トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 小谷野敦

小谷野敦

小谷野敦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小谷野 敦(こやの あつし、1962年〈昭和37年〉12月21日 - )は、日本の「作家・比較文学者」。
茨城県水海道市(現・常総市)生まれ。二人兄弟の長男として生まれた。父は時計職人、母は煙草屋の看板娘であった。
1990年(平成2年)8月からカナダのブリティッシュコロンビア大学バンクーバーキャンパスアジア学学科近代日本文芸専攻の博士課程に留学し、週に一度だけティーチングアシスタントとして日本語の授業を受け持ちつつ、鶴田欣也、ジョシュア・モストウ他の指導の下で日本文学や比較文学を研究する。留学中は『日本文学』『批評空間』に論文を発表。博士論文のテーマに谷崎潤一郎を選ぼうと考えていたが、鶴田と対立する教員から嫌われてティーチングアシスタントから外された後、英語力の不足などが理由で博士号取得資格試験に失敗。鶴田からは「評論家的な資質が自分に似ている」と評され、芳賀徹らとは後に学問的な対立をしたこともあり、のちに「お前の恩師は誰か、一人挙げろと言われたら、鶴田欣也をあげる」と言っている。
1999年には言語学者で当時大阪大学助教授の由本陽子と事実婚であったことを認めたが、のちに2007年に当時東京大学大学院修士課程在学中の柴田葵。
現在は、禁煙ファシズムと戦う会代表。愛称は「猫猫先生」。
恋愛の比較文学的研究から出発し、1999年1月に『もてない男』を出版しベストセラーになった。また「新近代主義」の提唱などの言論を展開している。
小説に関しては「今の新人作家は、私小説でないものを書こうとしすぎると私は思う」「小説は『私語』であって、恨み言でも手記でもいいのである」「私は小説を書く時に、まだ他の人が書いていないことを書くよう努めている。それは評論でも同じことで、どこかで見たような評論を書いていてもダメに決まっている」、ただし「事実を自分に都合よく捻じ曲げておらず、公表したらモデルが特定されて社会的損失をこうむるようなことは書くべきではない」と発言している。
古典的な伝統が好きで、歌舞伎、落語、相撲などを愛し、「ヴァンクーヴァー」や「ロシヤ」などの綴りを用いる。
また、NHKの「大河ドラマ」に関してもマニアックなファンである。
音楽ではクラシックのオペラを好み、大学院では歌舞伎とオペラの比較研究を志していたこともあった。その一方、「ロックなどという若者向けの音楽を論じて、受けを狙う学者は気にいらない」「ミステリのような通俗小説を、学者で愛好する人がいるのが理解できない」「筒井康隆のようなSF的設定の小説は面白いが、SF小説自体は、SF漫画やSF映画に乗り越えられている」などと語っている。
その他、特撮を愛好する一面もある。

受賞歴

小谷野敦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小谷野敦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

91rVEodLQgFLQvv小谷野 敦 "この名作がわからない" お届け予定日: 2019-09-12 - 2019-09-15うーんまた発売日が変わるようで
htsk_tts池内恵先生がブログで(ちくまの一冊といえば?でこれを選んだ的なこと)書いてたような気が/小谷野敦 もてない男 ――恋愛論を超えて (ちくま新書) https://t.co/giwmSLiBwh
r_smym小谷野敦が『友達がいないということ』で同じようなことを書いていて、あと中村真一郎が『頼山陽とその時代』で病気かなにかで本が読めなくなったけど古文は読めたのでこの本が書けたみたいなことを書いてる。体調とか読み合わせ(?)みたいなこと… https://t.co/XOsEn7nhPC
LQ1r9LZz61oREpxパパ活=売春には売る側にも買う側にもその行為が必要な理屈があるわけで、それ以外の方法がないのだとしたら、それを止められるのは最早倫理のみで、それはもう理屈ではないのだ。小谷野敦が「日本売春史」の末文で書いてる通り、「必要悪」としか定義しようのないものなのだ。
T5rhvJpmFFGYI9B小谷野敦『司馬遼太郎で読み解く幕末・維新』一気読み。面白い。礒田道史の司馬本よりこっちのほうが好きだな。毒舌と書き飛ばし感(皮肉ではない)が小谷野ファンにはたまらない一冊。ちなみに私のように司馬本をほとんど読んだことがない人… https://t.co/ovACU1ADUJ
st70521久米正雄伝 微苦笑の人 小谷野敦 https://t.co/Grt2ovIjLo @amazonJPさんから久米正雄の作品集読んだけど、こいつなんなの??? ってなったら、今度はこれを読もう!!!!
fumiyayonaha小谷野敦先生のアマゾンレビューを追いながら、いくつか読みたい本、観たい映画が見つかった。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)