トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 細雪

細雪

細雪さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

細雪』(ささめゆき)は、谷崎潤一郎の長編小説。1936年(昭和11年)秋から1941年(昭和16年)春までの大阪の旧家を舞台に、4姉妹の日常生活の悲喜こもごもを綴った作品。作品の主な舞台は職住分離が進んだため住居のある阪神間(職場は船場)であるが、大阪(船場)文化の崩壊過程を描いている。
谷崎潤一郎の代表作であり、三島由紀夫をはじめ、多くの小説家・文芸評論家から高く評価され、しばしば近代文学の代表作に挙げられる作品である。『細雪』は昭和天皇にも献本され、天皇自身は通常文芸作品を読まないが、この作品は全部読了したと谷崎は聞いたという。
谷崎は第二次世界大戦中の1941年(昭和16年)に谷崎潤一郎訳源氏物語(旧訳)を完成させ、1942年(昭和17年)9月下旬には山梨県南都留郡勝山村(現在の富士河口湖町勝山)の河口湖湖畔にある富士ビューホテルに滞在しており、その滞在中の様子をモチーフとした場面が『細雪』下巻に描かれている。
1943年(昭和18年)、月刊誌『中央公論』1月号と3月号に『細雪』の第1回と第2回が掲載された。夫人の松子、義姉、義妹たち4姉妹の生活を題材にした大作だが、軍部から「内容が戦時にそぐわない」として6月号の掲載を止められた。
谷崎はそれでも執筆を続け、1944年(昭和19年)7月には私家版の上巻を作り、友人知人に配ったりしていたが、それも軍により印刷・配布を禁止された。中巻(544枚)も完成したが出版できなかった。疎開を経て、終戦後は京都の鴨川べりに住まいを移し、1948年(昭和23年)に作品を完成させた。
戦後に発表が再開されたものの、今度はGHQによる検閲を受け、戦争肯定や連合国批判に見える箇所などの改変を余儀なくされた。それらの過程を経た『細雪』全巻の発表経緯を以下にまとめる。
*1943年(昭和18年)
**上 - 『中央公論』1月号、3月号
*1944年(昭和19年)
**私家版『細雪 上巻』(非売品)を7月に刊行。
*1946年(昭和21年)
**『細雪 上巻』を6月に中央公論社より刊行。
*1947年(昭和22年)
**『細雪 中巻』を2月に中央公論社より刊行。
**下 - 『婦人公論』3月号-12月号
1948年(昭和23年)
**下 - 『婦人公論』1月号-10月号
**『細雪 下巻』を12月に中央公論社より刊行。
*1949年(昭和24年)
**『細雪 全巻』を12月に中央公論社より刊行。
『細雪』はベストセラーとなり、谷崎は毎日出版文化賞(1947年)や朝日文化賞(1949年)を受賞した。
1950年代に、英語(The Makioka Sisters(英語))に翻訳、アメリカで出版されたことを皮切りに、世界各国でも出版されており、スロベニア語・ドイツ語・イタリア語・中国語・スペイン語・ポルトガル語・フィンランド語・ギリシャ語・フランス語・セルビア語・ロシア語・韓国語・オランダ語・チェコ語・トルコ語に翻訳されている。
なお、作中には年号の表記が出てこないが、作中で四季の移り変わりと、阪神間を襲った大きな気象災害(土砂災害)が克明に描かれているため、この作品は日中戦争勃発の前年1936年(昭和11年)秋から日米開戦の1941年(昭和16年)春までのことを書いているとされている。
;『細雪』の舞台となった場所
#兵庫県武庫郡住吉村(現・神戸市東灘区)の谷崎の旧邸は、保存運動がNPO法人「谷崎文学友の会」と地元住民によって進められ、六甲ライナー建設による移築保存を1990年(平成2年)に成しとげ、「倚松庵」と名づけられている。
#岐阜県不破郡垂井町表佐地区(業平川)が5月下旬から6月中旬にかけての「蛍狩り」の舞台である。同町で谷崎が執筆する為に使用した「爛柯亭」は現在同県郡上市へ移築されている。

受賞歴

細雪関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

細雪関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kazasasayu細雪❄️侑にちょっかい掛けるの好きすぎていつもしっぽ齧ってる https://t.co/1VPBSiLMTw
moshashaaan@tikipi ほんと細かいところまで美しい。そして、当時の俳優さんたちがみんな魅力的だよね。岸惠子さんは、細雪もすてきだったな。観る度に思い出すが、明菜ちゃんの歌は映画では流れないんだね…。
unkorin和楽器バンドの細雪好きなんよなあ
kindaibungaku021.【谷崎潤一郎】強烈な美意識で女性美を追求し、『刺青』『痴人の愛』といった官能的な小説を発表した。後に古典へと回帰し『源氏物語』の現代語訳を脱稿したのち『細雪』を書いた。
tiholizigyz【第5決勝問題】谷崎潤一郎の小説「細雪」、オルコットの小説「若草物語」、映画「姉妹坂」。さて、主人公の女性全部で何人?<正解:12人> #kouQ
you_moon_z@snowyraimu 細雪さん、ありがとうございます
gajumalpop@morrigan1216 @lEchjVUwx5scJ3t いい!!細雪してる凛とした右京が見える
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
細雪さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)