トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 筒井康隆

筒井康隆

筒井康隆さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

筒井 康隆(つつい やすたか、1934年(昭和9年)9月24日 - )は、日本の小説家・劇作家・俳優である。ホリプロ所属。身長166cm。小松左京、星新一と並んで「SF御三家」とも称される。パロディやスラップスティックな笑いを得意とし、初期にはナンセンスなSF作品を多数発表。1970年代よりメタフィクションの手法を用いた前衛的な作品が増え、エンターテインメントや純文学といった境界を越える実験作を多数発表している。
戦国時代の武将筒井順慶と同姓であり、その子孫であるとの設定で小説「筒井順慶」を書いている。先祖は筒井順慶家の足軽だったらしい、と筒井は述べている。父は草分け期の日本の動物生態学者で、大阪市立自然史博物館の初代館長筒井嘉隆。息子は画家筒井伸輔。
=
1934年(昭和9年)、父・筒井嘉隆と母・八重の長男として、父方の実家である大阪府大阪市北堀江に出生。生家は住吉区山坂町(現在の東住吉区山坂)。筒井は初期に自筆年譜を書き、船場生まれとしていたが、これは複数の勘違いが重なった事によるもので、その後修正されている。後に弟が3人(正隆、俊隆、之隆)生まれ、男ばかりの兄弟で育つ。
1941年(昭和16年)、南田辺国民学校に入学。幼少期から漫画と映画に没頭し、小学生時代は『のらくろ』、エノケンに熱中。自分でも漫画を描いて他の子供に売りつけるなどしていた。また父が蔵書家であったことから読書好きとなり、小学生の頃は江戸川乱歩を愛読した。1944年(昭和19年)、吹田市千里山に学童疎開し、千里第二国民学校に転校。地元の農家の子供から苛烈ないじめを受ける。終戦後の1946年(昭和21年)、息子の成績不振を心配した父の計らいで大阪市立中大江小学校に転校。まもなく実施された知能検査で市内トップのIQ187であることが判明し、終戦後、当時大阪市によって設置されていた特別教室(政府設置の特別科学学級とは異なる)に在籍した。
1947年(昭和22年)、大阪市立東第一中学校(現在は統合で大阪市立東中学校)に入学。この頃から不良少年となり、授業をさぼって映画館に通い詰める。父親の金をくすねたり、父親の蔵書や母親の着物を勝手に持ち出して古書店や質屋に売り映画代を捻出していた。その一方で手塚治虫に熱中し、赤塚不二夫や藤子不二雄などとともに『漫画少年』誌の投稿欄の常連でもあった。1948年(昭和23年)、児童劇団「子熊座」に入団、演劇への興味が芽生える。
1950年(昭和25年)、大阪府立春日丘高等学校に入学。演劇部の部長を務めるが学業は不振であった。春日丘高校はもともと女学校であったため女生徒の数が多く、筒井はここで女生徒からいじめを受けて女性への恐怖心を植え付けられたとしている。また、自宅の蔵書だったアルトゥル・ショーペンハウエルの『随想録』も愛読していたという。この頃マルクス兄弟の映画に傾倒。受験勉強への反発から新潮社版世界文学全集を読破し、サルトルやトーマス・マンの作品に影響を受ける。

筒井康隆新刊

  • 発売日
    2020年5月21日
  • 書名
    筒井康隆、自作を語る (ハヤカワ文庫JA)
  • 発売日
    2020年4月16日
  • 書名
    堕地獄仏法/公共伏魔殿 (竹書房文庫)
  • イラストレーター
    木原 未沙紀

受賞歴

筒井康隆関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

筒井康隆関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

nagahandayo打ち上げ花火やるんなら千年女優と東京ゴッドファーザーズ放送しましょうよ。筒井康隆特集として時をかける少女とパプリカも一緒に。
zaki_integral美術の先生にグロとか好きならって筒井康隆勧められて何を驚いたかってあのパプリカの映画作った人だったことや…
okkinakomochi@hibikoreinput 「ようこそ地球さん」の中の「処刑」っていうのがおすすめです。「地獄」に通じるものがありますね。筒井康隆は1度も読んだ事ないdeath
usami_kanna77今敏監督のパプリカ観終わったー
wizard14783107いよいよ放送再開!筒井康隆 原作『富豪刑事』以前、深田恭子主演でドラマ放送があったけど、アニメーションならではの映像に注目‼️https://t.co/a7bjg1DbzD
artemis_345@QAJF_bot 筒井康隆さんの小説に超能力者が主人公の作品があります日本政府から命を狙われる下りがあるんですが、当時は何故命を狙われなければならないのかわかりませんでしたが、いまは色々納得です
cd2023筒井康隆は間違いなく鬼才だろう『ニンジャスレイヤー』の前に『色眼鏡の狂詩曲』を出し『はたらく細胞』の前に『最後の伝令』を出したのだから
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
筒井康隆さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)