トップページ > 公募新人賞一覧 > 電撃大賞

電撃大賞

電撃大賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

  • 応募締切:4月10日
  • ジャンル:ライトノベル
  • 枚数:1ページ40文字×34行の書式で〔長編〕 80~130枚/〔短編〕15~30枚
  • 賞品/賞金:大賞 100万円/金賞 50万円/銀賞 30万円
  • 選考委員:高畑京一郎時雨沢恵一/佐藤竜雄 /荒木美也子(アスミック・エースエンタテインメント株式会社企画・製作事業本部プロデューサー/鈴木一智 (アスキー・メディアワークス取締役・第2編集部 統括編集長)/徳田直巳 (電撃文庫・電撃文庫MAGAZINE編集長)/佐藤達郎 (メディアワークス文庫編集長)
  • 発表:10月上旬
  • 主催:アスキー・メディアワークス
  • ファンタジー、SF、ミステリー、恋愛、歴史、ホラーほかジャンルを問いません。メディアワークス文庫賞/電撃文庫MAGAZINE賞もあり。
  • 公式サイト:http://asciimw.jp/award/taisyo/
  • 電撃大賞を検索する  
    ニュース / つぶやき
    Amazon / カーリル(図書館検索) / 読書メーター
    Wikipedia / Google / Twitter

Wikipediaによる概要

電撃大賞(でんげきたいしょう)は、1994年10月から2015年3月28日まで文化放送 (QR) をキー局にラジオ大阪 (OBC) ・東海ラジオ (SF) で放送されていたアニラジ(アニメ関連のラジオ番組)シリーズである。
本項では前身番組『電撃大賞クリス・クロス(でんげきたいしょうクリスクロス)』、『電撃大作戦(でんげきだいさくせん)』についても述べる。
なおここでは便宜的に、番組の特定の時期を示すのにパーソナリティの名を冠して「○○時代」という用語を使うが、公式の用語ではない。

第19回2012年(応募総数:6078)

参考情報:結果発表(pdf)

大賞

メディアワークス文庫賞

電撃文庫MAGAZINE賞

選考委員奨励賞

第18回2011年(応募総数:5293)

参考情報:結果発表

メディアワークス文庫賞

メディアワークス文庫賞

電撃文庫MAGAZINE賞

選考委員奨励賞

第17回2010年(応募総数:4842)

参考情報:結果発表

大賞

メディアワークス文庫賞

メディアワークス文庫賞

メディアワークス文庫賞

電撃文庫MAGAZINE賞

以前のデータ(全データ一括表示

電撃大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

電撃大賞関連つぶやき

Imamiya1038ハッシュタグを付けてツイートしながらラジオ聞いてたら3年前?4年前?の電撃大賞思い出した。
grbrori電撃大賞ってシリーズ化やアニメ化をゴールにして意識してんのかなーと思った
gen_fu_kei電撃小説大賞への応募はしませんでした。文量は足りていたのですが、時間に追われて後半はすごく雑になってしまい、自分でもそれに納得できなかったので、今回は断念しました。短編なので加筆し長編として、なろうもしくは新人賞に出そうと思っています。
ecnonokris『文芸漫談 笑うブンガク入門』に手を付け始めた。午後からちょっと気合が入ってるのは大分そのせい。模倣で成り立たせる作品を恥じる必要はない、か。個人的には沁みる言葉だけど、その言葉を鵜呑みにしたどっかの誰かさんが電撃で大賞取っちゃってたっけなあ。
kurari_koyu電撃小説大賞、応募しました!新作は間に合わなかったので、「金貸し魔剣王のギルド日誌」を改稿しての応募に!できれば、今たたかっている拙作を応援してください!
jailhouserock22おおまにさん『ワクチン接種を受けた者たちがインフルで死んだり、不妊症になっている―メディアは報道管制 』インフルのワクチンに水銀?ワクチン会社さん、事実と異なるなら削除要求したほうがいいよ。ハリル監督が電撃復帰して本田圭佑を永久追… https://t.co/DdvyaA23i5
kuromaku125電撃大賞選考落ちたときの傷心旅行をもう決めてるから、通過したらやったね!みたいなスタンスを毎回とってる(※今回はFGO脱出がそれです)
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)