トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 村上春樹

村上春樹

村上春樹さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

村上 春樹(むらかみ はるき、1949年(昭和24年)1月12日 - )は、日本の小説家・文学翻訳家。
京都府京都市伏見区に生まれ、兵庫県西宮市・芦屋市に育つ。早稲田大学在学中にジャズ喫茶を開く。1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。1987年発表の『ノルウェイの森』は2009年時点で上下巻1000万部を売るベストセラーとなり、これをきっかけに村上春樹ブームが起きる。その他の主な作品に『羊をめぐる冒険』、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』、『ねじまき鳥クロニクル』、『海辺のカフカ』、『1Q84』などがある。
日本国外でも人気が高く、柴田元幸は村上を現代アメリカでも大きな影響力をもつ作家の一人と評している。2006年、フランツ・カフカ賞をアジア圏で初めて受賞し、以後日本の作家の中でノーベル文学賞の最有力候補と見なされているgroup="注"|『村上さんのところ』p.5で毎年「騒がれることについていかがお考えなのでしょうか」という質問に対して「わりに迷惑」と書き、p.77で「候補になっていること」が迷惑なのではなくメディアに大騒ぎされることや「候補になっているというのは、あくまで憶測に過ぎません」「迷惑しているというよりは、当惑しているという方が近いかも」と書き、p.63で丸谷才一が亡くなる間際に村上春樹のノーベル賞受賞の祝辞の原稿を書いていたという話を紹介している。。精力的に、フィッツジェラルドやチャンドラーの作品などを翻訳。また、随筆・紀行文・ノンフィクション等も多く出版している。
=
1949年、京都府京都市伏見区に出生する。親が甲陽学院中学校の教師として赴任したため、まもなく兵庫県西宮市の夙川に転居。父は京都府京都市蹴上安養寺住職の息子であり、日中戦争に巻き込まれ、それによって深くトラウマを負った。母は大阪・船場の商家の娘であった。また両親ともに高校の国語教師であり、本好きの親の影響を受け読書家に育つ。1955年に西宮市立浜脇小学校入学。4年生の頃から、急に本が好きになり、ジュール・ヴェルヌや、デュマの小説、ホームズシリーズやルパンシリーズを読むようになった。また、娯楽がなかったため、父・千秋に連れられ、西部劇や戦争映画を見た。西宮市立香櫨園小学校卒業。芦屋市立精道中学校卒業。
1964年に兵庫県立神戸高等学校に進学。この頃から、国語教師であった父に『枕草子』や『平家物語』といった古典文学を暗唱させられ、その反動で海外文学に興味を移す。最初に読んだ長編小説は、ショーロホフの『静かなドン』だった。この頃は、ツケで本が買え、親が購読していた河出書房の『世界文学全集』と中央公論社の『世界の文学』を一冊一冊読み上げながら10代を過ごした。また中学時代から中央公論社の全集『世界の歴史』を繰り返し読むgroup="注"|第一次世界大戦後から第二次世界大戦後にかけてのドイツの歴史に興味があるという読者からのメールに対し、村上は次のように答えている。「僕は中学校二年生のときにウィリアム・シャイラーの『第三帝国の興亡』(名著です)を読破し、しばらくナチの歴史にのめり込んでいました。あの時代の歴史は本当に面白いです。面白いといってはなんだけど、濃密というか、普通じゃないというか、学ぶべきことが山ほどあります」。在学中には新聞委員会に所属し、2年生の時には編集長も務めた。
1年の浪人生活ののち、1968年に早稲田大学第一文学部に入学、演劇専修へ進むgroup="注"|村上は早稲田大学に入学した理由ときっかけを次のように述べている。「映画演劇科があったというのがいちばん大きな理由です。関西の大学にも受かっていたので、そちらに行くこともできたし、そうすればもっと穏やかでのんびりとした学生生活を送っていたと思うんですが、なぜか急に東京に行きたくなって、早稲田進学を選びました(入学金を振り込む期限の前日に決心しました)」。在学中は演劇博物館で映画の脚本を読みふけり、映画脚本家を目指してシナリオを執筆するなどしていたが、大学へはほとんど行かず、新宿でレコード屋のアルバイトをしながら歌舞伎町のジャズ喫茶に入り浸る日々を送る。1970年代初め、東京都千代田区水道橋にあったジャズ喫茶「水道橋スウィング」の従業員となった。

受賞歴

村上春樹関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

村上春樹関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

gananpobre_____「村上龍VS村上春樹 ウォーク・ドント・ラン」若きダブル村上が語る文学論 - 孤読のレビュー https://t.co/A0mH8yMrqH @hitsuji_booksよりあらま。村上春樹で一番好きなのは「ねじまき鳥クロニクル」かな。
summeralbumbot夏の香りを感じたのは久し振りだった。潮の香り、遠い汽笛、女の子の肌の手ざわり、ヘヤー・リンスのレモンの匂い、夕暮れの風、淡い希望、そして夏の夢……村上春樹/風の歌を聴け
sosaku_katakanaクロニクル……英語で「年代記」を表す言葉です。くるくるした感じがかわいい言葉ですね。文芸作品のタイトルで使用されている例だと、村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』があります。
bami23_書きながら思ったけどやっぱめちゃくちゃカフカ好きだわ。フランツ・カフカが好きだからというだけで村上春樹の海辺のカフカを読んだくらいには。ちなみに1Q84も同様の理由だ。
Lamer19031905Audibleで聴いた村上春樹氏のねじまき鳥クロニクル、長いが途中でやめられない大長編。続きが気になりキンドルで最後まで読破。間宮中尉の長い話の、ロシア人の残酷さががめちゃめちゃリアルで寝られなくなる人もいるだろう。とにかく作家としてのパワーは現代最高の一人なのがわかりました。
gyourogyou@alt332478111 ごきげんよう✨村上春樹さんは恋愛小説のイメージがあまりないけど今度読んでみるわね♡もーぅ恋愛小説読んだらドキドキ止まらないっ私もいつかこんなふうに…キャー
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
村上春樹さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)