トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 筒井康隆

筒井康隆

筒井康隆さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

筒井 康隆(つつい やすたか、1934年(昭和9年)9月24日 - )は、日本の小説家・劇作家・俳優である。ホリプロ所属。身長166cm。小松左京、星新一と並んで「SF御三家」とも称される。パロディやスラップスティックな笑いを得意とし、初期にはナンセンスなSF作品を多数発表。1970年代よりメタフィクションの手法を用いた前衛的な作品が増え、エンターテインメントや純文学といった境界を越える実験作を多数発表している。
戦国時代の武将筒井順慶と同姓であり、その子孫であるとの設定で小説「筒井順慶」を書いている。先祖は筒井順慶家の足軽だったらしい、と筒井は述べている。父は草分け期の日本の動物生態学者で、大阪市立自然史博物館の初代館長筒井嘉隆。息子は画家筒井伸輔。
=
1934年(昭和9年)、父・筒井嘉隆と母・八重の長男として、父方の実家である大阪府大阪市北堀江に出生。生家は住吉区山坂町(現在の東住吉区山坂)。筒井は初期に自筆年譜を書き、船場生まれとしていたが、これは複数の勘違いが重なった事によるもので、その後修正されている。後に弟が3人(正隆、俊隆、之隆)生まれ、男ばかりの兄弟で育つ。
1941年(昭和16年)、南田辺国民学校に入学。幼少期から漫画と映画に没頭し、小学生時代は『のらくろ』、エノケンに熱中。自分でも漫画を描いて他の子供に売りつけるなどしていた。また父が蔵書家であったことから読書好きとなり、小学生の頃は江戸川乱歩を愛読した。1944年(昭和19年)、吹田市千里山に学童疎開し、千里第二国民学校に転校。地元の農家の子供から苛烈ないじめを受ける。終戦後の1946年(昭和21年)、息子の成績不振を心配した父の計らいで大阪市立中大江小学校に転校。まもなく実施された知能検査で市内トップのIQ187であることが判明し、終戦後、当時大阪市によって設置されていた特別教室(政府設置の特別科学学級とは異なる)に在籍した。
1947年(昭和22年)、大阪市立東第一中学校(現在は統合で大阪市立東中学校)に入学。この頃から不良少年となり、授業をさぼって映画館に通い詰める。父親の金をくすねたり、父親の蔵書や母親の着物を勝手に持ち出して古書店や質屋に売り映画代を捻出していた。その一方で手塚治虫に熱中し、赤塚不二夫や藤子不二雄などとともに『漫画少年』誌の投稿欄の常連でもあった。1948年(昭和23年)、児童劇団「子熊座」に入団、演劇への興味が芽生える。
1950年(昭和25年)、大阪府立春日丘高等学校に入学。演劇部の部長を務めるが学業は不振であった。春日丘高校はもともと女学校であったため女生徒の数が多く、筒井はここで女生徒からいじめを受けて女性への恐怖心を植え付けられたとしている。また、自宅の蔵書だったアルトゥル・ショーペンハウエルの『随想録』も愛読していたという。この頃マルクス兄弟の映画に傾倒。受験勉強への反発から新潮社版世界文学全集を読破し、サルトルやトーマス・マンの作品に影響を受ける。

筒井康隆新刊

  • 発売日
    2020年5月21日
  • 書名
    筒井康隆、自作を語る (ハヤカワ文庫JA)
  • 発売日
    2020年4月16日
  • 書名
    堕地獄仏法/公共伏魔殿 (竹書房文庫)
  • イラストレーター
    木原 未沙紀

受賞歴

筒井康隆関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.7.15 【今週はこれを読め! エンタメ編】"意外性の作家"の短篇集〜津村記久子『サキの忘れ物』

    津村記久子さんって思っていたのとはちょっとイメージの違う作家かもしれない、と思ったのは「フェリシティの面接」という短編を読んだときだ。アガサ・クリスティが生んだ名探偵エルキュール・ポアロの秘書であるミス・レモンが活躍する軽妙な作品で、『名探偵登場!』(筒井康隆他/講談社文庫)というアンソロジーに収録されている。津村作品といえば"職業小説(往々にしてパワハラあり)"という印象が強かったのだが、こんなミステリー絡みのしゃれた作品を書かれるとは思っていなかった(職業小説ではある)。「フェリシティの面接」は、読書好きの方でもあまりご存じでないような気がするので(Wikipediaの津村さんのページにも載っていなかった)、ぜひこちらもお手にとっていただけたら。

  • 2020.7.14 【今週はこれを読め! SF編】ケン・リュウ選とは味わいの違う、新しい中華圏SFアンソロジー

    鳴り物入りで邦訳された劉慈欣『三体』をはじめ、日本でも中華圏SFの活況が紹介されはじめている。中華圏と日本に両国のSF界の架け橋として大活躍しているのが、本書の編者、立原透耶さんである。

  • 2020.5.19 【今週はこれを読め! SF編】初期筒井短篇の社会批判と心理的題材

    ユニークな海外SF翻訳によって、俄然、読者の期待を集めている竹書房が、日本SFにも乗りだした。第一弾は、筒井康隆初期短篇の再編集版。編者はファンにはお馴染みの日下三蔵さんだ。以前に編んだ『日本SF傑作選1 筒井康隆 マグロマル/トラブル』(ハヤカワ文庫JA)と対になる内容とのこと。

筒井康隆関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kagami65327440読んでる時の脳のギアが完全に筒井康隆の時のそれ。筒井の『文学部唯野教授』が小説でありながら優れた文学理論の入門書であったように、事件を捜査している、右派でインテリ左翼を敵対視してる警視に対する記号学のレッスンとしても読める感じでもある(この先どんな展開を辿るかは知らんが)
magickerあることから小説家の筒井康隆氏のwikiを見ていたら、例の断筆宣言のその後が書いてあり、筒井氏と日本てんかん協会との合意文というのがあった。最近の人は知らないだろうから次にコピーします。今の目で見るととても「まとも」に思える。
Moth34780548『陰脳録 リビドー短編集』筒井康隆 #読了 https://t.co/0GzjNJyUjC
Nisepicachu1アニメの富豪刑事は筒井康隆の原作と殆ど関連性がなさそうである。これでも『原作:筒井康隆』って表記する必要あるんだろうか? 別のタイトルを付けて全くのオリジナルとして発表したとて、これは筒井康隆のパクリだなどと誰も言わないだろう…ってぐらい関連性が無い。
gn52694303『脱走と追跡のサンバ』筒井康隆目眩く変わる舞台設定や登場人物に加え、怒涛に押し寄せる狂躁的な文章。歌詞の意味は分からないが気分を高めてくれる異国の音楽を聴いているように、ページをめくる手が止まらなかった。この手の作品を書かせた… https://t.co/IATmRkJqzU
marchmarinemoon筒井康隆は、富豪刑事と家族八景が好きです。私の別HN「七瀬」は、家族八景の主人公から拝借してるぐらいですw
vio_cpsYAMADA@Mana10_AA 筒井康隆?って人が原作らしい
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
筒井康隆さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)