トップページ > 最新小説ニュース > 向田邦子に関連する小説ニュースまとめ

向田邦子に関連する小説ニュースまとめ

キーワード"向田邦子"に関連する小説ニュースの検索結果まとめです。一度の検索結果は200件までとなります。スペース区切りで複合検索も可能です。
更新情報をTwitterでつぶやいていますので、よければフォローくださいませ。
 

向田邦子 ニュース検索結果

2016.7.22  「向田邦子を忘れない」35年目の夏に寄せて――

台湾での不慮の飛行機事故で亡くなってから35年。珠玉の作品を数多く残し、多くの女性がその生活スタイルを憧れとして、歳月を経てもなお語り継がれる向田邦子さんの魅力に迫る。

2016.4.9  TVドラマ「夏目漱石の妻」で長谷川博己・尾野真千子が夫婦役に! 文豪・夏目漱石のユニークな夫婦生活を描く

『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『三四郎』『こゝろ』など数多くの名作を世に配し、近代文学界の礎を築いた文豪・夏目漱石。そんな彼の知られざる「夫婦生活」を描いた涙あり、笑いありのホームドラマ「夏目漱石の妻」が2016年9月下旬に放送されることが分かった。

2015.8.20  長崎訓子が描く、奇妙でカワイイ名作文学『MARBLE RAMBLE 名作文学漫画集』刊行

スペンサー・ジョンソンの名作『チーズはどこへ消えた?』や、2015年度本屋大賞ノミネート作『億男』などの挿画を手掛けるイラストレーター・長崎訓子。同氏が描くコミック『MARBLE RAMBLE 名作文学漫画集』が、2015年8月25日(火)に刊行される。

2015.3.6  日本を代表する脚本家が痛快"時代小説"を執筆!

「付添い屋・六平太」シリーズの4作目となる最新刊『付添い屋・六平太 鷺の巻 箱入り娘』が発売された。

2013.9.2  東京、ブックカフェ 20選

阿佐ヶ谷、渋谷、下北沢、千駄木など、ゆったり過ごせるブックカフェ

2013.6.17  脚本家の木皿泉さん小説家デビュー 「呪いが解けるように」筆が進んで…

向田邦子賞を受賞したテレビドラマ「すいか」などで知られる人気脚本家、木皿(きざら)泉さんが初の小説『昨夜(ゆうべ)のカレー、明日のパン』(河出書房新社)を刊行した。

2013.4.17  有川浩×ほしのゆみ、小説とエッセイどちらが難しい?

ドラマ『空飛ぶ広報室』の放送がスタートした。原作は小説家・有川浩の同名小説。彼女の作品は過去にも『阪急電車』『フリーター、家を買う。』が実写化され、この春、ドラマに続いて『図書館戦争』『県庁おもてなし課』が実写映画化される。

2012.9.28  話題騒然の昼ドラ『赤い糸の女』の文学偏差値

「まっ昼間から過激すぎ」「毎回、腹筋崩壊で苦しすぎる」「ついていけないwww」など、話題沸騰の昼ドラ『赤い糸の女』。

2012.4.4  向田邦子賞に新人・岩井秀人さん

優れたテレビドラマの脚本家に贈られる第30回「向田邦子賞」(向田邦子賞委員会、東京ニュース通信社主催)が3日発表され、NHKBSプレミアムで2011年8月に放送された「生むと生まれる それからのこと」の岩井秀人さん(37)が受賞した。

2012.3.30  向田邦子の愛 彫刻に 近代文学館

鹿児島市で小学生時代を約2年間過ごした作家向田邦子(1929-81)をイメージして作られた彫刻「出合う」が28日、鹿児島市城山町のかごしま近代文学館に設置された。昨年3月、同館に向田邦子の特設コーナーが新設されたのを機に妹の和子さん(73)=東京=が制作を発案し、寄贈した。

2012.2.20  『精選女性随筆集』を刊行

作家の川上弘美さんと小池真理子さんの選による『精選女性随筆集』(文芸春秋)の刊行が始まった。

2012.2.10  女流だけの随筆集が刊行スタート!

今では囲碁や将棋くらいしか使われなくなった「女流」ということば。明治以降、新しい文学の世界で「女流作家」は差別されながらも、すばらしい活躍していた。小説はもとより、その随筆は当時の世相を反映しているばかりか、作家の心情や、周辺の人々との交流が鮮やかに描かれ、今読んでも全く古びたところがない。

2012.1.16  神奈川近代文学館で「作家と万年筆展」-漱石や乱歩の自筆原稿も

横浜・港の見える丘公園内にある県立神奈川近代文学館で、「作家と万年筆展」が開催されている。

2009.8.27  【有川 浩さんインタビュー前編】 新作『植物図鑑』について

トッコッコー!!トッコッコー!!(今日は鼻血を吹きながらご報告) 『阪急電車』という、まさに阪急電車の今津線を舞台にした小説をお書きになった、作家・有川 浩さん。その有川さんの最新作が発行されたということで、とあるご縁から「TOKK独占インタビュー with トッコ」が実現しました!(with トッコは余計です。編集部注)

2006.5.26  作家の読書道:第55回 豊島 ミホ

1982年生まれ、と、まだまだお若い豊島ミホさん。早稲田に在学中に作家デビューした新鋭の素顔に迫りました。自身のことを「底辺女子高生」というほど地味だった彼女が、高校時代にとった大胆な行動とは? 在学中、大学名を明かさなかった理由は? また、漫画家を目指していた彼女が、小説の面白さに気づいたきっかけとは。あまりのお話の面白さに、思わず引き込まれてしまいます。

2005.1.31  作家の読書道:第39回 辻内 智貴さん

一人の世捨て人のような青年の、奇蹟的な行動を描いて感動を呼ぶ『セイジ』をはじめ、社会の片隅で生きている人々に優しい眼差しを投げかけている辻内智貴さん。元シンガーでもあり、"決して読書家ではなかった"という彼に、小説を書こうと思わせた作品とは? そして、何度も繰り返し呼んでいる小説とは? 普段の生活、今後の展望も含めて、あますことなく語っていただきました。

2004.12.31  作家の読書道:第38回 平安寿子さん

ごく普通の人々のごく普通の日常生活を、独特のユーモアとアイロニーを交えて、味わいたっぷりに描く平安寿子さん。人と口を聞かず本ばかり読んでいたという幼少の頃から、書くことを志して試行錯誤していた時代、そしてペンネームのもととなるほど影響を受けた女性作家、アン・タイラーの作品との出会いに至るまで、読書道と作家道を交えてたっぷり語っていただきました。

2003.10.1  インタビュー 作家「甘糟幸子」

小誌八月号を手に取った読者なら、甘糟幸子という名前が、きっと胸に刻まれていることだろう。そう、先月号の巻頭を飾った小説、『楽園後刻』の著者だ。

現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)