トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 早坂暁

早坂暁

早坂暁さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

早坂 暁(はやさか あきら、1929年8月11日 - 2017年12月16日)は、日本の小説家、脚本家。
本名:富田 祥資(とみた よしすけ)。愛媛県温泉郡北条町(現松山市)生まれ。
公式ウェブサイト https://www.akirahayasaka.net/
遍路道の商家で生まれ育ち、幼少の頃からお遍路さんに接した。旧制松山中学校(現在の愛媛県立松山東高等学校)を経て、海軍兵学校在学中に終戦。被爆直後の広島の惨状を目撃している。旧制松山高等学校(現在の愛媛大学文理学部の構成母体)卒業後、東京大学医学部に合格するも、医業に疑問を持ち入学せず、日本大学芸術学部演劇学科に進学し同校卒業。
新聞社編集長を経て、いけばな評論家として活躍。日本テレビで制作・放送された『ノンフィクション劇場』には、放送作家として全作品に関わる。その後1000本以上の映画やドラマの脚本、小説を手がけ、常に庶民の目線で独自の作風を築く。ドキュメンタリーや舞台脚本、演出も手がける。
代表作は『天下御免』『夢千代日記』『花へんろ』『ダウンタウン・ヒーローズ』『華日記・昭和生け花戦国史』『戦艦大和日記』など。必殺シリーズでは脚本をはじめ、オープニングナレーションも多数手掛けている。なかでも『必殺からくり人』の脚本は史実と虚・世相を織り交ぜながらの巧みなストーリとなっており、既存の必殺シリーズとは一線を画した内容で評価が高い。
生家が遍路みちに面した大きな商家で、幼少より遍路に接してきたこと、また、遍路に置き去りにされ、生家が引き取って「妹」として育った少女が、広島で原爆に遭い死亡したと思われる(8月5日に広島に行ったまま行方不明)ことなどから、遍路(四国八十八カ所)や原爆に関する作品や論評、活動も多く、生家をモデルにした『花へんろ』、胎内被爆者が主人公の『夢千代日記』につながっている。
勉誠出版から『早坂暁コレクション』を刊行。初の単行本化となる長編小説『戦艦大和日記』や主なシナリオ作品を収録する。
2017年12月16日、外出先で体調を崩し搬送、運ばれた東京都内の病院で同日14時、腹部大動脈瘤破裂のため死去。1929|8|11|2017|12|16。
「これだけは未来のために書き残したい」として「春子の人形」の脚本執筆を開始したが未完成だったものを冨川元文が仕上げ、その第1稿が完成した2日後に早坂は急逝し『花へんろ 特別編 「春子の人形」』が、2018年夏に放送された。

受賞歴

早坂暁関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.5.31 坊っちゃん文学賞:今年度は作品募集せず 9月に審査員トーク

    松山市は、新人作家の登竜門となる「坊っちゃん文学賞」について今年度は作品の募集をしないと発表。審査員の1人である早坂暁さんが昨年12月に死去したことや賞の創設から30年という節目を迎えたことを踏まえ、今年度は一度立ち止まって考える機会にするといい、9月には審査員の椎名誠さん、中沢新一さん、高橋源一郎さんを招いたトークイベントを開催する。

  • 2017.12.16 脚本家 早坂暁さんが死去 「夢千代日記」など手がける

    NHKのドラマ「天下御免」や「夢千代日記」などの脚本を手がけ、小説家としても活躍した早坂暁さんが、16日、外出先で倒れ、運ばれた病院で亡くなりました。88歳でした。

  • 2016.8.24 坊っちゃん文学賞に新部門 短編作品含め募集開始

    青春文学の登竜門として知られる松山市の第15回「坊っちゃん文学賞」で、新たに400字詰め原稿用紙15枚以下の短編小説を対象にした「ショートショート部門」が設けられ、既存の小説部門とともに作品募集が始まった。

早坂暁関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

your_follow1000身の程を知ることの大切さ ~ 早坂暁
axyumu身の程を知ることの大切さ  早坂暁
jichitai_EHIME愛媛県松山市/ 追悼展「ありがとう早坂暁さん」を開催しています: 平成30年9月30日(日曜日)まで北条ふるさと館で、追悼展「ありがとう早坂暁さん」を開催しています(入場無料)。 https://t.co/aqyEx5oaMI
observer1978Huluで「関ヶ原 第三夜 男たちの祭り 関ヶ原 第三夜 男たちの祭り」を視聴中! #hulu_share https://t.co/YruKPSXUGY司馬遼太郎さんの原作があるからという理由もあるが、この三部作における早坂暁先生の脚本が素晴らしすぎる。
kozologueえ?ペキフーって脚本・早坂暁なの?と思ってググったらマジだったhttps://t.co/iUL2WjwhVz https://t.co/azzUxBQmoi
KYnebosuke朝からずっと樹木希林の訃報のニュースを見るコミカルな女優のイメージもあった樹木希林が、演技派女優と見做されるようになったのは、夢千代日記だった記憶がある。花へんろでは、桃井かおりのちょっと蓮っ葉なイメージを変えたし、早坂暁の脚本の凄さを感じる
kaneword_bot身の程を知ることの大切さ(早坂暁)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)