下さい
Tsun_Wasa次は伊藤計劃の「虐殺器官」を読む予定。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)