トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 内田春菊

内田春菊

内田春菊さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

内田 春菊(うちだ しゅんぎく、1959年8月7日 - )は、日本の漫画家、小説家、エッセイスト、女優。本名は内田 滋子。ノックアウト所属。落語立川流の門下でもあり、高座名「立川於春の方」を持つ。
長崎県長崎市出身。小学生の時に漫画家を志すが、実母と養父から漫画を描く事を禁じられ、隠れて豆本漫画を描いていた。中学時代に同級生の子を身籠ったことをきっかけに、養父から性的虐待を日常的に受けたため家出。長崎県立長崎南高等学校1年途中で学校側から強制退学させられる。その後、心理学を学ぶために慶應義塾大学通信教育課程に入学するが、間もなく退学する。
その後、印刷会社の写植やバーのホステス、喫茶店のウェイトレスなどを経て、ペンネームの名付け親でもある編集者・プロデューサーの秋山道男に出会い見出される。その後、彼女の個性を認めたいしかわじゅんの紹介もあって、1984年、双葉社発行の『小説推理』に掲載された『シーラカンスぶれいん』で漫画家としてデビュー。
性的な事柄をストレートに描き、岡崎京子、桜沢エリカらと共に「女の子エッチ漫画家」として人気を呼ぶ。また、エッセイ、漫画エッセイ等も執筆し、社会一般の価値観への異議を唱える内容が人気を博す。
青林堂発行の『月刊漫画ガロ』には、1985年9月号『おそろしいかえる酒』で初登場。 以後も『ガロ』に芸術性の高い作品を発表する。1986年から1987年にかけて『ガロ』誌上に連載した『南くんの恋人』は、これまでに4回テレビドラマ化されている。
1993年に発表した初めての小説『ファザーファッカー』はベストセラーとなり、第110回直木賞の候補作となった(1995年に映画化)。翌1994年には『私たちは繁殖している』・『ファザーファッカー』両作合わせて第4回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。また『キオミ』で第112回芥川賞候補。
クラブ歌手だった経歴を生かし、1983年にラテンバンド「アベックス」を結成しボーカルを務めた。2010年から音楽活動を再開し、自身が監督を務める映画では主題歌を担当している。また、女優として映画、ビデオ、舞台等にも出演している。
3度の結婚歴があり、3人目の夫である俳優の貴山侑哉とは2005年に戸籍上は離婚したが、事実婚の形で同居していた。しかし2012年2月11日放送の『ゴロウ・デラックス』title=検証できません。|date=2017年4月にて、貴山侑哉との同居を解消したと番組内で話している。
子供は4人〔未婚中に長男・在波(α)、2人目の夫と結婚中に別の人との間に長女・紅多(β)、貴山との間に次女・紅甘(γ)と次男・出誕(δ)〕。次女・紅甘は女優。
2017年4月、前年に大腸癌を患い人工肛門を造設したことを公表(「漫画家内田春菊大腸がん闘病記」、週刊朝日、2017年9月15日号、頁111-113。)。

内田春菊新刊

  • 発売日
    2018年8月29日
  • 書名
    ユリイカ 2018年9月臨時増刊号 総特集◎山本直樹 ―『BLUE』『ありがとう』『ビリーバーズ』『レッド』から『分校の人たち』まで―

受賞歴

内田春菊関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

内田春菊関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ishikawasei1「おまえの尻は、内田春菊」「アニキの太マラ、無印良品」
saijoasakusa秋山道男さんは漫画家の内田春菊さんと2年前に亡くなった女優の横町こすず(横町慶子)さんの名付け親でもあるが、当時の僕は春菊さんには弟のように可愛がって頂き、こすずちゃんとは一緒にバンドをやったりもした。昨日の夜、久しぶりに春菊さんと連絡を取り、秋山さんやこすずちゃんの話をした。
f_fkafka「筆を握っていた私の右手が、私の意思とは別に、ひとりでに地面に字を書くのです。『自動書記だ!』」(第6回公演 内田春菊『林檎とパパイヤ』より) #sakagao
hipunoses秋山道男さんといえば内田春菊さんの名付け親でもあり「君なかなか電話しないね。10円玉あげよう」 のエピソードも好きだったな大人な洒落た会話にいまだに少し憧れがある(無理だけど)
amaebooksale[まとめ買い] 私たちは繁殖している (内田春菊) が、Kindleストアで5185円値下げされて5184円(50%OFF)になりました。https://t.co/J4IsPPGbbD
fthmなにかというと内田春菊が名付け親、という秋山道男氏亡くなったの。スタッフロールの「企画」のところに名前出てた気がするけど、そういえば最近は見なかったかも。
darksengokuあ、内田春菊の漫画であったねそういうの。あらためてほしいことを理で説明しようとすると彼氏に「なんか、おまえ怖いんだもん」って面倒くさがられるの。あれ「わかるわかる!」って思ってた昔
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)