トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 村上春樹

村上春樹

村上春樹さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

村上 春樹(むらかみ はるき、1949年1月12日 - )は、日本の小説家、アメリカ文学翻訳家。京都府京都市伏見区に生まれ、兵庫県西宮市・芦屋市に育つ。
早稲田大学在学中にジャズ喫茶を開く。1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。1987年発表の『ノルウェイの森』は2009年時点で上下巻1000万部を売るベストセラーとなり、これをきっかけに村上春樹ブームが起きる。その他の主な作品に『羊をめぐる冒険』、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』、『ねじまき鳥クロニクル』、『海辺のカフカ』、『1Q84』などがある。
日本国外でも人気が高く、柴田元幸は村上を現代アメリカでも大きな影響力をもつ作家の一人と評している。2006年、フランツ・カフカ賞をアジア圏で初めて受賞し、以後日本の作家の中でノーベル文学賞の最有力候補と見なされているgroup="注"|『村上さんのところ』p.5で毎年「騒がれることについていかがお考えなのでしょうか」という質問に対して「わりに迷惑」と書き、p.77で「候補になっていること」が迷惑なのではなくメディアに大騒ぎされることや「候補になっているというのは、あくまで憶測に過ぎません」「迷惑しているというよりは、当惑しているという方が近いかも」と書き、p.63で丸谷才一が亡くなる間際に村上春樹のノーベル賞受賞の祝辞の原稿を書いていたという話を紹介している。。
デビュー以来、翻訳も精力的に行い、スコット・フィッツジェラルド、レイモンド・カーヴァー、トルーマン・カポーティ、レイモンド・チャンドラーほか多数の作家の作品を訳している。また、随筆・紀行文・ノンフィクション等も出版している。後述するが、ビートルズやウィルコといった音楽を愛聴し自身の作品にモチーフとして取り入れるなどしている。
=
1949年、京都府京都市伏見区に出生する。父が甲陽学院中学校の教師として赴任したため、まもなく兵庫県西宮市の夙川に転居。父は京都府長岡京市粟生の浄土宗西山派光明寺住職の息子、母は大阪・船場の商家の娘という生粋の関西人で、「当然のことながら関西弁を使って暮らしてきた」。また両親ともに国語教師であり、本好きの親の影響を受け読書家に育つ。西宮市立浜脇小学校入学、西宮市立香櫨園小学校卒業。芦屋市立精道中学校から兵庫県立神戸高等学校に進む。両親が日本文学について話すのにうんざりしgroup="注"|「うちのおやじとおふくろが国語の教師だったんで、で、おやじがね、とくにぼくが小さいころね、『枕草子』とか『平家物語』とかやらせるのね。でね、もう、やだ、やだと思ったわけ。それで外国の小説ばっかり読み始めたんですよね。でも、いまでも覚えてるんだね、『徒然草』とか『枕草子』とかね、全部頭のなかに暗記してるのね、『平家物語』とか。食卓の話題に万葉集だもの」と、村上春樹は村上龍との対談で述べている。、欧米翻訳文学に傾倒[http://www.welluneednt.com/entry/2015/03/24/113100 ドイツの歴史に何を見るか (2015年3月24日) - 村上さんのところ/村上春樹 期間限定公式サイト][http://www.welluneednt.com/entry/2015/04/27/073100 早稲田大学に進学した理由は? (2015年4月27日) - 村上さんのところ/村上春樹 期間限定公式サイト]横山政男「群像新人文学賞=村上春樹さん(29歳)は、レコード三千枚所有のジャズ喫茶店店主」『週刊朝日』朝日新聞社、1979年5月4日号。『ポートレイト・イン・ジャズ』新潮文庫、2008年2月、78頁。Cite |和書
|author = ジェイ・ルービン
|authorlink =
|translator = 畔柳和代
|title = ハルキ・ムラカミと言葉の音楽
|date = 2016-9-30
|publisher = 新潮社
|page = 32-33
『村上朝日堂』新潮文庫、56頁。

村上春樹新刊

  • 発売日
    2017年4月27日
  • 書名
    みみずくは黄昏に飛びたつ
  • 発売日
    2017年4月5日
  • 書名
    アンデル 2017年4月号

受賞歴

村上春樹関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

村上春樹関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Frauleinf40ノルウェイの森を中心に村上春樹文学の内蔵するモチーフと、現代の作品に至るまでのポップカルチャーと文学を検討しながらのそこに内在する「トラウマ」と、現代的課題の探求。
Genk1_1naizumi迷い迷って今月5冊目は上田岳弘『塔と重力』を読む。まだ序盤しか読めてないけど、どことなく村上春樹っぽさを感じる。
kate_yuki生活用品のCMはシンプルでいいのに、短編映画みたいなことをやるから変なことになるのか>牛乳石鹸。全体に流れる、男性(夫・父)の「やれやれ」感がよくない。村上春樹の小説でもあるまいし。
bellmarelo本は読んでいないがレビューを読んでいるだけで面白い。 村上春樹の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」https://t.co/SmtHxTkPX1
hinokiharappa村上春樹に届くべきだった本当の手紙 https://t.co/fwFx4XkI1R
okake_1109村上春樹の文章に出てくるコーヒーなんでだいたいゲロマズなの?
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
村上春樹さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)