トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森見登美彦 > 有頂天家族

有頂天家族(森見登美彦)

有頂天家族(著者:森見登美彦)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:有頂天家族
  • 著者:森見 登美彦
  • ページ数:357
  • 出版社:幻冬舎
  • ISBN-10:4344013840
  • ISBN-13:9784344013841

森見登美彦新刊

  • 発売日
    2018年8月26日
  • 書名
    有頂天家族
  • 発売日
    2018年6月15日
  • 書名
    ペンギン・ハイウェイ (角川つばさ文庫)
  • イラストレーター
    ぶーた

有頂天家族関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

森見登美彦のその他受賞歴(候補含む)

有頂天家族関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

amaebooksale有頂天家族 二代目の帰朝 (幻冬舎文庫) (森見登美彦) が、Kindleストアで375円値下げされて4ポイント付いて395円(53%OFF)、4ポイント還元になりました。https://t.co/jEJldLZFsr
modokitokidoki原作森見登美彦って、有頂天家族だよなぁ…て思ったら、四畳半も夜は短しもそうじゃん!って納得した、そんなかんじのストーリーだった
ritonotori2「過去は振り返らぬと決めたのです」「いけない狸だわ。反省なさい」/森見登美彦『有頂天家族』
BotHakase桎梏【しっこく】人の行動を厳しく制限して自由を束縛するもの。「この世にサヨナラするタイミングを逸した長老たちは化ける力も失っているが、狸という桎梏から解き放たれて小さな毛玉ライフをエンジョイしている/有頂天家族(森見登美彦)」《「桎」は足かせ、「梏」は手かせの意》
mugibook「有頂天家族 二代目の帰朝」を読んでいます。狸たちが主人公のため随所に散らばった言い回しがとても好きです笑森見登美彦さんの本はクスッと微笑んでしまう描写が多く楽しんで読めます。
sekiseiword次兄の全身で阿呆の血が沸き返るのが分かった。心臓の鼓動を聞く思いがした。「面白きことは良きことなり!」高らかな次兄の宣言に、私と弟も唱和した。/森見登美彦「有頂天家族」
himeya915【定期】現在の好き傾向:アニメ/YOI、幼女戦記、BLAME!、シドニアの騎士、夜は短し歩けよ乙女、有頂天家族 ゲーム/PSO2、女神転生、艦これ 漫画/人形の国、四十七大戦、憂国のモリアーティ 小説/海外ハードSF、森見登美彦、江戸川乱歩他
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)