トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松尾スズキ

松尾スズキ

松尾スズキさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

松尾 スズキ(まつお スズキ、本名:松尾 勝幸(まつお かつゆき)、1962年12月15日 - )は、日本の俳優、劇作家、演出家、脚本家、映画監督、コラムニスト。福岡県北九州市八幡西区生まれ。父親は佐賀県、母親は鹿児島県阿久根市の出身。八幡大学附属高等学校(現・九州国際大学付属高等学校)、九州産業大学芸術学部デザイン学科卒業。劇団『大人計画』主宰。以前は松尾すずきと表記していた。愛猫は「オロチ(雌)」、その後「チース」。現在は飼っていない。
漫画家になりたくて高校生の時に漫画賞に応募し続け、大学ではデザインを専攻し漫画研究会に入ったが、漫研の中で最も絵が下手であった為プライドが叩き潰され、演劇研究会に入った。コメディにも興味があり高校生の時に財津一郎やジョン・ベルーシの真似を一人部屋でしていたが、演劇研究会でいよいよコメディにはまる。在学中に劇団エクボを創設、学外からも人材を集め公演を行なった。大学3年生で演劇をやめ、大学4年で絵画に目覚め、落第。心を入れ替えて就職活動をして、東京へ出る。
大学卒業後は23歳で上京し印刷会社でサラリーマンをしていたが、仕事も人間関係も上手くいかず一年で挫折。その後、イラストで細々と生計を立てながら、1980年代後半に雑誌で団員を募集し劇団大人計画を26歳で設立する。同時期にラジカル・ガジベリビンバ・システムに本名で参加している。『ファンキー! 宇宙は見える所までしかない』で第41回岸田國士戯曲賞受賞。以後、テレビや映画などへ役者として出演することが多くなる。
2004年公開の映画監督デビュー作『恋の門』はヴェネツィア国際映画祭に出品された。漫画原作者としても活動。特に漫画家、河井克夫との活動は名義を「チーム紅卍」としている。山本直樹の漫画原作も手がけている。コラム、小説など著書も多数。2006年1月、小説『クワイエットルームにようこそ』で第134回芥川龍之介賞候補。2010年、『老人賭博』で第142回芥川賞候補。2006年から太田出版より、松尾がスーパーバイザーをつとめる雑誌『hon-nin』が刊行されている。
私生活では、10年連れ添った妻と2007年に離婚。2014年に20歳年下の一般人女性と再婚している。

松尾スズキ新刊

  • 発売日
    2017年12月7日
  • 書名
    私はテレビに出たかった (朝日文庫)

受賞歴

松尾スズキ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

松尾スズキ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

magami_daiラジオで作り込んだ笑いだと松尾スズキのうっとりラジオショーが本当に本当に本当に好きだったんだけど……もうやらないだろうなぁ
me_some143けっこう昔から大人計画は押さえていたのだけれど、ダウナーになったりモヤモヤするのが嫌いなので、公演の中身は一つも覚えておりません。というか松尾スズキが作るものって、なんでいつもあんな感じなの?
kurotasousukeいや、考えてみたら結構好きな役者さんで髭面の人いたわ。松尾スズキさんとか山田孝之さんとかand more......文章変になったけど気にしないで下さいね。
andertikin4松尾スズキが主宰する日本の劇団で、団員に宮藤官九郎や阿部サダヲがいる事でも知られるのは何でしょう?/大人計画
QMA_Mys_Bot1[連想]奥田英朗の小説/「伊良部シリーズ」第1作目/松尾スズキ主演で映画化/水泳依存症の患者 → 『イン・ザ・プール』/『サウスバウンド』/『空中ブランコ』/『真夜中のマーチ』
abeotona【定期】大人計画/松尾スズキ/クドカン/ニッソーヒ/荒瀬/阿部サダヲ/グループ魂/破壊/石鹸/暴動/バイト君/遅刻/小園/遅番w(敬称略) #好きなのが一つでもある人RT #相互フォロー #RTしたらフォローする
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)