トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 門井慶喜

門井慶喜

門井慶喜さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

門井 慶喜(かどい よしのぶ、1971年11月2日 - )は、日本の小説家、推理作家。
群馬県桐生市生まれ。同志社大学文学部文化学科文化史学専攻(現・文学部文化史学科)卒業。
出生は群馬県だが、3歳のときに転居した栃木県宇都宮市で育つ、宇都宮市立国本中学校、栃木県立宇都宮東高等学校、同志社大学文学部文化学科文化史学専攻(現・文学部文化史学科)卒業。
大学卒業後、1994年から2001年まで宇都宮市にキャンパスのある帝京大学理工学部で職員として勤務。初めて文学賞に応募したのは2000年の創元推理短編賞。
2003年「キッドナッパーズ」で第42回オール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。2006年『天才たちの値段』で単行本デビューする。2018年、『銀河鉄道の父』で第158回直木三十五賞受賞。
2020年3月6日、ねやがわPR大使に就任した。

門井慶喜新刊

  • 発売日
    2020年5月15日
  • 書名
    決戦!新選組 (講談社文庫)
  • 発売日
    2020年4月15日
  • 書名
    銀河鉄道の父 (講談社文庫)
  • 発売日
    2020年2月24日
  • 書名
    東京、はじまる

受賞歴

門井慶喜関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.3.21 作家の読書道 第192回:門井慶喜さん

    今年1月、『銀河鉄道の父』で第158回直木賞を受賞した門井慶喜さん。受賞作は宮沢賢治の父親にスポットを当てた物語。他にも、美術や建築などを含め歴史が絡む作品を多く発表している門井さん。その礎を築いたのはどんな読書体験だったのだろう。

  • 2018.1.16 芥川賞に石井氏と若竹氏 直木賞に門井氏

    第158回芥川賞と直木賞の選考会が16日夜、東京で開かれ、芥川賞には石井遊佳さんと若竹千佐子さん、直木賞には門井慶喜さんの作品が選ばれました。

  • 2017.12.20 第156回芥川賞・直木賞の候補作決まる

    日本文学振興会が12月20日、発表した。芥川賞候補には第54回文藝賞を受賞した若竹千佐子氏の初小説「おらおらでひとりいぐも」、直木賞候補には人気バンド「SEKAI NO OWARI」で、ピアノやライブの演出などを担当している藤崎彩織氏の『ふたご』が入った。選考会は来年1月16日、東京・中央区の料亭「新喜楽」で行い、同日受賞者の記者会見が開かれる。候補作は次の通り。

門井慶喜関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

YAKESANKANSAN@rabenda0616 おおー最近itikoさんと偶然が重なりますね。実は、門井慶喜さんの作品が今週の通勤の友なのですよ。これも面白そうですね(^^♪
B8Yc6銀河鉄道の父門井慶喜読みました父親目線から宮沢賢治が語られています。不器用ながらも深い愛情がそこにありました。ブクログで感想書いています。#読了 https://t.co/ZXAQpJReAC
kodanshabunko6月に入りました。講談社文庫4月刊、5月刊大好評発売中です。直木賞受賞作! 門井慶喜さん『銀河鉄道の父』、柚月裕子さん『合理的にあり得ない』など注目作が盛りだくさんです。お近くの書店でチェックしてください。Café講談社文庫(フ… https://t.co/1oIqFiQ4nK
rinko_hh門井慶喜『家康、江戸を建てる』を読み始めたけど、導入部からすでに面白い。歴史小説って導入部ダルいこと多いけど
taimei_inaba『銀河鉄道の父』門井慶喜 読了。宮沢賢治の父親を主人公にして描かれた小説。直木賞受賞作でさすが面白かった。映像化動いてそうだな。
31meisai「お父さん」賢治はなおも原稿用紙の塔を見おろしつつ、おのずから、つぶやきが口に出た。「……おらは、お父さんになりたかったのす」『銀河鉄道の父』 門井慶喜病弱で父にはなれない。その代わりに童話を生む決意は、父に対する巨大で複雑な感情から生まれた。
Munekyun_Novels「失礼。和久山君」【潟田直次/図書館滅ぶべし/門井慶喜】
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)