トップページ > 公募ではない賞一覧 > 直木三十五賞(直木賞)

直木三十五賞(直木賞)

直木三十五賞(直木賞)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)は、大衆性を押さえた長編小説作品あるいは短編集に与えられる文学賞である。通称は直木賞。
上半期は前年12月1日~5月31日までに発表された作品が対象。候補作発表は6月中旬、選考会は7月中旬、贈呈式は8月中旬。
下半期は6月1日~11月30日までに発表された作品が対象。候補作発表は12月中旬、選考会は翌年1月中旬、贈呈式は2月中旬。

第148回2013年

受賞

受賞

候補

候補

候補

第147回2012年

受賞

候補

候補

候補

以前のデータ(全データ一括表示

直木賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2021.7.26 作家の読書道 第231回:佐藤究さん

    今年『テスカトリポカ』が山本周五郎賞と直木賞を受賞、注目を集める佐藤究さん。幼い頃はプロレスラーになりたかった福岡の少年が、なぜ本を読み始め、なぜ小説を書き始め、なぜ群像新人文学賞受賞後に江戸川乱歩賞で再デビューしたのか。そしてなぜ資本主義について考え続けているのか。直木賞発表前の6月、リモートでおうかがいしました。

  • 2021.7.14 第165回芥川賞は石沢麻依『貝に続く場所にて』、李琴峰『彼岸花が咲く島』、直木賞は佐藤究『テスカトリポカ』、澤田瞳子『星落ちて、なお』に決定!

    第165回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)が発表された。選考会は7月14日(水)、都内で開催され、「芥川龍之介賞」は石沢麻依『貝に続く場所にて』、李琴峰『彼岸花が咲く島』に、「直木三十五賞」は佐藤究『テスカトリポカ』、澤田瞳子『星落ちて、なお』に決定した。

  • 2021.6.25 作家の読書道 第230回:一穂ミチさん

    短篇集『スモールワールズ』が大評判となり、直木賞にもノミネートされている一穂ミチさん。文体も形式も人物造形も自在に操って読者の心を揺さぶる一穂さん、同人誌での二次創作からBL小説でプロデビュー、そこから一般文芸へと活動の場を拡張中。漫画も小説もノンフィクションも幅広いジャンルを読むなかで惹かれた作品とは? さらにはアニメや動画のお話も。リモートでたっぷりおうかがいしました。

直木三十五賞(直木賞)関連つぶやき

motomo63何度も時を超え次元を超え巡り合うふたりという、田中空先生の漫画『タテの国』のストーリーラインが刺さった方には直木賞作家恩田陸先生の小説『ライオンハート』が刺さる可能性が高いし逆も然り(言いたいだけ)(読んでくれの気持ちしかない)(ただただ個人的に好きなだけです)
raisen_bot2_qmaNo.148 次の作家と直木賞を受賞した作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒阿部牧郎―それぞれの終楽章、西木正明―凍える瞳、星川清司―小伝抄
yamairo21西区黒埼生まれの鷲尾雨工(わしおうこう・1892-1951)は、亡くなる迄に60作の小説を著し、昭和11年に第二回直木賞を受賞した小説家。平成7年に黒埼図書館の前庭に文学碑が建てられ、碑面には受賞作「吉野朝太平記」の原稿の冒頭が… https://t.co/34fUYpmHUO
gifuNAGARAriver「長良川」は直木賞を受賞しているゾ 作家は自分で調べるといいゾ
naoki_syou皮肉な運命を克明に追い、維新に身を投ぜんとする若者たちの情熱や不安、困惑を鮮やかに浮き彫りにした、二・二六事件のドキュメント・ノベル。直木賞受賞作『叛乱』立野信之
books703▼後巷説百物語 #京極夏彦文明開化の音がする明治十年。一等巡査の矢作らは、ある伝説の真偽を確かめるべく隠居老人・一白翁を訪ねた。翁は静かに、今は亡き者どもの話を語り始める。第130回 #直木賞 受賞作。妖怪時代小説の金字塔!
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)