トップページ > 最新小説ニュース > 唯川恵に関連する小説ニュースまとめ

唯川恵に関連する小説ニュースまとめ

キーワード"唯川恵"に関連する小説ニュースの検索結果まとめです。一度の検索結果は200件までとなります。スペース区切りで複合検索も可能です。
更新情報をTwitterでつぶやいていますので、よければフォローくださいませ。
 

唯川恵 ニュース検索結果

2015.3.23  『幸せ嫌い』 平安寿子著 評・唯川恵(作家)

「婚活」の本質、痛快に

2015.1.27  bestseller's interview 第65回 唯川 恵さん

 出版界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』!

2014.12.31  読書委員が選ぶ「2014年の3冊」<下>

評・松山巖(評論家・作家)

2014.10.27  『幻肢』 島田荘司著 評・唯川恵(作家)

痛み、記憶、脳の不思議

2014.8.25  『怪談』 小池真理子著 評・唯川恵(作家)

待ち望んでいた方も多いのではないだろうか。小池さん、久々の恐怖小説である。もちろん、私もそのひとりだ。

2014.8.13  読書委員が選ぶ「夏休みの一冊」<下>

白川静著『同訓異字』 (平凡社、2300円)

2014.7.28  『セブン』 乾くるみ著 評・唯川恵(作家)

右脳も左脳も刺激する

2014.7.21  『戌亥の追風(おいて)』 山本一力著 評・唯川恵(作家)

書店に行くと、平置きはもちろん、棚にもずらりと時代小説がならんでいる。

2014.6.16  『あしあと』 勝目梓著 評・唯川恵(作家)

大人の作家による、大人の小説である。

2014.1.20  【書評】『めぐり糸』 青山七恵著

評・唯川 恵(作家)

2013.6.19  【エンタメ小説月評】愛の怖さと奥深さ

「愛とは何か」。あまりに漠然として普段は考えもしないような問いが、今も頭の中で渦巻くのは、これから紹介する4冊を読んだからに他ならない。ある作品では、愛が生む「狂気」におびえ、別の物語では「狂おしい」ほどの愛の深さに心打たれる。

2013.1.3  竹中直人監督 最新作 映画 『R-18文学賞 vol.1 自縄自縛の私』主演・平田薫 緊縛シーン画像第一弾解禁!!

「女による女のためのR-18文学賞」大賞作×竹中直人監督 新潮社主催の公募新人文学賞「女による女のためのR-18文学賞」の第7回大賞受賞作、蛭田亜紗子著「自縄自縛の私」(新潮文庫刊『自縄自縛の私』所収)。選考委員、唯川恵、山本文緒、角田光代に絶賛され、多くの読者の共感を呼んだこの小説を映画化したのは竹中直人。

2012.8.20  竹中直人監督 最新作、映画 『R-18文学賞 vol.1 自縄自縛の私』キャスト発表!!

竹中直人監督作、『R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私』(配給:よしもとクリエイティブ・エージェンシー)を、来年2月2日(土)より、新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開することが決定、出演者が発表された。

2012.7.27  三島・山本・川端賞贈呈式

□6月29日、東京・虎ノ門のホテルオークラ 「曲がり角の先に一筋の道」 第25回三島由紀夫賞と山本周五郎賞(新潮文芸振興会主催)、第38回川端康成文学賞(川端康成記念会主催)の贈呈式で、キャリアも作風も異なる3人が、充実した表情を見せた。

2012.6.4  没後4年 氷室冴子作品の魅力をひも解く

6月6日は、作家、氷室冴子さんの命日だ。2008年に51歳の若さで亡くなってから、もう4年がたつ。ある年齢以上の方なら、彼女の名前に懐かしさを感じる人も多いのではないだろうか。

2012.5.15  第二十五回 山本周五郎賞

第二十五回 山本周五郎賞

2009.4.2  その人の素顔|角田光代×池上冬樹対談「怒りからうまれるアイディア」

第2回目は、作家の角田光代さん(聞き手は文芸評論家の池上冬樹さん)。デビューするまでの葛藤、影響をうけた作家、同時代の作家たちへの思い、創作における具体的な方法などを話していただきました。

2008.1.10  著者インタビュー 石田衣良さん『Feel love』

『池袋ウエストゲートパーク』(98年、文藝春秋刊)でデビューし、幅広い作品を発表し続けている石田衣良さん。デビュー10年周年を迎える08年は、雑誌『Feel Love』(祥伝社・年3回刊)で、作家の唯川恵さん、女優の佐藤江梨子さんとともに大人の恋愛を描いた「トロワ」を連載。1月11日には教師の目から学校の現場を描いた「5年3組リョウタ組」(角川書店)が発売されます。石田さんに話をうかがいました。

2006.4.20  著者インタビュー - 唯川恵さん『今夜は心だけ抱いて』

--母と娘の心と身体が入れ替わってしまうという大胆な設定の物語ですが、構想されたきかっけを教えてください。

2002.5.31  作家の読書道:第11回 唯川 恵さん

近くにいそうで、ある種型破りな二人の女性の物語--『肩ごしの恋人』で第126回直木賞受賞の唯川恵さんが、「作家の読書道」第11回に登場です。「女性が描く女性の話が好きで……私も"女性"を書いていきたい」と、自然体ながらも力強く「書き手の思い」を語ってくださいました。デビュー17年、女性の心を掴んで離さない、その魅力に迫ってみました。

現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)