トップページ > 作家名一覧 > にから始まる作家名一覧 > 西尾維新 > 戯言

戯言(西尾維新)

戯言(著者:西尾維新)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)
  • 著者:西尾 維新
  • イラストレーター:take
  • ページ数:384
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4061822330
  • ISBN-13:9784061822337

西尾維新新刊

  • 発売日
    2019年1月17日
  • 書名
    化物語(4) (週刊少年マガジンコミックス)
  • 発売日
    2019年1月17日
  • 書名
    化物語 特装版(4) (週刊少年マガジンコミックス)
  • 発売日
    2019年1月16日
  • 書名
    掟上今日子の推薦文 (講談社文庫)

戯言関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.7.5 作家・西尾維新、言葉紡いだ15年 原点の京都で展覧会

    「京都の二十歳」として出現し、独自の作品世界と驚異的な速筆で活躍する小説家の西尾維新。デビュー15周年を記念する展覧会「西尾維新大辞展~京都篇(へん)~」(展覧会公式サイト http://exhibition.ni.siois.in/別ウインドウで開きます)が7日、京都市の京都文化博物館で開幕します。会場を一冊の辞典に見立て、作品に登場するフレーズやアニメーション原画などの展示で、100冊を超える著作の魅力を紹介。作家その人に、展覧会への思いや執筆秘話を聞きました。

  • 2016.5.6 西尾維新「戯言シリーズ」アニメ化 未電子化作品も続々配信

    「〈物語〉シリーズ」などで知られる作家・西尾維新氏のデビューシリーズ「戯言シリーズ」のアニメ化と、未電子化作品を毎週1作品以上30週以上にわたって連続新配信していくデジタルプロジェクトが6日、講談社より発表された。

  • 2015.10.27 『掟上今日子の備忘録』で明らかになった西尾維新、もうひとつの魅力―ミステリー作家への原点回帰

    西尾維新氏は2002年にデビューを果たした時点ですでに人気作家の階段をのぼりはじめ、そして、今現在も人気作家であり続ける息の長い作家である。とは言っても、彼自身は未だ若い。デビューした時点でわずか20歳だったわけだからそれも当然のことだ。

西尾維新のその他受賞歴(候補含む)

戯言関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kiss_shot18【定期】 西尾維新さんの大ファンです。 物語シリーズ/刀語/戯言シリーズ/人間シリーズ/世界シリーズ/りすか/難民探偵/少女不十分/伝説シリーズ など
sisi1026【定期】西尾維新さんの本を愛してます。戯言、人間、世界、刀語、物語等々ほとんどの本は読んでます
rider_nekono西尾維新の本も昔の方が愚神礼賛《シームレスバイアス》、自殺志願《マインドレンデル》とか聞いただけで圧倒的ワクワク感を感じるネーミングセンスしてた説有る。戯言スピンオフの零崎一賊が主に異能バトルするやつ面白かった。あれは00年代を生きた陰キャの青春
shimesuhenn【拡散希望】ボカロ/西尾維新/化物語/戯言/人間/めだか/刀語/ジャンプ系/マガジン系/もやしもん/荒川/日常←ひとつでも趣味があったらフォローミー(´∀`*)絶対リフォローしまーす。(^^♪
fanzeru一巻一巻が国語辞典カバーに収まりそうな西尾維新先生の伝説シリーズを最近2巻まで読み終えたんだけど、主要人物が9.5割方死ぬし物語が進行する度に後退するしで話が進まない‥戯言シリーズの『ぼく』君の方がまだ人生かしてたよ いっそ新兵器… https://t.co/GfmODpq20J
nisioxoxo000【定期】西尾維新大好きです。人間シリーズ、戯言シリーズ、りすかシリーズ、伝説シリーズ、君僕シリーズ、ニンギョウがニンギョウ、難民探偵、全部全部大好きですっ、西尾維新さんが私の全てっっっっっ!!!!!!←
Enemys_AUC戯言シリーズ/西尾維新とにかく言葉遊びが面白い。途中ミステリから異能バトルものに変化したがどっちも好き。私がなりきりやRP沼に落ちるきっかけになった作品でうちの子に多大な影響を与えており、殺人鬼や異常者という属性を魅せてくれる。葵井の最後のメッセージの意味が未だに分からない。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)