トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山本弘

山本弘

山本弘さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

山本 弘(やまもと ひろし、1956年 - )は、日本のSF作家、ファンタジー作家、ゲームデザイナー。前と学会会長。「山本弘」はペンネーム、本名は「山本浩」。日本SF作家クラブ会員。京都府出身。最終学歴は京都市立洛陽工業高等学校電子科卒業。
アマチュア時代に筒井康隆主宰のSFファングループ「ネオ・ヌル」に参加、1976年からSF同人誌『NULL』にて短編小説を発表する。また、やはりSF同人誌『星群』にも参加。のちに改稿され商業誌に発表された「シュレディンガーのチョコパフェ」は、最初『星群』のオリジナル・アンソロジーに発表されたものである。同作により、1986年にSFファンジン大賞・創作部門を受賞。
1978年、第1回奇想天外SF新人賞佳作を受賞した「スタンピード!」でデビュー。このとき同時に佳作を受賞した作家に新井素子がいる。処女長編は1988年出版の『ラプラスの魔』(角川文庫より刊行)。
安田均をブレイン役として、水野良らとSFゲームサークル「シンタックスエラー」を結成。のちにゲームデザイナー集団グループSNEに発展する。
グループSNEでは、SF、ファンタジー小説を手がけ、現在はグループSNE社友。1990年代の著作の大半はライトノベルの長短編で『ソード・ワールド』シリーズ(富士見ファンタジア文庫)および『妖魔夜行』・『百鬼夜翔』シリーズ(角川スニーカー文庫)の主要著者グループの一人である。ソード・ワールドにおいては西部諸国、『妖魔夜行』シリーズでは世界観の基本設定を担当し、森崎摩耶、穂月湧を主人公としたシリーズを執筆している。また浜本弘として自作にチョイ役で出演している。このことは後日コンプRPGの読者にシナリオネタにされている(『生みの親を死守せよ!』という作品が同雑誌の妖魔夜行コーナーで投稿作品として紹介されている)。
ライトノベルSFの分野では『時の果てのフェブラリー』などの作品があり、この分野においては、野尻抱介らとともにハードSF志向が強い作家のひとりである。「SFの本質はバカ(バカバカしさ&真剣さ)である」というスタンスを表明しており、現実にはありえない発想に科学考証を加えるというセンス・オブ・ワンダーを重視している。
ライトノベル分野以外では、2003年以降SF作品を精力的に発表し、正統派のSF作家としての評価を急速に高めた。2004年の長編『神は沈黙せず』は第25回日本SF大賞候補作に、2005年の短編「メデューサの呪文」はSFマガジン読者賞に選ばれた。2006年の連作短編集『アイの物語』は第28回吉川英治文学新人賞候補になり、英語版も刊行されている。2007年の連作長編『MM9』は第29回日本SF大賞候補になり、さらに『SFが読みたい!』のベストSF国内篇の第2位となるなどした。同作も『アイの物語』に続いてハイカソルより英語版が刊行された。2011年、『去年はいい年になるだろう』で第42回星雲賞日本長編部門(小説)を受賞。
「主人公は世界の本当の姿を知らない」「現実は見た目どおりではない」というスタンスの作品を示す「パラノイアSF」という概念をたびたび提唱している。

山本弘新刊

  • 発売日
    2018年3月24日
  • 書名
    怪奇探偵リジー&クリスタル (角川文庫)
  • 発売日
    2017年12月19日
  • 書名
    プラスチックの恋人
  • イラストレーター
    ふゆの春秋

受賞歴

山本弘関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

山本弘関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sv_g8山本弘は若い頃に父親に持ってたゲームとか漫画とかを全部引き出して庭に積み上げられて「こんなものを読んでいるからダメになる」って燃やされた、って妖魔夜行のあとがきで言ってませんでしたっけ。とんでもねえ時代だと思う。
yasushi03732核保有 田代廉 森公高 蕨牙兎土 山本弘 蕨牙兎土弁護士唐澤貴洋弁護士 月永皓瑛 涼子P 松瀬裕太郎 暴力団事務所 山本弘 伊藤勇気弁護士唐澤貴洋弁護士 チバケンマ パチンコ屋 田代廉 森公高 ピンサロ 核保有オランダヒルズ森タワーROP7階
vaital523532オランダヒルズ森タワーROP7階弁護士唐澤貴洋弁護士 黒田厚志 40298 うしじまいい肉 麻原彰晃 月永皓瑛 山内学法律事務所クロス 無能 藤田拓也 山本弘 田代廉 黒田厚志 大宏
R_iwasaki山本弘「怪奇探偵リジー&クリスタル」、読了。これ、かなり面白い。古参の海外特撮映画ファンは堪らんネタだらけ。SFなのに洒落てて爽快。
koshian色々とひどい話が……。デマはデマであって政治思想は関係ないのにな……。 / “山本弘のSF秘密基地BLOG:ムー愛読者はと学会を経てネトウヨになる?” https://t.co/gVrPEyX9pg
fuyuka001トレンドにあって懐かしい小説の題名だなって思ったらそれは山本弘氏の「ラプラスの魔」だったあるよ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)