トップページ > 作家名一覧 > せから始まる作家名一覧 > 瀬戸内寂聴

瀬戸内寂聴

瀬戸内寂聴さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

瀬戸内 寂聴(せとうち じゃくちょう、1922年〈大正11年〉5月15日 - 2021年〈令和3年〉11月9日)は、日本の小説家、天台宗の尼僧。俗名:晴美(はるみ)。僧位は権大僧正。1997年文化功労者、2006年文化勲章。位階は従三位。学歴は徳島県立高等女学校(現:徳島県立城東高等学校)、東京女子大学国語専攻部卒業。元天台寺住職、同名誉住職。元比叡山延暦寺禅光坊住職。元敦賀短期大学(当時は敦賀女子短期大学)学長。徳島市名誉市民、京都市名誉市民、二戸市名誉市民。
作家としての代表作は、『夏の終り』『花に問え』『場所』など多数。1988年以降は『源氏物語』に関連する著作が多く、新潮同人雑誌賞を皮切りに、女流文学賞、谷崎潤一郎賞、野間文芸賞などを受賞した。
大正・昭和・平成・令和と4つの時代を生きた作家である。
徳島県徳島市塀裏町(現・幸町)の仏壇店(瀬戸内商店)を営む三谷豊吉・コハルの次女、三谷晴美として生まれる。体が弱く、本を読むのが好きな子供だった。後に父が従祖母・瀬戸内いとと養子縁組したため、晴美も徳島高等女学校時代に三谷から瀬戸内姓に改姓。
東京女子大学在学中の1942年に20歳で酒井悌(1913-1992 徳島市生)と見合いして婚約。1943年2月に結婚し、10月に夫の任地北京に渡る。1944年8月1日、女の子を出産。1945年6月夫が召集、8月終戦と共に帰宅。1946年、8月に一家3人で徳島に引き揚げ、夫の教え子の文学青年と不倫、夫に打ち明ける(晴美25歳 夫34歳 相手21歳)。1947年秋に一家3人で上京。
1948年に夫と3歳の長女を棄て家を出て京都で生活。大翠書院などに勤めながら、初めて書いた小説「ピグマリオンの恋」を福田恆存に送る。
1950年に正式に離婚(長女とは後年出家後に和解したという)。上京して本格的に小説家を目指し、かつての本名であった三谷晴美のペンネームで少女小説を投稿、『少女世界』誌に掲載され、三谷佐知子のペンネームで『ひまわり』誌の懸賞小説に入選。少女世界社、ひまわり社、小学館、講談社で少女小説や童話を書く。また丹羽文雄を訪ねて同人誌『文学者』に参加、解散後は『Z』に参加。

受賞歴

瀬戸内寂聴関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

瀬戸内寂聴関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

X3W3a4pyAQolhJK[大人の恋の名言]  「男女の恋の決算書はあくまでフィフティ・フィフティ。」 瀬戸内寂聴(日本の女性小説家、天台宗の尼僧 / 1922~)
rena0782別れの辛さに馴れることは決してありません。幾度繰り返しても、別れは辛く苦しいものです。それでも、私たちは死ぬまで人を愛さずにはいられません。それが人間なのです。 by 瀬戸内寂聴
bot_meikaku_人は所詮一人で生まれ、一人で死んでいく孤独な存在です。だからこそ、自分がまず自分をいたわり、愛し、かわいがってやらなければ、自分自身が反抗します。- 瀬戸内寂聴 -
fuzikotyasoアルバム発売決定! 「恋のヘキサゴン」「桃色の片思い」その他収録/瀬戸内寂聴
neropoco今日のお昼は、久しぶりに茂山狂言を観に金剛能楽堂へ。瀬戸内寂聴さん作「居眠り大黒」おもしろいお話しの中に、ちゃんと比叡山延暦寺の由来が織り込まれてるのが、さすが‼️2年ぶりに、ご当主に会員スタンプカードに判子押してもらい、対面… https://t.co/D2RfUAJSyO
t1ub1a自分が孤独だと感じたことのない人は、 人を愛せない。- 瀬戸内寂聴 -
imaodoikiru人生ってのは生きてみないとわからないんです。先のことは何が起こるかわからない。だから、人生は生きる甲斐があるのね。瀬戸内寂聴
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
瀬戸内寂聴さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)