トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松本清張

松本清張

松本清張さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

松本 清張(まつもと せいちょう、1909年(明治42年)12月21日 - 1992年(平成4年)8月4日)は、日本の小説家。
1953年に『或る「小倉日記」伝』で芥川賞を受賞。以降しばらく、歴史小説・現代小説の短編を中心に執筆した。1958年には『点と線』『眼の壁』を発表。これらの作品がベストセラーになり松本清張ブーム、社会派推理小説ブームを起こす。以後、『ゼロの焦点』『砂の器』などの作品もベストセラーになり戦後日本を代表する作家となる。その他、『かげろう絵図』などの時代小説を手がけているが、『古代史疑』などで日本古代史にも強い関心を示し、『火の路』などの小説作品に結実した。緻密で深い研究に基づく自説の発表は小説家の水準を超えると評される。また、『日本の黒い霧』『昭和史発掘』などのノンフィクションをはじめ、近代史・現代史に取り組んだ諸作品を著し、森鴎外や菊池寛に関する評伝を残すなど、広い領域にまたがる創作活動を続けた。

“せいちょう”はペンネームで、本名は、“きよはる”と読む。
音読みのペンネームは小説家の中山義秀(「なかやまぎしゅう」、本名の読みは「よしひで」)に倣ったもの。もっとも清張は、「ぎしゅう」が本名であると勘違いをしていた。
編集者は、1950年代中盤まで清張を「きよはる」と読んでいた。

松本清張新刊

  • 発売日
    2019年4月11日
  • 書名
    高台の家: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)
  • 発売日
    2019年2月8日
  • 書名
    火と汐 (文春文庫)
  • 発売日
    2019年2月8日
  • 書名
    中央流沙: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫)

受賞歴

松本清張関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

松本清張関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

PochiWeedいやー、久しぶりの横浜で、近代文学館で、しかも松本清張企画展で...楽しみすぎたわ(*´ω`*)まさか4時までおるとか思わなんだwwラリーが...ラリーが回れんwwしかも中華街でお腹一杯やし。。。
tomorinn102477南禅寺の広い敷地にあるクラシカルなレンガ造りのアーチ橋、水路閣。数々のサスペンスドラマにも登場しています。水路閣は私の好きな作家、松本清張氏のドラマにも出ているので、南禅寺に来たら水路閣は必ず写真に収めています
PeCaSweets_bot東京の豆大福御三家といえば・瑞穂:塩気の赤エンドウがアクセント,こしあんを使った豆大福.表参道のお店.・群林堂:三島由紀夫や松本清張など多くの文豪が訪れた歴史ある護国寺のお店・松島屋:昭和天皇が好んで食べたという小ぶりながら食べ応え抜群の高輪のお店.
kodokunishisuストロベリーナイトサーガってほんまにつまらん 同じ話をキャスト変えて連ドラでやるって原作松本清張ならまだしも話他にもあるやろ 姫川は竹内結子だし菊田は西島秀俊超えられない 好きだった竹内版OP音楽も変わってる…思たら林ゆうきさんは… https://t.co/FvawGHjQvj
JoymanReedfield創共合体、となると、松本清張を思い出しますなあ…。 https://t.co/IllGK6kJDK
liferens有馬稲子主演で映画化/松本清張の小説/主人公は結城頼子/人妻と若い検事との恋 → 『波の塔』
nagaki_h作家刑事毒島、タイトルはつまらなそうだけど面白い。女性作家の容貌を松本清張に例えてて、はてどんな顔だとググったらとてもいそうな顔だった。便利な時代になったなあ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
松本清張さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)