トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 京極夏彦 > 姑獲鳥の夏

姑獲鳥の夏(京極夏彦)

姑獲鳥の夏(著者:京極夏彦)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:姑獲鳥の夏 (講談社ノベルス)
  • 著者:京極 夏彦
  • ページ数:430
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4061817981
  • ISBN-13:9784061817982

京極夏彦新刊

  • 発売日
    2018年12月22日
  • 書名
    虚実妖怪百物語 序 (角川文庫)
  • 発売日
    2018年12月22日
  • 書名
    虚実妖怪百物語 破 (角川文庫)
  • 発売日
    2018年12月22日
  • 書名
    虚実妖怪百物語 急 (角川文庫)

姑獲鳥の夏関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

京極夏彦のその他受賞歴(候補含む)

姑獲鳥の夏関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Kar98k_Ken2@yukikazesakura 次は是非とも京極夏彦氏の『姑獲鳥の夏』を
Do43018890京極夏彦さんの小説好きなんだけどハマったきっかけが姑獲鳥の夏の最初の辺りの「潤う。」って一語が刺さって以来だからそういうのほしいよね
orokanadoukeshiちょっと家にある本確認してみたけど、綾野ことこ『ツルネ 風舞高校弓道部』(KAエスマ文庫)、京極夏彦『分冊文庫版 姑獲鳥の夏 下』(講談社文庫)、新田次郎『新装版 武田勝頼 (三) 空の巻』(講談社文庫)、佐藤賢一『カポネ 下』(… https://t.co/ZymVn3po42
yokaigakutan京極夏彦の『姑獲鳥の夏』に始まる憑き物落としシリーズは、文体が独特で長くて使用語彙が難しくて内容も難しい。しかしとても面白いからおすすめだぞ。私も全ての内容を理解したわけではないのだがな。
kogamystery京極夏彦を分厚いと避けていた常守が最近、「姑獲鳥の夏は薄いですね」と言い出した。計画通り
kurikara_book京極夏彦の『百鬼夜行シリーズ』は、妖怪と推理小説が好きな奴は読んでみるといい。ただ、このシリーズは長編だ。一冊がかなり厚いせいか、通称「鈍器」と呼ばれている。一作目の『姑獲鳥の夏』はそんなに長くないからまずこれを読め。気に入ればその先も読むといい。俺が好きなのは『魍魎の匣』だ。
frogchan_京極夏彦先生の姑獲鳥の夏メッチャ好きなので全人類読め
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)