トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 早坂暁

早坂暁

早坂暁さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

早坂 暁(はやさか あきら、1929年8月11日 - 2017年12月16日)は、日本の小説家、脚本家。本名:富田 祥資(とみた よしすけ)。愛媛県温泉郡北条町(現松山市)生まれ。
遍路道の商家で生まれ育ち、幼少の頃からお遍路さんに接した。旧制松山中学を経て、海軍兵学校在学中に終戦。被爆直後の広島の惨状を目撃している。旧制松山高等学校卒業後、東大医学部に合格するも、医業に疑問を持ち入学せず、日本大学芸術学部演劇学科に進学し同校卒業。
新聞社編集長を経て、いけばな評論家として活躍。日本テレビで制作・放送された『ノンフィクション劇場』には、放送作家として全作品に関わる。その後1000本以上の映画やドラマの脚本、小説を手がけ、常に庶民の目線で独自の作風を築く。ドキュメンタリーや舞台脚本、演出も手がける。
代表作は『天下御免』『夢千代日記』『花へんろ』『ダウンタウン・ヒーローズ』『華日記・昭和生け花戦国史』『戦艦大和日記』など。必殺シリーズでは脚本をはじめ、オープニングナレーションも多数手掛けている。なかでも『必殺からくり人』の脚本は史実と虚・世相を織り交ぜながらの巧みなストーリとなっており、既存の必殺シリーズとは一線を画した内容で評価が高い。
生家が遍路みちに面した大きな商家で、幼少より遍路に接してきたこと、また、遍路に置き去りにされ、生家が引き取って「妹」として育った少女が、広島で原爆に遭い死亡したと思われる(8月5日に広島に行ったまま行方不明)ことなどから、遍路(四国八十八カ所)や原爆に関する作品や論評、活動も多く、生家をモデルにした『花へんろ』、胎内被爆者が主人公の『夢千代日記』につながっている。
勉誠出版から『早坂暁コレクション』を刊行。初の単行本化となる長編小説『戦艦大和日記』や主なシナリオ作品を収録する。
2017年12月16日、外出先で体調を崩し搬送、運ばれた東京都内の病院で同日14時、腹部大動脈瘤破裂のため死去。1929|8|11|2017|12|16。

受賞歴

早坂暁関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

早坂暁関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

masao_hayashi@sahok0220 ありがとうございます。早坂暁さんの本、吉永小百合さんの存在感共に、素晴らしい作品ですよね。私はリアルタイムでは観ていなかったので、今回改めて観ました。亡くなってからもこうやって思い出していただいて本当にありがとうございます。これからも宜しくお願い致します!
ryuugadake高脚蟹に学んだ人生訓(前半)/早坂暁NHKラジオ深夜便2009.4.7 4時台視聴回数 15,454 回
arukeiarukei雑誌好きの私も最近は極力dマガジンと立ち読みで済ませるようにしているが、それでも買う時は買う。雑誌『ドラマ』、今号は約21年ぶりの連ドラ執筆という井沢満インタビューに早坂暁追悼(間に合わせたのね)、それに加え古崎さんのドラマ評が載っているとあっちゃあ買わずにはいられない。
c_sis昨日の #shinyabin の4時台だったか。脚本家の早坂暁氏の話で、花へんろ執筆時、日本は、海外と比較して町について書いた物語があまり無かったから、そこから着想を得て書いたんだよ、というものが、印象に残った。あー、アーカイブからの再放送だったんだ。本放送は、平成16年10月
dily6adoption脚本家・早坂暁さん死去 「夢千代日記」などを手掛ける https://t.co/6jf9EIS5wA
marinmami01先日、脚本家早坂暁の追悼で放送された昔のNHKのドラマ「夢千代日記」を録画してたのを一気に観たけど、大袈裟ではなく魂に刺さるドラマだった。時代は変わってもきっと人が生きて行くのはしんどいんだろうな…主演の吉永小百合、ほんとーに綺麗!
fjmr3後で読む→ 「夢千代日記」脚本家・早坂暁が三谷幸喜に投げかけた「疑問」8日9日一挙放送 [T-SITE]: … https://t.co/RUGSYCFojK
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)