トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松本清張

松本清張

松本清張さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

松本 清張(まつもと せいちょう、1909年〈明治42年〉12月21日 - 1992年〈平成4年〉8月4日)は、日本の作家。
1953年に『或る「小倉日記」伝』で芥川賞を受賞。以降しばらく、歴史小説・現代小説の短編を中心に執筆した。1958年には『点と線』『眼の壁』を発表。これらの作品がベストセラーになり松本清張ブーム、社会派推理小説ブームを起こす。
以後、『ゼロの焦点』『砂の器』などの作品もベストセラーになり戦後日本を代表する作家となる。その他、『かげろう絵図』などの時代小説を手がけているが、『古代史疑』などで日本古代史にも強い関心を示し、『火の路』などの小説作品に結実した。
緻密で深い研究に基づく自説の発表は小説家の水準を超えると評される。また、『日本の黒い霧』『昭和史発掘』などのノンフィクションをはじめ、近代史・現代史に取り組んだ諸作品を著し、森鴎外や菊池寛に関する評伝を残すなど、広い領域にまたがる創作活動を続けた。

“せいちょう”はペンネームで、本名は、“きよはる”と読む。
音読みのペンネームは小説家の中山義秀(「なかやまぎしゅう」、本名の読みは「よしひで」)に倣ったもの。もっとも清張は、「ぎしゅう」が本名であると勘違いをしていた。
編集者は、1950年代中盤まで清張を「きよはる」と読んでいた。

松本清張新刊

  • 発売日
    2020年3月12日
  • 書名
    霧の会議 (下): 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)
  • 発売日
    2020年2月5日
  • 書名
    霧の会議 (上): 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫)
  • 発売日
    2020年1月10日
  • 書名
    人間水域 (祥伝社文庫)

受賞歴

松本清張関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

松本清張関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

noji2207松本清張の小説「点と線」に登場したビアホール「レバンテ」の経営会社が破産(東京商工リサーチ) - Y!ニュース#Yahooニュースアプリ https://t.co/WEAeZUGac0
yorokoboujinsei人間には、先入主観が気づかぬうちに働きまして、そんなことはわかりきったことだと素通りすることがあります。これが怖いのです。by 松本清張「点と線」
MariYukikoまあ、そうでしょうね……松本清張先生が生きてらしたら、高級官僚と絡めて、絶対、小説にしたはずです。 https://t.co/r3phVhxAHA
stocktrain2有楽町の老舗ビアレストラン「レバンテ」の運営会社が破産手続き開始決定。松本清張の「点と線」などの舞台にもなった。
garaguda日本におけるビア&レストランの草分け的存在で、小説家 松本清張の「点と線」をはじめとして数々の小説等の舞台となった『レバンテ』の経営会社が破産。https://t.co/y48HrB2Qnd
9CtEZWjXqTRfU3i@NoHearto しゅらクン砂の器上・下読み始めましたよ。松本清張は、やっぱり凄いですね。至極の名作です❤️
TSR_NEWS【TSR速報】(株)レバンテ ~松本清張の小説「点と線」の作中に登場~ https://t.co/fdjqRd60gM #レバンテ #松本清張 #点と線 #破産 #東京商工リサーチ https://t.co/i5D4rD4XpI
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
松本清張さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)