トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高橋睦郎

高橋睦郎

高橋睦郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

高橋 睦郎(たかはし むつお、1937年12月15日 - )は、日本の詩人・歌人・俳人。文化功労者・日本芸術院会員。
福岡県八幡市(現北九州市)生まれ。貧しい母子家庭に育ち、新聞配達と奨学金で福岡県立門司東高等学校に学ぶ。1961年に快癒して療養所を出たが、結核歴のために教員への道を閉ざされる。大学卒業後、1962年上京し、日本デザインセンターにアルバイトで雇われ、1966年にはサン・アドに移る。以後、40歳代半ばまでコピーライターとして広告会社に勤務。
中学時代から「毎日中学生新聞」に作文・詩・短歌・俳句を投稿。現代詩も短歌・俳句の伝統詩も同じく詩であるという立場から各ジャンルを平行して制作。「非個性の詩、普遍的な詩」を志し、作風は端正かつ放胆。伝統詩においては定型を守りつつ、時代を超えた悠然とした詩作を試みる。詩のみならず、オペラ、新作能などの分野で精力的に芸術活動を続ける。詩の朗読でも知られる。
西洋古典文学にも深く関わり、ギリシャ悲劇「王女メディア」「オイディプス王」の蜷川幸雄演出の上演台本を作成した。
2017年、文化功労者、日本芸術院会員に選出。

受賞歴

高橋睦郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

高橋睦郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

shichosha【新刊】天沢退二郎『アマタイ句帳』刊行になりました!「天沢退二郎なる稀代のホモ・フマニスタスの、意外なほど天真爛漫な子供の魂が眩しいほどだ」(高橋睦郎)。20年にわたって同人誌「蜻蛉句帳」に書き継がれた、全1200余の句を集成。装… https://t.co/hx7jHrnclK
ashita_kaeru『岡井隆の忘れもの』著者:岡井隆出版社:書肆侃侃房価格:3300斎藤茂吉、森鷗外、正岡子規、与謝野鉄幹・晶子、種田山頭火、ベンヤミン、多和田葉子、穂村弘、高橋睦郎、大岡信、北川透、石原吉郎、荒川洋治、平出隆、蜂飼耳……な… https://t.co/jZ8Tjqoy2H
_yominokuni_きのう地元の駅に降り立ってから、装丁・金子國義による高橋睦郎『男の解剖学』を読んでいる。「背中について」の項目が興味深い。直に眺めることの叶わぬ己自身の「背中」。そこには、人間の身体像および内面の無防備さ、たよりなさ、不安定さ、弱… https://t.co/kdzDyLQPXI
mmktn慶長遣欧使節主題作品といえば、2013年の新国立劇場での三善晃《遠い帆》(台本・高橋睦郎、演出・岩田達宗)では支倉常長をバリトンの小森輝彦さんが歌ってますね(見に行けなかったのですよ……ざんねん……) https://t.co/jhrT9apMrQ
cra_yamenaikamo大好きな号(「文學界」2021年5月号)繰り返し読んでます。内容がとにかく贅沢。・文學界新人賞受賞作 2作品全文と講評・詩人の対談×2「谷川俊太郎×高橋睦郎」「最果タヒ×マーサ・ナカムラ」・英語詩の対訳、解説付(ア… https://t.co/DcgztXafAx
gokuraku_zigokuぶりきの蝉へこへこと秋立ちにけり高橋睦郎 https://t.co/JlVN5ghdZH
19sabo52五年前の新刊というのは、「詩人が読む古典ギリシア : 和訓欧心」高橋睦郎 [著]みすず書房 2017.4読んでるうちにギリシャ周辺の本を更にあれこれ読みたくなって又、図書館から何冊か借り出す。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)