トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 大城立裕

大城立裕

大城立裕さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

大城 立裕(おおしろ たつひろ、1925年9月19日 ‐ )は、日本の小説家。
沖縄県中城村出身。1943年、上海の東亜同文書院大学に入学し、1946年、敗戦により中退。高校教師を経て琉球政府、引き続き沖縄県庁の職員となり、主に経済・歴史編集畑を歩む。1967年、『カクテル・パーティー』で芥川賞を受賞し、沖縄初の芥川賞作家となる。「沖縄」の矛盾と苦しみと誇りをみつめた小説、戯曲やエッセーなど多くの作品を発表した。県の文化行政にも積極的に関わり、1983年から1986年まで沖縄県立博物館長を務めた。

受賞歴

大城立裕関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2015.4.15 大城立裕さん「レールの向こう」に川端文学賞

    2014年に発表された短編ベストワンに贈られる第41回川端康成文学賞(川端康成記念会主催)に15日、大城立裕さん(89)の「レールの向こう」(新潮14年5月号)が選ばれた。副賞100万円。贈賞式は6月26日、東京・虎ノ門のホテルオークラで。

  • 2014.7.30 おきなわ文学賞に新部門 伝統舞台戯曲

    9月に募集が始まる第10回おきなわ文学賞(主催・県文化振興会)に、10周年記念特別企画として新たに「伝統舞台(組踊・沖縄芝居)戯曲」部門が3年限定で設置される。

大城立裕関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

gajumui大和市。ひっきりなしに自衛隊機が飛ぶ。聞こえなくなる地方の唄。まるで大城立裕の「普天間よ」の世界みたいだ。 https://t.co/OpgJYQwKfW
Namimagazine大城立裕著『レールの向こう』の評者は玄侑宗久さん!/「レールの向こう」への覚悟(波2015年9月号)https://t.co/Y7zMsWYXMZ
takahiromyg吉の浦にあります。亀甲墓。建立は1996年。大城立裕さんは中城村出身。 https://t.co/WlYOhT8Kfh
SAC_soka大城立裕 『小説 琉球処分』 講談社文庫沖縄県が誕生するまでを琉球王朝の視点から描いた小説。ここで描かれる琉球王朝の人たちの憤りと日本への反感、そして中国という隣国への感覚は、日本本土に暮らしていては、なかなかわからないものである。この小説を片手に沖縄を訪れてみては?
tomori_hitoshi「沖縄タイムス」今日の読書面 【書評・詩歌の本】佐藤モニカ著『世界は朝の』(新星出版・1620円) 《見出し》息子への思いと重い出自 《評者》大城立裕(作家) 《本文》一冊が2章に分かれる。1章は幼い息子との、ほのぼのとした日常を描いたものだが、息子への思いに、自分の母への思い…
BARANEKO0409これも紹介済みですが今回は大城立裕さんの書評(タイムス)佐藤モニカの「サントス港」に続く、第2詩集。「本土」では入手しづらいが、良いよ世界は朝の新星出版 https://t.co/0eRuqs0WFy
monicasa21本日の沖縄タイムスに作家の大城立裕さんが詩集『世界は朝の』の書評をお書きくださいました。ありがとうございました。よろしければ、お読みください。なお、ネットの琉球新報ストアでは『サントス港』との2冊セットも取扱い中です。よろしくお願… https://t.co/xfZmFGFAjp
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)