トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊藤計劃

伊藤計劃

伊藤計劃さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

伊藤 計劃(いとう けいかく、本名伊藤 聡、1974年10月14日 - 2009年3月20日)は、日本のSF作家。武蔵野美術大学美術学部映像科卒。
2007年に、『虐殺器官』で作家デビューしてからわずか2年ほどで早逝したが、その処女作はゼロ年代日本SFのベストに挙げられている。
漫画家の篠房六郎と糸杉柾宏は大学時代からの後輩・先輩にあたる。
千葉八千代松陰高等学校を経て、武蔵野美術大学美術学部映像学科卒業。1999年、『ネイキッド』にてアフタヌーン四季賞 冬のコンテスト(選考者 かわぐちかいじ)佳作を受賞(四季賞CHRONICLE解説書 72頁より)。
2004年1月から「はてなダイアリー」にて映画・SF評論ブログを開始する。
Webディレクターの傍ら執筆した『虐殺器官』が、2006年第7回小松左京賞最終候補となり、ハヤカワSFシリーズ Jコレクションより刊行され、作家デビュー。同作は『SFが読みたい! 2008年版』1位、月刊プレイボーイミステリー大賞1位、日本SF作家クラブ主催の第28回日本SF大賞候補となる。
生前は、ゲームデザイナー小島秀夫の熱狂的なファンであった。学生時代にプレイした『スナッチャー』から小島の作品にのめりこみ、「小島原理主義者」「MGSフリークス」を自称するほどであった。特にメタルギアソリッドの二次創作を中心に手がけており、後にゲームの公式ノベライズを担当した。
相当なシネフィルとしても知られ、黒沢清の映画から受けた強い影響を度々口にしている。自身のサイトではナイン・インチ・ネイルズの全作品をレビューしたり、『機動戦士ガンダム』の設定の甘さへの批判をしばしば行っていた。贔屓の日本の映画監督では黒沢清、押井守を挙げている
全く同じ経緯でデビューした円城塔と共に、期待の新人として脚光を浴びるも、2009年3月、肺癌のため死去。
2009年12月6日、遺作となった『ハーモニー』で第30回日本SF大賞を受賞した。「特別賞」枠を除き、故人が同賞を受賞するのは初めてである。 2010年に同作の英訳版が出版され、アメリカでペーパーバック発刊されたSF小説を対象とした賞であるフィリップ・K・ディック賞の特別賞を受賞した。
約30枚の未完の原稿は絶筆として河出文庫の大森望責任編集『NOVA1』に収録。遺族から承諾を得て円城塔がこの原稿を引き継ぎ、2012年8月に『屍者の帝国』として刊行した。
長編の3部作品である『屍者の帝国』『ハーモニー』『虐殺器官』はアニメ映画化され、ノイタミナムービーとして順次劇場公開されている。また、『虐殺器官』については実写映画の公開も予定されている。

受賞歴

伊藤計劃関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

伊藤計劃関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

nananayin_04ぼくりりが伊藤計劃の虐殺器官って本が好きだって知って難しかったけど読んでみたらめちゃめちゃ面白くて、だからぼくりりは音楽だけじゃなくていろんな方面で影響された…寂しいな……
Pink_Lemonade_D伊藤計劃の『ハーモニー』初めて読んだ時ですかねミャハが好きすぎてボロボロ涙が #peing #質問箱 https://t.co/gE5YWbLCYn
sceneryof____@HaRu_RyO0301 同じ伊藤計劃シリーズで原作のハーモニー(映画はちょっと残念だった)と屍者の帝国オススメする。後者は原作と映画結構違うけど個人的にはどっちも好き。
Mifa_Ls7かつて人類には、怒りが必要だった。かつて人類には、喜びが必要だった。かつて人類には、哀しみが必要だった。かつて人類には、楽しみが必要だった。かつて、かつて、かつて。それは過ぎ去った環境と時代に向けられる弔いの言葉。伊藤計劃『ハーモニー』
jujuju_11115@__Shirahase 遠藤達哉さんは屋上探偵、伊藤計劃さんは虐殺器官の方ですね!長野まゆみさんは恥ずかしながら未見の方なので、まずはGoogle先生に聞きながらどんな作品を書かれているのか調べてみることにします!!質問に答えて頂きありがとうございました(о´∀`о)
__Shirahase@jujuju_11115 小説は長野まゆみ(初期は比喩のきらきさ、以後は透明感ある少年ホモ)、漫画家は遠藤達哉(TISTAは漫画のすべてが好き、月華美刃はラスボス推し)作品単体だと総領冬実のMARS(台湾のドラマが再現度高くてオ… https://t.co/2cACyl1ykq
efta_podia伊藤計劃の小説「虐殺器官」によると、現代の戦争において、勝敗を分けるのは兵器の性能や物量ではなく「広告」だ。戦争を回避するために憲法改正しようとか煽っている連中が、靡いている国民が未だに多数存在する現状、日本は戦う前からすでに負けている。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
伊藤計劃さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)