トップページ > 作家名一覧 > ひから始まる作家名一覧 > 平岡篤頼

平岡篤頼

平岡篤頼さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

平岡 篤頼(ひらおか とくよし、1929年5月2日 - 2005年5月18日)は、日本の仏文学者、文芸評論家、作家。早稲田大学名誉教授。
大阪市生まれ。1952年早稲田大学文学部仏文科卒業。61年同大学院文学研究科仏文学専攻博士課程満期退学。1957-60年パリ大学に学び、1962年早大文学部講師、65年助教授、70年教授、2000年定年、名誉教授。
アラン・ロブ=グリエ、クロード・シモン、マルグリット・デュラス等、ヌーヴォー・ロマンの翻訳で知られているが、バルザックやメリメ等も翻訳し、小説も書くなど、幅広い活動をおこなった。
作家としては1968年にクロード・シモン著「フランドルへの道」でクローデル賞を受賞。日本文学評論「変容と試行」などを著し、1982年に「消えた煙突」で、1983年に「赤い罌粟の花」で2度芥川賞候補となる。早稲田大学文芸専修の創設や「早稲田文学」刊行、「早稲田文学新人賞」発展にも尽力した。平岡のもとで学んだ教え子には、栗本薫、重松清、堀江敏幸、小川洋子、角田光代、勝谷誠彦らがいる。
没後、遺族による寄付を基に「早稲田文学」で「剣玉基金」が設置された。

受賞歴

平岡篤頼関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

平岡篤頼関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

F_Shizuoつまり、真実ということ、あるいは嘘ということを考えるけども、真実というのを考えて行くと何が何だかわからないでしょ。そういう場合に、嘘というのを頭の中へいれて来ると、考えが広くなるし、何が何だかわからないみたいな、そういうことも感じたってことね。(平岡篤頼との対談)
no_mokkeiロブ=グリエ「迷路のなかで」(平岡篤頼訳 講談社)◆大団円を約束された冒険小説や推理小説などを読みたいと思いながらも手に取ったのは、それらの対極にある様な、小説で小説の破壊を試みた小説。写実的な言葉は揺らぎながら反復され、現実を、… https://t.co/sjoZsp6ATZ
t_hotta昨夜は安部公房の父・浅吉の弟の孫という人物に会うことができたのだ。その方は文学に特に関心なかったそうだが、弟さんが公房に影響を受けて小説を書き、80年代には「早稲田文学」に何度も掲載され、平岡篤頼が長い批評を書いたこともあるという… https://t.co/HNy9cNAkkO
ambarvalia222昨晩は坪内棚から『雑学系』や『古本的』『シブい本』など出して浸る。『文学を探せ』の江藤淳追悼号のことや、平岡篤頼の後藤明生/辻邦生/江藤淳の追悼から、辰野隆×出口裕弘のくだりがまたしみる。
mon_faust田中小実昌と平岡篤頼の対談読んでる。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)