トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 谷恒生

谷恒生

谷恒生さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

谷 恒生(たに こうせい、1945年9月18日 - 2003年7月9日)は、日本の小説家。海洋冒険小説、伝奇小説、架空戦記などで活躍した。本名は谷恒生(たに つねお)。
東京都生まれ、国立市に育つ。中学時代は「三国志」「水滸伝」「三銃士」「大地」「ジャン・クリストフ」などを愛読した。鳥羽商船高等専門学校に入学し、この頃は高橋和巳を愛読した。卒業後、日本海汽船に入社し、続いてジャパン・マリンに移って、外国航路の一等航海士を務めた。航海士時代に北杜夫「どくとるマンボウ航海記」を読んで航海記を書いてみたいと漠然と考えるようになり、「ぼくは船乗りだから、船と海を舞台に劇的な小説を書いてみたい」という思いで作家を志し、1975年に船を降りて短篇「冬の前戦」で『野性時代』新人文学賞佳作、1976年「港」で同候補。『小説現代』新人賞でも次点。1977年4月に職業経験を活かした冒険小説『喜望峰』『マラッカ海峡』の長篇二冊同時刊行デビューを果たす。『喜望峰』は第77回直木賞候補にもなり、同じく海洋小説の『ホーン岬』も第79回直木賞候補にノミネートされた。1981年『フンボルト海流』で角川小説賞を受賞。
その後続けざまに長篇海洋冒険小説を刊行するが、1981年アジアの都会を舞台とする『バンコク楽宮ホテル』で新境地を開拓。1982年からは『魍魎伝説』で伝奇小説にも舞台を拡げる。1983年、日本冒険作家クラブの創設に参加。1987年に剣豪斎藤伝鬼房を題材に時代小説も執筆し、やはり海洋を舞台にした『戦国の嵐』、さらに毛利元就を描く『青雲の鷲』など時代小説、また時代伝奇『寒月一凍 悪霊斬り』も執筆。1991年『警視庁歌舞伎町分室』シリーズなどのアクション小説、1993年『超大本営・戦艦大和』などの架空戦記など、多くの大衆娯楽小説を執筆した。
1971頃に中村敦夫や原田芳雄らと知り合い、俳優座を脱退した彼らと三里塚闘争での街頭演劇にも同行していた。『喜望峰』には中村と原田が推薦文を寄せている。旧友からは作家を目指す執念と容貌からジョージ秋山の漫画『銭ゲバ』から「ゲバ」と呼ばれていた。航海士時代からギャンブルに強く、作家デビュー後は麻雀の文壇名人戦の常連となった。80年代半ばから栃木県那須野が原の黒磯市に住む。ルドルフ・シュタイナーの神智学の信奉者としても知られた。
2003年7月9日、食道癌により57歳で死去。

受賞歴

谷恒生関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

谷恒生関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

nanshutsu漢字書き取りの練習その晩、多田行綱は三木の旅籠に泊まり、《シャクフ》を相手にしたたか酒を飲んだ。<谷恒生:那須与一>⇒ 酌婦
suk_soken@58uI2iCC6dlTHY1 私もバンコク都内の古本屋で谷恒生の「バンコク楽宮ホテル」の初版本をタダみたいな値段で買った思い出があります。誰かに貸したきり戻ってきてないような気がするのですが…
a_ranking_news(3/11) 紀伊國屋書店 電子書籍 小説・文芸ランキング8位:谷恒生【著】『闇斬り稼業 秘事』https://t.co/0Qx4OXWqiE
iota1453五代十国もおもろいジャンルやね。初めて関連書四打の中公文庫の礪波護「馮道 乱世の宰相」かな。そのあと、谷恒生の歴史小説「長安烈日」で、黄巣の乱と、朱全忠のことを知ったのだ。
ItuWan3781@kuon_uroboros 70~80年代に流行した伝奇ロマンの影響もありますね。荒巻義雄や半村良はSFだけでなく伝奇ロマンでも功績がある作家ですし、高木彬光、谷恒生、田中文雄(草薙圭一郎)も伝奇物を手掛けてます。
PartsStoneキヨの与太記事から仮想戦記について話されているのを確認した。霧島那智先生はともかく、志茂田景樹・谷恒生両先生は本職?では定評のある作家だったんですよね。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)