トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 萩原葉子

萩原葉子

萩原葉子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

萩原 葉子(はぎわら ようこ、1920年9月4日 - 2005年7月1日)は、日本の小説家、エッセイスト。
詩人萩原朔太郎と最初の妻、稲子(旧姓上田)との長女として東京本郷の東京帝大構内の前田侯爵邸に生まれ、大井町、田端、鎌倉材木座、馬込、前橋、下北沢などを転々として育つ。2歳下の妹・明子がいる。8歳の時両親が離婚し、前橋の祖母(朔太郎の母)宅に預けられた。権勢を振るう祖母の圧迫で、2番目の妻と離婚させられた朔太郎が1942年、55歳で死ぬという辛酸をなめ、このことがのち小説『蕁麻の家』に描かれることになる。
1938年、精華高等女学校(現・東海大学付属望洋高等学校)卒業、同年文化学院入学。在学中に知り合った男から騙されて妊娠。戦時中に、1944年に職場の上司の大塚正雄と結婚して1子を儲けた。これが萩原朔美である。しかし1954年に離婚した。
20歳から英文タイピストとして働いていたが、戦後、教師になることを志し、1951年4月、砧高等学校|date=may 2015定時制3年次に入学。1952年3月に同校を卒業し、同年4月、國學院大學文学部国文科(夜間部)入学。1955年、東京都立明正高等学校へ教育実習に行くが、生徒の前で話すことが不得意であると感じ、教師になることを断念、大学は1956年に中退する。
1957年に近所の山岸外史の訪問を受け、1957年、同人誌『青い花』(第2次)に萩原朔太郎の思い出を執筆。1959年、『父・萩原朔太郎』を上梓して日本エッセイスト・クラブ賞を受賞、作家活動に入る。榊山潤主宰の同人雑誌「円卓」に連載した『木馬館』で、1964年、第1回円卓賞を受賞。1966年、三好達治の思い出を描いた『天上の花』で田村俊子賞、1976年に『蕁麻の家』で女流文学賞を受けるが、その内容を信じない批評家もあり、被害妄想と評する者もあった。これに対し、萩原葉子は「事実はこんなものではなかった」と反論し、同人誌仲間の大森光章は「葉子さんは嘘を書けるひとではないから事実を有りのままに書いたに違いない」と評している。
1984年、第二部『閉ざされた庭』、1997年、第三部『輪廻の暦』を書き継いで『蕁麻の家』三部作が完成し、1999年高橋元吉文化賞と毎日芸術賞を受賞した。80歳を過ぎてなおモダンダンスに熱中するなどその健在ぶりが伝えられたが、2005年に満84歳で没した。

受賞歴

萩原葉子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

萩原葉子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

jnb2019閉ざされた庭 / 萩原葉子 著東京 : 小学館, 2021.9https://t.co/pKzPG1UYgphttps://t.co/LVc0gHwBCl
gtgt_yamada文ある女性キャラ、樋口一葉は多分めっちゃ難しいので森茉莉、幸田文、萩原葉子あたりの…娘トークで幕を開けて…まあ家庭があって子がいるというのもそれはそれで難しいか…そうか…
bungei_girl【単行本】閉ざされた庭萩原葉子 小学館/P+D BOOKS親族の虐待から逃れた主人公に幸せは来るのか。詩人・萩原朔太郎の長女・葉子の実体験から書かれた自伝的小説。『蕁麻の家』の続編。https://t.co/gzFZk7KfSJ
sgkbook_novel「閉ざされた庭」|現代小説|文学・小説|書籍|小学館萩原葉子https://t.co/itNB2isOS7
nagasaki_jiro萩原朔太郎の本もありますので、この機にぜひ一緒に!『ニ魂一体の友』(中公文庫)は先月の新刊です。萩原朔太郎と室生犀星の互いに関するエッセイを集成した本で、巻末には二人のそれぞれの長女同士(萩原葉子×室生朝子)の1987年の対談が収… https://t.co/0U3RwlWVg8
maebun_official9月4日は、詩人萩原朔太郎の長女にして作家であった萩原葉子の生誕日です。昨年、前橋文学館では、その生誕100年を記念した展覧会を開催しました。その際予定していた記念イベント「萩原葉子を読む」は、新型コロナウイルスの影響により、無観客で収録を行いました。(続きます)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)