トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 朝井リョウ

朝井リョウ

朝井リョウさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

朝井 リョウ(あさい リョウ、男性、1989年5月31日 - )は、日本の小説家。
岐阜県垂井町の出身である。岐阜県立大垣北高等学校、早稲田大学文化構想学部を卒業した。2009年、『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を受賞しデビュー、2012年には同作が映画化された。同年、『もういちど生まれる』で第147回直木三十五賞候補。2013年、『何者』で第148回直木三十五賞受賞。直木賞史上初の平成生まれの受賞者であり、男性受賞者としては最年少となる。直木賞受賞後第一作『世界地図の下書き』で、第29回坪田譲治文学賞受賞。2016年、英語圏最大の文芸誌「Granta」日本語版でGranta Best of Young Japanese Novelistsに選出される。2021年、ラジオで脂質異常症であることを告白。

受賞歴

朝井リョウ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.11.28 作家の読書道 第223回:中山七里さん

    今年作家デビュー10周年を迎えた中山七里さん。話題作を次々と世に送り出すエンターテインナーの読書遍歴とは? 大変な読書量のその一部をご紹介するとともに、10代の頃に創作を始めたもののその後20年間書かなかった理由やデビューの経緯などのお話も。とにかく、その記憶力の良さと生活&執筆スタイルにも驚かされます。

  • 2020.4.1 【今週はこれを読め! エンタメ編】朝井リョウのタイアップ&コラボ短編集『発注いただきました!』

    以前ある作家が「小説やエッセイを書くのは完全にお金のため」という趣旨の文章を書いておられるのを読んで(うろ覚えだが、概ねこういう内容だった)、衝撃を受けたことがある。作家というものは、"たとえお金にならなくても書くのをやめられない"人がなるものだと思っていたからだ。しかしながら、これは私が読者としてナイーブすぎた。それで生計を立てている以上、書くことと収入とは切っても切り離せない。そしてまた、依頼主からの注文があれば、書き手はその希望に沿って書くこともまた必要になってくるわけだ。

  • 2020.2.14 「小説現代」リニューアル復刊 毎号読み切りに

    月刊小説誌「小説現代」(講談社)がリニューアル復刊し、22日に刊行される。休刊した雑誌は事実上廃刊となるケースが多く、約1年半のブランクを経て復刊されるのは珍しい。長編小説の一挙掲載を軸に、短編小説、エッセー、対談、特集企画など、すべての企画を毎号読み切りとする。雑誌の電子化が進む中で「紙の小説誌を読んでもらうために何をすべきかを考えた結果、読者に興味を持った号から手にとってもらえる読み切りスタイルにした」(塩見篤史編集長)という。

朝井リョウ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

k07236789「発注いただきました!」朝井リョウタイアップ作品を集めた本。朝井さんがどんな案件をもらっているのかや、その制約の中でどう書くのかが見られて面白かった!書くタイアップ作品に感想編がついていて、朝井さんが自画自賛したりしていた… https://t.co/D349uPfPGk
tsubuan48926006今日は朝井リョウさんのエッセイ『時をかけるゆとり』を声を立てて笑いながら #読了
yami_radio_bot朝井リョウ「お洒落をしてる人のほうが自分の傲慢さに自覚的であるという結論に達した。」
yukigatoketa#名刺代わりの小説10選乱反射/貫井徳郎流浪の月/凪良ゆう何者/朝井リョウままならないから私とあなた/朝井リョウ砂の女/安部公房自転しながら公転する/山本文緒恋愛中毒/山本文緒コンビニ人間/村田沙耶加殺人出産/村田沙耶加羊と鋼の森/宮下奈都
tblb_quiz2012年公開の映画『桐島、部活やめるってよ』で、桐島が辞めたのは何部?  →A.男子バレーボール部(※原作は朝井リョウの小説)
khql_chart4D_B【0030】朝井リョウの青春小説『桐島、部活やめるってよ』でタイトルに登場する桐島は何部をやめるでしょう?
of_the_novel私たちはもう、たったひとり、自分だけで、自分の人生を見つめなきゃいけない。ー朝井リョウ『何者』
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
朝井リョウさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)