トップページ > 最新小説ニュース > 日本ミステリー文学大賞新人賞に関連する小説ニュースまとめ

日本ミステリー文学大賞新人賞に関連する小説ニュースまとめ

キーワード"日本ミステリー文学大賞新人賞"に関連する小説ニュースの検索結果まとめです。一度の検索結果は200件までとなります。スペース区切りで複合検索も可能です。
更新情報をTwitterでつぶやいていますので、よければフォローくださいませ。
 

日本ミステリー文学大賞新人賞 ニュース検索結果

2015.5.7  価値観を揺さぶる景色 作家・葉真中顕さん

日本ミステリー文学大賞新人賞に輝いたデビュー作『ロスト・ケア』では介護問題を、2作目の『絶叫』では保険金殺人や生活保護不正受給などを題材にし、社会派ミステリーの新たな書き手が誕生した、と注目された。ところが、本人は少しばかり戸惑っている。「社会問題を書くことだけが目的ではないですから」

2014.10.24  【今週はこれを読め! ミステリー編】葉真中顕『絶叫』に揺さぶられる!

その昔、平日の昼間に「ドキュメント女ののど自慢」という素人参加の歌謡番組があった。

2013.5.15  (ZOOM)読んだ後 世界変わる小説を

葉真中顕(はまなかあき=37)の長編小説『ロスト・ケア』(光文社)が話題だ。人間の尊厳を問いかける硬派なミステリー。選考委員の綾辻行人が「掛け値なしの傑作」と絶賛、選考会は満場一致で「日本ミステリー文学大賞新人賞」に選んだ。

2013.3.14  日本の文学賞、どの賞をとればどれくらい賞金がもらえるの?

文筆業は元手のあまりかからない商売の代表です。面白いことを思いつく能力、それを日本語で表現できる力があれば、あとはペンと原稿用紙、あるいはパソコンがあればいいわけです。

2013.3.13  法とは何か、罪とは何か。今、この時代だからこそ読まれるべき傑作(ブックレビュー)

児童文学や漫画原作のフィールドで活躍していた「はまなかあき」氏が、名前を漢字表記にして執筆した小説で第16回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞、出版と同時に各所で「これは傑作!」の声があがった。その『ロスト・ケア』(光文社)が単行本発売から間をおかず早々に電子化された。

2013.2.23  【エンタメ小説月評】異形の存在、闇に潜む心

多くの人が死ぬ。グロテスクな描写もある。苦手な範疇(はんちゅう)の物語なはずなのに、目を離せない。いや、正しく言えば、魅入られていた。真藤順丈(しんどうじゅんじょう)『墓頭(ボズ)』(角川書店)が生み出す巨大な渦に、気づけば完全にのみ込まれていたのだ。

2013.1.8  公募ガイド 賞と顔 第16回日本ミステリー文学大賞新人賞

葉真中 顕さん 上を向いて書く

2012.2.15  公募ガイド 賞と顔 第15回日本ミステリー文学大賞新人賞

前川 裕さん 勇気を持って設定変更も! 受賞後、私がよく訊かれるのは、「初めからきちんと構成をたててから、書き始めるのですか?」という質問です。

現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)