トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松尾スズキ

松尾スズキ

松尾スズキさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

松尾 スズキ(まつお スズキ、本名:松尾 勝幸(まつお かつゆき)、1962年12月15日 - )は、日本の俳優、劇作家、演出家、脚本家、映画監督、コラムニスト。福岡県北九州市八幡西区生まれ。父親は佐賀県、母親は鹿児島県阿久根市の出身。八幡大学附属高等学校(現・九州国際大学付属高等学校)、九州産業大学芸術学部デザイン学科卒業。劇団『大人計画』主宰。以前は松尾すずきと表記していた。愛猫は「オロチ(雌)」、その後「チース」。現在は飼っていない。既婚。
漫画家になりたくて高校生の時に漫画賞に応募し続け、大学ではデザインを専攻し漫画研究会に入ったが、漫研の中で最も絵が下手であったためプライドが叩き潰され、演劇研究会に入った。コメディにも興味があり高校生の時に財津一郎やジョン・ベルーシの真似を一人部屋でしていたが、演劇研究会でいよいよコメディにはまる。在学中に劇団エクボを創設、学外からも人材を集め公演を行なったが、その後演劇をやめ、4年のとき絵画に目覚め、落第。卒業後は上京し印刷会社でサラリーマンをしていたが、仕事や人間関係が上手くいかず1年で挫折。その後、イラストで細々と生計を立てながら、1988年、雑誌で団員を募集し、劇団大人計画を設立。同時期にラジカル・ガジベリビンバ・システムに参加。『ファンキー! 宇宙は見える所までしかない』で第41回岸田國士戯曲賞受賞。以後、テレビや映画などへ役者としての出演が増える。
2004年公開の映画監督デビュー作『恋の門』はヴェネツィア国際映画祭に出品された。漫画原作者としても活動。特に漫画家、河井克夫との活動は名義を「チーム紅卍」としている。山本直樹の漫画原作も手がけている。コラム、小説など著書も多数。2006年1月、小説『クワイエットルームにようこそ』で第134回芥川賞候補。以後、2010年(『老人賭博』)、2018年(「もう『はい』としか言えない」)にも著作が芥川賞候補となっている。2006年から太田出版より、自身がスーパーバイザーをつとめる雑誌『hon-nin』が刊行されている。
私生活では、10年連れ添った妻と2007年に離婚。2014年に20歳年下の一般人女性と再婚した。

受賞歴

松尾スズキ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

松尾スズキ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mari84097117松尾スズキさん繋がりで大好きな「クワイエットルームにようこそ」を観てる何度も見たけど最後に主人公が精神科の閉鎖病棟を退院してく所が爽快で好き病んだ人達に囲まれた閉鎖的な空間から脱出するのは一緒だけどマシーン日記はどう転んでもbad end不可避な所が対照的
a_rebous松尾スズキ「マシーン日記」再演...ちょっとこれは考えないと
VKJPN松尾スズキ×大根仁「マシーン日記」シアターコクーンで上演、主演は横山裕 https://t.co/1Xx2FU9vUb
astage_ent【STAGE/MUSICAL】関ジャニ∞横山裕主演 男女4人が織りなす究極の愛の形 松尾スズキ作 大根仁演出『マシーン日記』来年2月上演  #関ジャニ #横山裕 #松尾スズキ #大根仁 #マシーン日記 #大倉孝二 #森川葵… https://t.co/tz5acYIc0R
ucchi_k_nnoy横山裕、初の松尾スズキ作品で舞台主演 大倉孝二、森川葵らと“愛憎劇” | ORICON NEWS https://t.co/QidgHVHgy1楽しみ行きたいなぁ
minyan_738横山くんが松尾スズキさんと大根仁さんとタッグで舞台をすると聞いて、大根さんとといえば、当時14歳のクソ生意気だった少年から大人になった錦戸亮ちゃんを一俳優として評価してくださった言葉を思い出して噛み締めてる...亮ちゃんもまた一緒… https://t.co/6Wj7Qh0uSG
8_satomaru_8最近秋元康さんと大根仁さんのお名前の並び見たなと思ったけど共演NGか気になってるドラマ!松尾スズキさんと大根仁さんはものすごいんでしょうね…京都か…行けるかなぁ…行ってみたいな~笑
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)