トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 芦沢央

芦沢央

芦沢央さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

芦沢 央(あしざわ よう、1984年2月13日 - )は、日本の小説家・推理作家。東京都生まれ。千葉大学文学部卒業。
2000年ごろから文学賞への応募を続ける。出版社勤務を経て、2012年、「罪の余白」で第3回野性時代フロンティア文学賞を受賞し、小説家デビューする。選考委員の池上永一は「切り札の多さが魅力の作品だ」「手札の豊富さで読者を飽きさせない」、山本文緒は「エンターテインメント作品に紛れこませようとしても滲んできてしまう、この著者の只事ではないエネルギーを私は感じた」と評した。
2015年、「許されようとは思いません」で第68回日本推理作家協会賞(短編部門)候補。同作を収録した短編集『許されようとは思いません』が2016年版「週刊文春ミステリーベスト10」で第7位、「このミステリーがすごい!」2017年版で第5位、第38回吉川英治文学新人賞候補。2018年、「ただ、運が悪かっただけ」で第71回日本推理作家協会賞(短篇部門)候補に選ばれた。2019年、『火のないところに煙は』で第32回山本周五郎賞候補。

芦沢央新刊

  • 発売日
    2019年5月29日
  • 書名
    許されようとは思いません (新潮文庫)

受賞歴

芦沢央関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

芦沢央関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yuuu34062174芦沢央さんの、火のないところに煙は、を読んだ。ホラーミステリーはただ純粋に怖いので読んだことはなかったけど、サクサク読める文体で一気見した。現実にもなーんかありそうなその微妙なスキマを突いてくる怖さがあって、しかも最後は、各話の繋がりが浮き上がってきて...あー怖。
cheese_427ベタって何かの小説に出てきたなーって思ったら芦沢央さんの「罪の余白」だった
IIDAMASAT0なんとなく、芦沢央『火のないところに煙は』(新潮社)をよんでるひとだとクライマックスがより切実なんじゃないかと:-0
zipperspy角田光代の小説が急に読みたくなった。あと北山猛邦『千年図書館』と芦沢央『許されようとは思いません』も。そして何より佐川恭一の新作が紙媒体で出るならすぐにも買いたい。。
momobookmomo芦沢央『許されようとは思いません』5篇の短編集のうち4つはイヤミスでした。身近にありそうな殺人事件がそれぞれ別の手法で描かれていて、いい意味で一貫性がなく楽しめます。あれ?と前に戻って読み返したり、そっちか…と騙されたり。… https://t.co/hM5OrpoG4n
shinchobunko芦沢央さん『許されようとは思いません』2刷が出来上がってきました!カバー裏の掌編は初版のみ掲載の予定でしたが、発売後すぐに重版が決まったため、異なるバージョンが混在するのはなるべく避けたく、2刷も掲載することといたしました。急な変… https://t.co/QbF5yDvy4j
chobinyanz芦沢央「許されようとは思いません」読了。大好きな芦沢さんの新刊。文庫化を待っていたので、発売後即飛び付きました(笑)表題作を含む5編収録の短編集 #読書 #文庫本 #小説 https://t.co/BUY1G83fkt
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
芦沢央さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)