トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 梶よう子

梶よう子

梶よう子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

梶 よう子(かじ ようこ、1961年- )は、日本の小説家、時代小説作家。日本推理作家協会会員。
東京都足立区出身。本名は梶木 洋子。女子美術短期大学卒。フリーライターとして活躍する傍ら、小説の執筆を開始する。2005年、時代小説「い草の花」で第12回九州さが大衆文学賞の大賞を受賞する。2008年、「槿花、一朝の夢」で第15回松本清張賞を受賞し(応募時の名義は蘇芳よう子)、『一朝の夢』と改題し刊行、小説家デビュー。
幼い頃から時代劇を好んでいた。趣味は、斬ったり跳んだりのアクションゲームをすることや、酒を少しずつ呑みながら気に入っている時代劇や映画を観ながら号泣することとしている。
2016年、『ヨイ豊』で第154回直木三十五賞候補、第5回歴史時代作家クラブ作品賞受賞。

梶よう子新刊

  • 発売日
    2020年2月29日
  • 書名
    三年長屋

受賞歴

梶よう子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

梶よう子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tamentaikun漣のゆくえ とむらい屋颯太(梶よう子著 徳間書店)を読みました。「死者が残した未練や無念、生者が抱えた哀惜や苦悩を描くとむらいの物語、第2弾。短編連作6章…泣く女/穢れ/冷たい手/お節介長屋/たぶらかし/漣の行方」「死者の想… https://t.co/FajumLZhOw
miyuki_uzukiお仕事 / 2020年4月 集英社 刊行『花しぐれ 御薬園同心 水上草介』梶よう子 著ブックデザインは、高橋健二さん(テラエンジン)です。*シリーズ大団円の全8篇です!#梶よう子 #集英社 #時代小説 https://t.co/tqozllmo5t
nextdoor_d徳間書店『漣のゆくえ とむらい屋颯太』(著:梶よう子さん、装画:田宮 彩さん)のデザインを担当しました。 https://t.co/WIfQsUDpIH
nobuaki141【漣のゆくえ とむらい屋颯太 (文芸書)/梶よう子】江戸時代の葬儀屋の店主、颯太を主人公とした6つの話が収められた連作集。本書はシリーズの2作目にあたるが、1作目を読んでいたのですぐに物語の世界… → https://t.co/sWE94n30Dz #bookmeter
muginokoe角川春樹事務所 PR誌 ランティエ 8月号 : 2020年 7月1日発行連載小説「摺師安次郎人情暦 」第四回 張り合い 後編著 : 梶よう子梶よう子先生の連載小説の扉絵を担当しています。 https://t.co/82rjRhNNug
Namimagazine梶よう子著『はしからはしまで みとや・お瑛仕入帖』の評者は清原康正さん!/いわくつきの品がもたらす騒動(波2018年10月号)https://t.co/4zXcuq3Vps
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
梶よう子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)