トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 小松重男

小松重男

小松重男さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小松 重男(こまつ しげお、1931年(昭和6年)2月24日 - 2017年3月18日)は日本の歴史小説作家、時代小説作家。新潟県新潟市生まれ。鎌倉アカデミア演劇科卒業。
松竹大船撮影所、前進座文芸演出部、新協劇団演出部を経て、1977年(昭和52年)「年季奉公」で第51回オール讀物新人賞を受賞しデビュー、作家活動に入る。松竹大船撮影所では監督中村登に師事する。1987年(昭和62年)、「鰈の縁側」が、翌1988年(昭和63年)、「シベリヤ」が直木賞候補となる。時代小説の分野では、綿密な時代考証を基に封建社会の現実をユーモアを交えながら表現した「侍」シリーズがある。歴史小説の分野では、勝惟寅(小吉)の自叙伝『夢酔独言』を精緻に読み込み、虚実を考証した上で再構築した史伝的な小説『喧嘩侍 勝小吉』や、関係資料を読み込み、伝説的な武将となっている上杉謙信の真実の姿を浮かび上がらせた『迷走大将 上杉謙信』(「聖将 上杉謙信」より改題)がある。また、隠密とされている「御庭番」の研究にも取り組んでおり、ノンフィクション作品の『幕末遠国奉行の日記 川村修就の生涯』やフィクションを交えた時代小説として構築した『御庭番秘聞』など「御庭番」シリーズの作品がある。
妻は相生千恵子。2017年3月18日死去。満86歳没。2018年、『蚤とり侍』が阿部寛主演・鶴橋康夫監督で実写映画化される。

受賞歴

小松重男関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

小松重男関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kanro300◎旗本の経済学 御庭番川村修富の手留帳 小松重男 新潮選書   https://t.co/BuiFeT7ILf #ヤフオク
zasetsushirazu平成29年3月18日、作家の小松重男が死去。映画化された『蚤とり侍』などの歴史小説を書いた。また、『幕末遠国奉行の日記-御庭番川村修就の生涯-』(中公新書)や『旗本の経済学-御庭番川村修富の手留帳-』(新潮選書)など、歴史研究者の… https://t.co/FvkMsfV5Bi
meihuku2017年に腎不全で逝去され、今日で4回目の命日を迎える小説家、小松重男さんのご冥福をお祈りします。
_Boo_Taro「蚤とり侍」小松重男読み終わり。時代小説はあんまり読まないのですが、これは面白かった!映画見てからでも十分に楽しめます。 https://t.co/Dz3PvLcnBC
koh_reader小松重男『幕末遠国奉行の日記 御庭番川村修就の生涯』リアル御庭番の川村修就が残した日記をもとに、主として彼の新潟奉行時代を追う。たとえ小太刀二刀流の使い手でなくとも、冒頭の抜荷探索報告書における恐るべき正確さとネットワークにその… https://t.co/fvuj9FW4S0
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)