トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 三上延

三上延

三上延さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

三上 延(みかみ えん、1971年 - )は、日本の小説家。神奈川県横浜市に生まれ、同県藤沢市にて育った。
武蔵大学人文学部社会学科卒業。ホラー風の作品が多かったが2011年に発表した古書ミステリー『ビブリア古書堂の事件手帖』が人気作になる。同作は2012年に本屋大賞にノミネートされている。
2012年、「足塚不二雄『UTOPIA 最後の世界大戦』(鶴書房)」(『ビブリア古書堂の事件手帖2』に収録)で第65回(平成24年度)日本推理作家協会賞短編部門にノミネートされる。
2014年3月14日、『ビブリア古書堂の事件手帖4』(メディアワークス文庫)で第67回(平成26年度)日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門にノミネートされる。

三上延新刊

  • 発売日
    2017年3月24日
  • 書名
    ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~<ビブリア古書堂の事件手帖> (メディアワークス文庫)
  • 発売日
    2017年2月25日
  • 書名
    ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)

受賞歴

三上延関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

三上延関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

asayotakii本日発売の「週刊新潮」4月6日号文庫欄で紹介したのは、ついに本編完結、三上延さん『ビブリア古書堂の事件手帖7』(メディアワークス文庫)、紀田順一郎さん『古書収集十番勝負』(創元推理文庫)、ジョン・ダニング氏『死の蔵書』(宮脇孝雄氏訳、ハヤカワ文庫)。古書店つながりの3冊です。
honya1w『ビブリア古書堂の事件手帳』三上延とても面白かったです!!読みやすいのにちゃんとミステリーしてて、キャラクターが可愛い。事件というよりも物語の経緯を読み解くような優しさが込められた物語でした。そして何よりキャラクターが可愛い… https://t.co/2D5xBjjSZ4
YtoS_Yさっきまで本読んでて気づいたらこんな時間だったなんだかんだで22:00過ぎくらいから読んでたんだよなぁ...3時間もかかったwwメディアワークス文庫、三上延さんの『ビブリア古書堂の事件手帳』、最後まで面白かったです(*´꒳`*)7巻が完結巻なので是非〜〜
kagetuna25『ビブリア古書堂の事件手帖7』三上延著。シェイクスピアのファースト・フォリオか。そんな稀覯本があるんですね。ちょっと見てみたい気がします。栞子さんの祖父、そして祖母のことも明らかに。栞子さんと大輔さんは……。これで本編は完結か… https://t.co/zTj7s0qDZY
magiclib三上延「ビブリア古書堂の事件手帖7 」読了。メインのストーリーは完結。待たされたことに対して十分納得の完結でした。伏線回収されつつハッピーエンドなので文句言うとこないです。この後もスピンオフなどはでるようですのでまだ楽しめそう。
aaatoshosen828T読了『ビブリア古書堂の事件手帖 7〜栞子さんと果てない舞台〜』三上延シリーズついに完結。古書については私が全く分からないので、こう言っては何ですが、すごくよく練られたストーリーだと毎回思う。ここに登場する古書に物凄く興味が湧… https://t.co/Z0GiiXAAhF
tetutetu1962三上延さんの『ビブリア古書堂の事件手帖7~栞子さんと果てない舞台~』(メディアワークス文庫)読了。シリーズ完結作にふさわしい多幸感を味わえる作品で嬉しかったです。過去に登場した印象的なキャラ達のその後もサラリと描かれ集大成感も充分… https://t.co/eKcV7Zhdhi
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)