トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 朝井リョウ

朝井リョウ

朝井リョウさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

朝井 リョウ(あさい リョウ、男性、1989年5月31日 - )は、日本の小説家。
岐阜県垂井町の出身である。岐阜県立大垣北高等学校、早稲田大学文化構想学部を卒業した。2009年、『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を受賞しデビュー、2012年には同作が映画化された。同年、『もういちど生まれる』で第147回直木三十五賞候補。2013年、『何者』で第148回直木三十五賞受賞。直木賞史上初の平成生まれの受賞者であり、男性受賞者としては最年少となる。直木賞受賞後第一作『世界地図の下書き』で、第29回坪田譲治文学賞受賞。2016年、英語圏最大の文芸誌「Granta」日本語版でGranta Best of Young Japanese Novelistsに選出される。

朝井リョウ新刊

  • 発売日
    2020年5月8日
  • 書名
    風と共にゆとりぬ (文春文庫)
  • 発売日
    2020年3月5日
  • 書名
    発注いただきました!

受賞歴

朝井リョウ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.4.1 【今週はこれを読め! エンタメ編】朝井リョウのタイアップ&コラボ短編集『発注いただきました!』

    以前ある作家が「小説やエッセイを書くのは完全にお金のため」という趣旨の文章を書いておられるのを読んで(うろ覚えだが、概ねこういう内容だった)、衝撃を受けたことがある。作家というものは、"たとえお金にならなくても書くのをやめられない"人がなるものだと思っていたからだ。しかしながら、これは私が読者としてナイーブすぎた。それで生計を立てている以上、書くことと収入とは切っても切り離せない。そしてまた、依頼主からの注文があれば、書き手はその希望に沿って書くこともまた必要になってくるわけだ。

  • 2020.2.14 「小説現代」リニューアル復刊 毎号読み切りに

    月刊小説誌「小説現代」(講談社)がリニューアル復刊し、22日に刊行される。休刊した雑誌は事実上廃刊となるケースが多く、約1年半のブランクを経て復刊されるのは珍しい。長編小説の一挙掲載を軸に、短編小説、エッセー、対談、特集企画など、すべての企画を毎号読み切りとする。雑誌の電子化が進む中で「紙の小説誌を読んでもらうために何をすべきかを考えた結果、読者に興味を持った号から手にとってもらえる読み切りスタイルにした」(塩見篤史編集長)という。

  • 2019.12.18 【今週はこれを読め! エンタメ編】音楽が聴こえてくるような短編集〜恩田陸『祝祭と予感』

    優れた音楽小説であり、さらに直木賞と本屋大賞の両方を受賞した『蜜蜂と遠雷』の愛読者にはたまらないファンブック的な要素も持ち合わせているのが本書。私にとっても『蜜蜂と遠雷』はその年に読んだ本のベストだったので(確か朝井リョウさんも同じ趣旨のことを語ってらして、意を強くしたものです)、『祝祭と予感』は期待を胸に読み始めたのだが、もう涙ものだった。

朝井リョウ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

C_wakarannne5、時をかけるゆとりなのだ朝井リョウさんの書いた本なのだ!ちと趣向を変えてエッセイなのだエッセイ割と敬遠してたのだけどなんとなく買って読んで見たらすごい面白かったのだ!くだけた感じの人文体が読みやすくてすき
maro_ppy「普通」って言葉は凶器だから気をつけて。と朝井リョウも言ってたよ https://t.co/UQzPu5r36d
boobookwordsだって席替えって、大学行ったらもうないんだぜ。(『少女は卒業しない』朝井リョウp223)
aya20091908@HosinohuruRingo ・彩・なんでも!・16歳・芸人さん以外なら東海、朝井リョウ、有川浩(推しなのか??)・ナッシングトゥーマッチ(以下略)・もち!てかもうタメよね笑笑・いつも絡んでくれてありがとう!もう勝手に仲良いと思ってる!これからもよろです
1999kooテーマが就活だから読むのを躊躇っていた朝井リョウさんの「何者」を読む…読むぞ…!すでにこころがくるしい
yakisobabababan朝井リョウさんの『何者』をまだ読んでなくて積んでるのに、今日買った本の帯に「朝井リョウ氏絶賛!」って書いてて、なんかすいません…って思った。
DD___wordCDに、CDではないものを付けて売ることに対して、怒る。同じ音楽が入っているCDを何枚も「買わせている」と、まるで大量に買っている人の代表のような顔をして、主張する。ついさっきまで手にしていなかった正義感を、急に手に取り振りまわし始める。(朝井リョウ『武道館』)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
朝井リョウさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)