トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 林真理子

林真理子

林真理子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

林 真理子(はやし まりこ、1954年〈昭和29年〉4月1日 - )は、日本の小説家、エッセイストである。有限会社林真理子企画事務所代表取締役。日本文藝家協会理事長、日本ペンクラブ会員、学校法人日本大学理事長。
山梨県山梨市出身、日本大学藝術学部文芸学科を卒業。
コピーライターとして活動の後、作家として1982年(昭和57年)に出版したエッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が、処女作にしてベストセラーとなった。さらに1986年(昭和61年)には、『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞を受賞し、小説家としての地位を確立した。林の功績は、 1980年代以降において、「ねたみ・そねみ・しっとを解放」したことであるとも評される。
2022年現在、直木賞のほか、講談社エッセイ賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞の各選考委員を務めている。

受賞歴

林真理子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2021.5.18 山本文緒さん受賞 「自転しながら公転する」 島清恋愛文学賞決定 金沢学院大が主催

    金沢学院大が主催する第27回島清(しませ)恋愛文学賞は17日、山本文緒さん(58)の「自転しながら公転する」(新潮社)に決まった。山本さんにとって7年ぶりの小説となり、「平凡な人々のほそぼそとした暮らしや、出会った人と手をつなぎ続ける困難さと素晴らしさを、また正面から描きたかった。ご評価いただきましたこと、心からうれしい」と喜びのコメントを寄せた。

  • 2020.10.22 林真理子氏のエッセイ連載回数がギネス世界記録に

    同氏が「週刊文春」(文藝春秋)で連載しているエッセイがこのほど、「同一雑誌におけるエッセイの最多掲載回数」としてギネス世界記録に公式認定された。

  • 2020.2.14 「小説現代」リニューアル復刊 毎号読み切りに

    月刊小説誌「小説現代」(講談社)がリニューアル復刊し、22日に刊行される。休刊した雑誌は事実上廃刊となるケースが多く、約1年半のブランクを経て復刊されるのは珍しい。長編小説の一挙掲載を軸に、短編小説、エッセー、対談、特集企画など、すべての企画を毎号読み切りとする。雑誌の電子化が進む中で「紙の小説誌を読んでもらうために何をすべきかを考えた結果、読者に興味を持った号から手にとってもらえる読み切りスタイルにした」(塩見篤史編集長)という。

林真理子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

honki_copy_botつくりなが、つくろいながら、くつろいでいる。 (西武ストア/1981/林真理子)
kopmvしたことの後悔は、日に日に小さくすることが出来る。していないことの後悔は、日に日に大きくなる。作家、林真理子さんの言葉です。
_Diet_Fight_Bot自分の美しさには自分にすべて責任があるんです林真理子(小説家)
deep_green688自分の美しさは自分にすべて責任があるんです【林真理子】
breakthrough_jp「女というものは、他の女を口説いた男のことは絶対に憎まない。それよりも男から口説かれた女のことを激しく憎むのである。(林真理子)
oonodaやってしまったことの後悔は日々小さくなるが、やらなかったのことの後悔は日々おおきくなる(小説家 林真理子さま)
unbonvinblanc@4im8hJV7aYKpppY 同じくです。上野先生いい言葉や。林真理子理事長もいい仕事をしはる…と思ったらこの取材は5月で理事長就任前なのですね。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    林真理子さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)