トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松本清張

松本清張

松本清張さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

松本 清張(まつもと せいちょう、1909年(明治42年)12月21日 - 1992年(平成4年)8月4日)は、日本の小説家。
1953年に『或る「小倉日記」伝』で芥川賞を受賞。以降しばらく、歴史小説・現代小説の短編を中心に執筆した。1958年には『点と線』『眼の壁』を発表。これらの作品がベストセラーになり松本清張ブーム、社会派推理小説ブームを起こす。
以後、『ゼロの焦点』『砂の器』などの作品もベストセラーになり戦後日本を代表する作家となる。その他、『かげろう絵図』などの時代小説を手がけているが、『古代史疑』などで日本古代史にも強い関心を示し、『火の路』などの小説作品に結実した。
緻密で深い研究に基づく自説の発表は小説家の水準を超えると評される。また、『日本の黒い霧』『昭和史発掘』などのノンフィクションをはじめ、近代史・現代史に取り組んだ諸作品を著し、森鴎外や菊池寛に関する評伝を残すなど、広い領域にまたがる創作活動を続けた。

“せいちょう”はペンネームで、本名は、“きよはる”と読む。
音読みのペンネームは小説家の中山義秀(「なかやまぎしゅう」、本名の読みは「よしひで」)に倣ったもの。もっとも清張は、「ぎしゅう」が本名であると勘違いをしていた。
編集者は、1950年代中盤まで清張を「きよはる」と読んでいた。

松本清張新刊

  • 発売日
    2019年9月11日
  • 書名
    翳った旋舞: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫)
  • 発売日
    2019年8月6日
  • 書名
    昭和史発掘 特別篇 (文春学藝ライブラリー)
  • 発売日
    2019年8月6日
  • 書名
    昭和史発掘 特別篇 (文春学藝ライブラリー)

受賞歴

松本清張関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

松本清張関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tnemo987@Tonojie 近現代の出来事をネタに書かれた小説、無闇に面白いんだけど取材相手が偏ってて大抵でたらめですよねw 司馬遼太郎、城山三郎、山崎豊子、松本清張、etc・・・
GEORGIAddict会話に出て来たので村上春樹。僕にしては珍しいジャンルです。好むのは江戸川乱歩に松本清張に、えーと、えーと…
miyosan999みうらじゅんさんの松本清張ファンブック 清張地獄八景を読んでいる。あー面白い。清張さんの話の中に出てくる男性は地位を得てお金が増えると次は女(愛人)を持ちたくなって、大概失敗する。ホントに地獄というか上手いホラー話ですよね。
sefu_uzgpxi_mtm※オフパコ募集中の人気情報 [石川県 松本清張歌碑]名前=悠紀さん♂(38)職業=銀行員趣味=スポーツ観戦★アイマス好きな平野紫耀似の人も使用中■9月19日21:01に書込されたエッチなセフレ情報はプロフ欄URLか… https://t.co/wbrkVdaRxa
R_u_0725@quappael 松本清張は小説には死人のような冷静で達観した目がいるといいましたし
bluewebosigoto50代から本領を発揮した偉人その⑦松本清張。貧困で大家族の中に育った清張は朝日新聞広告部に勤めるかたわら、41歳で直木賞候補、その後芥川賞を受賞。82歳で亡くなるまでに人生の後半部分で1000篇もの作品を書き上げ、社会派推理小説のジャンルを確立した。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
松本清張さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)