トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 八木義徳

八木義徳

八木義徳さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

八木 義徳(やぎ よしのり、1911年(明治44年)10月21日 - 1999年(平成11年)11月9日)は、日本の小説家。日本芸術院会員。
北海道胆振国室蘭郡室蘭町大字札幌通4丁目(現在の室蘭市中央町1丁目)に、父・田中好治、母・八木セイの次男(庶子)として生まれる。父の好治は山梨県東山梨郡春日居村(現在の笛吹市春日居町)の出身で、東京帝国大学医科大学を卒業し、義徳が出生した時点では町立室蘭病院(現在の市立室蘭総合病院)に務めていた。名医と評判であり、その後独立して室蘭市内に田中病院を開業している。一方、母のセイは青森県東津軽郡油川村(現在の青森市大字油川字大浜)出身で、小樽市の海産物商の養女となるが養家が没落し、室蘭で芸妓となり田中好治と知り合った。戸籍上は人力車業の村松和四郎・タセ夫妻の子として記載され、生まれてすぐに沖仲仕の小頭内海初三郎・ヨネの家に乳飲み子として預けられ、3歳まで育った。婚外子という出生は、義徳のその後の人生に大きく影響した。
1924年(大正13年)4月に北海道庁立室蘭中学校(現在の北海道室蘭栄高等学校)に入学し、剣道部で活躍。剣道部の先輩から教えてもらった倉田百三と有島武郎を読んで文学に目覚める。船員志望だったが近視だったために叶わず、海に関係のある北海道帝国大学附属水産専門部製造科(現在の北海道大学水産学部)に進学して札幌市に住む。同級生と樺太旅行をした際に、新問郡で宿代を払えなくなり、鱒缶詰工場で重労働をさせられたことから左翼思想にかぶれ出し、そのことが大学から問題視されてやむなく中退。上京して夜間のロシア語講習会に通いながら、一時左翼運動に身を投じる。運動仲間が逮捕されてハルビンに逃亡するも捕まり、室蘭警察署に留置される。思想検事の取り調べを受け、転向声明を出して釈放される。失意の中でドストエフスキーを再読する。その後、実母セイの戸籍に入り八木姓となる。
1933年(昭和8年)4月に第二早稲田高等学院入学。高等学院時代の1934年(昭和9年)10月に中村八朗、辻亮一、多田裕計らと同人雑誌「黙示」を創刊。1935年(昭和10年)4月に早稲田大学文学部仏蘭西文学専攻に入学し、同級生の長見義三と終生の友となる。大学時代には第三次『早稲田文学』復刊に参加する。1937年(昭和12年)、『早稲田文学』に『海豹』を発表し、横光利一に高く評価され、後に師事するようになる。1938年(昭和13年)3月に卒業、奉天市に渡り満州理化学工業に入社する。1943年(昭和18年)、退社して東京へ帰り、東亜旅行社(後の日本交通公社、現在のJTB)に入社。1944年(昭和19年)、応召を受けて出征し、湖南省長沙から行軍中だったときに、「劉広福(リュウカンフー)」で第19回芥川龍之介賞受賞(小尾十三「登攀」と同時受賞)の報せを受ける。
1935年(昭和10年)10月に久保田りよと結婚し1児をもうけていたが、出征中の1945年3月10日、東京大空襲により妻と子は焼死した。この頃、日本交通公社を退社。兄の義弘は医師で、鶴見区小野町の日本鋼管川崎病院に勤務していた経験があり、院長との交流により川崎病院に看護師として勤務する中込正子との知縁が生まれた。中込正子は山梨県中巨摩郡在家塚村(現・南アルプス市在家塚)の出身であった。義弘は中込正子と義徳を引き合わせ、1950年(昭和25年)11月18日に義徳と正子は結婚する。しかし同じ年に、義弘は癌を苦にして自殺した。
1948年(昭和23年)、『文藝時代』同人となる。1950年(昭和25年)、丹羽文雄主宰の『文學者』復刊に参加。1952年(昭和27年)、第五次『早稲田文学』編集委員に就任。昭和30年代以降は『高校コース』などにジュニア小説を書いたりもしたがあまり評価には恵まれず、地元北海道に関する作家活動が増えた。1969年(昭和44年)から終生、東京都町田市の町田山崎団地で暮らした。また和田芳恵の紹介により、八幡城太郎主宰の「青芝句会」に参加して俳句を詠んだ。
晩年になって評価が高まり、1988年(昭和63年)に、日本芸術院賞・恩賜賞。その翌年から日本芸術院会員。1990年(平成2年)には『八木義徳全集』全八巻(福武書店)が刊行され、菊池寛賞を受賞した。1989年(平成元年)勲三等瑞宝章受章、1990年室蘭市名誉市民。最晩年には「新しい歴史教科書をつくる会」賛同者に名を連ねていた。1998年11月9日、起立性低血圧の発作で入院していた町田市の多摩丘陵病院で死去。戒名は景雲院随心義徳居士。
代表作に『母子鎮魂』(1946)、『私のソーニャ』(1948)、『摩周湖』(1971)、『風祭』(1976、翌年読売文学賞受賞)などがある。

受賞歴

八木義徳関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

八木義徳関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tamatamananokaサイン本。羽生善治九段のサイン入りの『羽生の頭脳』がある。他は、八木義徳先生、庄野潤三先生、田中小実昌先生、筒井康隆先生、宮本輝先生、宮城谷昌光先生、佐伯一麦先生などなどです。 https://t.co/ebHMYEzxy1
P5BA8QuHalZmKlZ八木義徳の劉広福も工場モノか
akutagawa_syou巨大な体躯に釣り合わぬ童顔、工場に新たに雇われた男はうまくしゃべることもできなかったが…。忍耐と誠実でついに絶大な信頼を勝ちとっていく男の物語。芥川賞受賞作『劉廣福』八木義徳
tamatamananone八木義徳先生の文体探し。「横光先生に何遍も落とされたよ。文体がないってね。あるとき、冒頭の数行だけ文体があると認めてもらって、早稲田文学に載せてもらった。雑誌を届けに来たら、義秀さんもいて、どれと読んでくれて、一言、頭だけ文体があるねって。繰り返し読んだよ、その冒頭を」#先賢の辯
3S_Balzacien非常に良い本だと思う。八木義徳の読書への愛が綴られてる。引用文の紹介もうまい。さすが。 https://t.co/awTWdBjhul
dadada_dagda【本の購入メモ】石川淳『黄金伝説|雪のイヴ』『落花|蜃気楼|霊薬十二神丹』『影|裸婦変相|喜寿童女』(ともに講談社文芸文庫)八木義徳『私のソーニャ|風祭 八木義徳名作選』(講談社文芸文庫)アドルフォ・ビオイ=カサーレス『モレルの発明』(水声社)
ahahaojisan4018純文学作家の八木義徳はこう言いました。「書き続ける忍耐と継続こそが作家になる条件である」
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)