トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中上健次

中上健次

中上健次さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

中上 健次(なかがみ けんじ、1946年8月2日 - 1992年8月12日)は、日本の小説家。妻は作家の紀和鏡、長女は作家の中上紀、次女は陶芸家で作家の中上菜穂。戦後生まれでは初の芥川賞作家。
和歌山県新宮市生まれ。和歌山県立新宮高等学校卒業。羽田空港などで肉体労働に従事したのち、執筆に専念する。紀州熊野を舞台にした数々の小説を描き、ひとつの血族と「路地」(中上健次は被差別部落の出身であり、自らの生まれた部落を「路地」と名付けた)のなかの共同体を中心にした「紀州サーガ」とよばれる独特の土着的な作品世界を作り上げた。1976年『岬』で第74回芥川賞を受賞、戦後生まれで初めての芥川賞作家となった。他の主要作品に『枯木灘』(毎日出版文化賞、芸術選奨新人賞)『千年の愉楽』『奇蹟』などがある。1992年、腎臓癌の悪化により46歳で早逝した。
=
和歌山県新宮市で父、鈴木留造(とめぞう(千里)との間に私生児として生まれた。ちさと(千里)は健次を妊娠中、留造に女がほかに二人いてその内一人は妊娠していることをもう一人の女から知らされ、留造と別れて一人で健次を産んだ。留造は二人の女のうちの一人と結婚し、この女性は健次の異母弟を産む。留造はこの女性との間に少なくとも二児をもうけた。ちさと(千里)と同時期に妊娠していた女性は健次の生誕の半年後、健次の異母妹にあたる女児を産んでいる。
ちさと(千里)は死別した前夫の木下勝太郎との間に既に4人の子供がいて、留造と別れたあとは女手一つで行商をしながら子供たちを育てる。やがて、健次より年上の男児と二人で暮らしていた男と出会い、まだ自活できない末子の健次だけを連れて同居、4人での生活をはじめた。男は中上(なかうえ)七郎といい、日雇いの土木作業員をしていたが、のちに土建請負業者になる。ちさと(千里)と健次は健次の中学校卒業直前1962年1月に中上七郎のもとに入籍した。group="注釈"|したがって中上健次は「母方で言えば三男、父方で長男、戸籍上で長男、育った家庭では次男という複雑極まりない状態」で少年期を過ごしたことになる。
1953年、新宮市立千穂小学校に入学する。小学6年生の終わり頃、1969年3月に12歳年上の異父兄・木下行平(いくへい。。高校在学中、処女作『赤い儀式』を執筆するgroup="注釈"|エッセイ集『破壊せよ、とアイラーは言った』に収録された。。

受賞歴

中上健次関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

中上健次関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kurakuyura_226中上健次あたりはもう団塊の世代なんだ(wiki見てる)
Ya_ts_中上健次『鳳仙花』読了
travis02130213@kxe5ZIGI16uHIhr ビフさん、読んでくれてありがとう。じつは元々わたしの父についての小説を書こうと思ったのがきっかけなのです(だから中上健次はハズすどころか大正解)。汐乃さんはその生い立ちからして日本文学を背負ってま… https://t.co/yclLnChalI
kxe5ZIGI16uHIhr中上健次〜PTAという当初の目算は大外れ。マジックリアリズムと日本の土着を融合させる試みが小説を律するありとあらゆる因果を踏み越えて暴走していく。そこここに作者独自の問題意識が剥き出しにされているあたり、決して気軽な解読を許さない… https://t.co/9qfttipwNQ
ellitic80年代ニューアカこそかっこいい、文学なんて大半は終わっていて、ニューアカの人々の褒める中上健次をはじめとする作家だけが特別、といった「ニューアカ文学史観」から、彼らの言う「前衛」でない「幻想文学」(実はその中には彼らが認める海外… https://t.co/gQlQuvDZvh
hama_ten「失言」で好感度を獲得!? 安倍政権はどこまでも「大衆的」だった https://t.co/3dDe5as7gN #現代新書安倍政権の功績の一つは、中上健次の小説に出てくるような「大衆」を蔑む昭和的なエリート層を平成〜令和に可視化したことだ。まさにこの文章に出てくるような。
H0eru金井美恵子   ↗谷崎潤一郎   ↘    中上健次という流れを石川義正「言説の騒乱(ディスオーダー)」(『政治的動物』)読んで思いだした。ウワーッ忘れてたそういう感じなんだった。ま、とりあえず『文章教室』はこちらに来てもろてやね……
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)