トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松本清張

松本清張

松本清張さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

松本 清張(まつもと せいちょう、1909年(明治42年)12月21日 - 1992年(平成4年)8月4日)は、日本の小説家。
1953年に『或る「小倉日記」伝』で芥川賞を受賞。以降しばらく、歴史小説・現代小説の短編を中心に執筆した。1958年には『点と線』『眼の壁』を発表。これらの作品がベストセラーになり松本清張ブーム、社会派推理小説ブームを起こす。以後、『ゼロの焦点』『砂の器』などの作品もベストセラーになり戦後日本を代表する作家となる。その他、『かげろう絵図』などの時代小説を手がけているが、『古代史疑』などで日本古代史にも強い関心を示し、『火の路』などの小説作品に結実した。緻密で深い研究に基づく自説の発表は小説家の水準を超えると評される。また、『日本の黒い霧』『昭和史発掘』などのノンフィクションをはじめ、近代史・現代史に取り組んだ諸作品を著し、森鴎外や菊池寛に関する評伝を残すなど、広い領域にまたがる創作活動を続けた。

“せいちょう”はペンネームで、本名は、“きよはる”と読む。
音読みのペンネームは小説家の中山義秀(「なかやまぎしゅう」、本名の読みは「よしひで」)に倣ったもの。もっとも清張は、「ぎしゅう」が本名であると勘違いをしていた。
編集者は、1950年代中盤まで清張を「きよはる」と読んでいた。

松本清張新刊

  • 発売日
    2018年10月10日
  • 書名
    湖底の光芒: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)
  • 発売日
    2018年9月11日
  • 書名
    花氷: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫)
  • 発売日
    2018年8月8日
  • 書名
    殺人行おくのほそ道(上): 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)

受賞歴

松本清張関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

松本清張関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tsukasa20020625Jazz up : 横溝正史VS松本清張 鎌倉で12月16日まで特別展 https://t.co/SuiICPeFUe https://t.co/Ecu4eU2sqV
fuekona1025旅行中でも時刻表とにらめっこ翌日にはルート変更❕なんて事もありますからね(笑)
golubayavenera@sukekiyo_fever 青空文庫にあるものでしたら、チェーホフの「ねむい」とかが松本清張のノリにあっているかもしれません(狂気に陥る様子が) 気になるジャンルとか作家とかいますかね?
goto_40映画 疑惑桃井かおり、岩下志摩が共演。悪女役がピッタリの桃井、知的でクールな弁護士が似合う岩下。松本清張原作の社会派サスペンス。マスコミ、検察などが既成事実を作っていこうとするが、実はそれが違っていたというシナリオ。常識にとらわれず疑いの目を持ちたい。
bx4jwR3EWAHROAt【ミステリ-特集】 私が考えた2本立 全て映画館で見た江戸川乱歩   江戸川乱歩全集・恐怖奇怪人間、江戸川乱歩の陰獣横溝正史    犬神家の一族1976、八つ墓村1977松本清張(松竹)  砂の器、天城越え松本清張(東宝)… https://t.co/qtYRXcR0vc
underfirejg「疑惑」Amazonプライム・ビデオで鑑賞。松本清張の原作はかなり前に読んだが、映像化は初鑑賞。事件の展開よりも、桃井かおりvs岩下志麻の演技対決が面白過ぎ。両者共見事な貫禄で、生き方違えど女の迫力を体現。この2人の前では、ミステ… https://t.co/mLUyGHmro2
51131063400恒例の紅葉のライトアップを見て来た。毎年思うが、ここはやたら不倫カップル風な人々を見かける。松本清張気分だぜ。#紅葉 #ライトアップ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
松本清張さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)