トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 大江健三郎

大江健三郎

大江健三郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

大江 健三郎(おおえ けんざぶろう、1935年1月31日 - )は、日本の小説家。昭和中期から平成にかけて活躍した現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。1994年ノーベル文学賞受賞。
愛媛県出身。
東京大学文学部フランス文学科卒。大学在学中の1958年、短編「飼育」により当時最年少の23歳で芥川賞を受賞。サルトルの実存主義の影響を受けた作家として登場し、戦後の青年の閉塞感を描き、新鋭作家と目された。1967年、代表作とされる『万延元年のフットボール』により最年少で谷崎賞を受賞。現代文学の旗手と位置づけられるようになる。
その後、バシュラールの想像力論やバフチンやロシア・フォルマリズムの理論などを参照しながら独自の文学を作り上げていく。核兵器や国家主義などの社会・政治的な問題、知的障害者である長男(作曲家の大江光)との共生の体験、故郷である四国の森の谷間の村の歴史や伝承、夥しい読書から導かれた世界観、これらの主題を重ね合わせた作品世界を作り上げた。
1994年、日本文学史上において2人目のノーベル文学賞受賞者となった。
主な作品に『芽むしり仔撃ち』『個人的な体験』『万延元年のフットボール』『同時代ゲーム』『新しい人よ眼ざめよ』『懐かしい年への手紙』『取り替え子(チェンジリング)』など。
戦後民主主義の支持者として社会参加の意識が強く、国内外における問題や事件への発言を積極的に行っている。

大江健三郎新刊

  • 発売日
    2019年9月12日
  • 書名
    大江健三郎全小説 第13巻 (大江健三郎 全小説)
  • 発売日
    2019年8月11日
  • 書名
    大江健三郎全小説 第12巻 (大江健三郎 全小説)
  • 発売日
    2019年7月12日
  • 書名
    大江健三郎全小説 第11巻 (大江健三郎 全小説)

受賞歴

大江健三郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

大江健三郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ukku1102今さっき大江健三郎『個人的な体験』 を読み終わった。この反応が合ってるのかわからないけど、声を上げて大泣きした。しくしくじゃなくてうおーんって。今までこの小説を読んでなかったのも勉強が足りなかったけど、今この歳に読んで良かったのかもしれない。衝撃的だったし、救いもあった #読書
forzaokino@taketoko0822 @live19 いろんなミュージシャンにお会いしたけどサイン頂いたのは吉田美奈子さんだけなんよ。作家さんは大江健三郎さんと北杜夫さんから頂いたけどね。
nikolaj82572678大江健三郎の初期作品のような光景が、共通テストの記述問題の採点者の間で起こるわけだな。
Ghinyushijin「明治維新以来、森鴎外や夏目漱石から、現代の大江健三郎や村上春樹に至るまで、日本文学の底流の普遍的なテーマは、西欧化が要求する独立した個の確立と、それを忌避する社会やその延長線としての家族、あるいは私たち自身に内在する他者依存の遺伝子との葛藤ではなかったのか?」
Tsuka_flamenco大江健三郎という作家がどんな歩み方をしているのかということも気になった。適当なことばかり思いついてしまって、僕はあまりよい読み手ではないな。
ADC72264★あいまいな日本の私★大江健三郎著★ノーベル賞★送料無料★迅速発送★帯付き★ https://t.co/kkBs1CsyCt #ヤフオク
eku1217次に読む小説たち三島由紀夫「青の時代」谷崎潤一郎「春琴抄」大江健三郎「個人的な体験」大江健三郎「性的人間」 https://t.co/xqGiHCsxvV
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
大江健三郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)