トップページ > 最新小説ニュース > 文學界新人賞に関連する小説ニュースまとめ

文學界新人賞に関連する小説ニュースまとめ

キーワード"文學界新人賞"に関連する小説ニュースの検索結果まとめです。一度の検索結果は200件までとなります。スペース区切りで複合検索も可能です。
更新情報をTwitterでつぶやいていますので、よければフォローくださいませ。
 

文學界新人賞 ニュース検索結果

2017.12.10  作家・赤染晶子さん死去 芥川賞「乙女の密告」で「巧みな小説」と絶賛

芥川賞作家の赤染晶子(あかぞめ・あきこ)さんが9月18日に死去していたことがわかった。京都新聞が報じた。42歳だった。死因は急性肺炎で、葬儀・告別式は近親者ですませたという。

2017.4.10  本屋大賞受賞作『羊と鋼の森』は12年前に生まれていた!?【宮下奈都インタビュー前編】

2016年、第13回本屋大賞を受賞した『羊と鋼の森』(文藝春秋)の著者・宮下奈都。

2015.10.26  さざ波のように広がる小さな奇跡の連続! じんわりと心に効く小説『ペンギンのバタフライ』

「ああ、時間を戻せたら…」誰もがそう願ったことがあるのでは? 何かしら嫌なこと、困ったことが起こると、不可能だということは重々承知しているのに、条件反射的にこう思ってしまうのは、私ばかりではないはずだ。

2015.1.1  文學界新人賞 第121回原稿募集

文學界新人賞は、第121回から応募規定を一部改定させて頂きます。

2014.4.18  『問いのない答え』(文藝春秋)&『春のお辞儀』(ふらんす堂)W刊行記念  長嶋有さんミニトーク&サイン会「長嶋有のなんでも質問箱」

人気作家であり、俳人としても活動中で、ブルボン小林名義ですばらしいエッセイも書く長嶋有さんのイベントが、代官山 蔦屋書店でついに開催!小説と句集のW刊行記念です。

2012.4.6  片瀬さん 群像新人文学賞優秀作に

帯広出身で明治大学4年生の片瀬チヲルさん(21)=横浜市在住、本名非公表=の応募作品が、第55回群像新人文学賞(講談社主催)の小説部門で優秀作に選ばれた。受賞作品は「群像」6月号(5月7日発売)に掲載され、メジャーデビューを果たす。片瀬さんは十勝毎日新聞社、NPO十勝文化会議主催の短編小説公募「郷土作家アンソロジー」で4度、最優秀賞を受けており、「大きい賞に挑んでもなかなか評価されず悩むことも多かったが、地元に自分を評価してくれる人がいることが心強く、書き続ける力になった」と話している。

2012.1.7  第115回文學界新人賞原稿募集

本賞は有為の新人のために新しく道をひらき、現代日本文学に新風を吹きこむべく創設されたものです。

2011.11.29  bestseller's interview 第35回 吉田 修一さん

■ 『平成猿蟹合戦図』は「今、自分が見たいもの」を書いた ―本作『平成猿蟹合戦図』はタイトルの通り、現代版のお伽話だといえます。これまでの吉田さんの作品とは趣が異なるかと思いますが、こういった物語を書いてみようと思われた理由はありますか?。

2011.2.1  bestseller's interview 第26回 宮下 奈都さん

出版界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』。 第26回は、この度、新刊『田舎の紳士服店のモデルの妻』を上梓した宮下奈都さん。 ツイッター上で、書店員による応援団ができるなど、今最も注目を浴びる作家である宮下さんの小説に対する思い、今作の執筆エピソードをお聞きしました。

2011.1.20  著者インタビュー - 宮下奈都さん『田舎の紳士服店のモデルの妻』

1967年福井県生まれ。上智大学文学部卒業。2004年、3人目の子供を妊娠中に執筆した『静かな雨』が第98回文學界新人賞佳作入選。2007年に出版した初単行本『スコーレ№4』は、文庫化を機にTwitter上で結成された「本屋さん秘密結社」によって多くの書店から支持を受け話題に。その他の著書に『遠くの声に耳を澄ませて』『よろこびの歌』など。今も福井で3人の小学生を持つ"主婦"をしながら執筆活動を続ける。Twitterアカウントは「@NatsMiya」。多くの読者からのコメントが寄せられ、宮下さんと読者の交流の場となっている。

2009.12.1  きらら熱烈インタビュー 第53回  宮下奈都さん

書店員の方たちに「ぜひこれを読んでください」と胸を張って言えるような作品を書き続けたい。 仕事に恋に真摯に向き合い成長していく女性の姿を描いたデビュー作『スコーレNo.4』で多くの女性読者を魅了した宮下奈都さん。

2005.1.6  楽天ブックス|著者インタビュー - 吉田修一さん『7月24日通り』

--『7月24日通り』をお書きになったきっかけを教えてください。

2002.3.31  作家の読書道:第9回 長嶋 有さん

「猛スピードで母は」で第126回芥川賞を受賞したばかりの、長嶋有さんの登場です。日常を淡々と、独特の文体とユーモアセンスで描く長嶋さんですが、その発想の素になっているのは、なんとマニアックなコミック群だったんですねえ。第9回「作家の読書道」は期せずして、マンガ好きにも見逃せないインタビューとなりました。

2001.11.1  インタビュー 作家「若合春侑」

「おまへさま、まうやめませう、私達。/私は、南品川のゼエムス坂病院にまゐります。苦しいのは、まう澤山だ。」

現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)